会社案内


沿革


  • 1912

    大正元年

    • 横田商会、吉沢商店、合資会社福宝堂、エム・パテー株式会社を統合し、「日本活動写真株式会社(日活)」 を創立

    • 日活創立記念第1回作品は、牧野省三監督、尾上松之助主演 『忠臣蔵』

  • 1913

    大正2年

    • 東京・向島に 「東京撮影所(通称:日活向島撮影所)」 落成

  • 1918

    大正7年

    • 京都・大将軍に 「大将軍撮影所」 落成

  • 1923

    大正12年

    • 関東大震災により 「東京撮影所(通称:日活向島撮影所)」 の現代劇部が 「大将軍撮影所」 に合流

  • 1928

    昭和3年

    • 京都・太秦に 「太秦撮影所」 落成、大将軍撮影所より移転

  • 1930

    昭和5年

    • 初のフィルム式トーキー 『ふるさと』 公開

  • 1932

    昭和7年

    • ウェスタン・トーキー第1作 『戯れに恋はすまじ』 公開

  • 1934

    昭和9年

    • 東京・調布の日本映画株式会社スタジオを買収、「多摩川撮影所」 として現代劇部を移転

  • 1935

    昭和10年

    • 「日本興行株式会社」(映画興行界で最初に設立された株式会社)を吸収合併

  • 1942

    昭和17年

    • 戦時企業統合により 「大日本映画製作株式会社」 が創立され、製作部門を移管(製作再開までは興行会社として存続)

  • 1945

    昭和20年

    • 社名を 「日活株式会社」 に変更

  • 1954

    昭和29年

    • 東京調布に東洋一を誇る 「日活撮影所」 を建設し、自社映画の製作を再開

    • 第一期日活ニューフェイス決定

    • 製作再開第1回作品 『国定忠治』 『かくて夢あり』 公開

  • 1956

    昭和31年

    • 映画 『太陽の季節』 『狂った果実』 などが空前の大ヒット、太陽族映画がブームとなる

    • 映画 『ビルマの竪琴』 第17回ベネチア国際映画祭サン・ジョルジョ賞受賞

  • 1957

    昭和32年

    • 石原裕次郎主演映画 『嵐を呼ぶ男』 大ヒット

  • 1959

    昭和34年

    • 小林旭主演映画 『渡り鳥』 シリーズが大ヒット

  • 1960

    昭和35年

    • 男性アクション路線 「ダイヤモンド・ライン」、新人女優 「パール・ライン」 結成

  • 1962

    昭和37年

    • 青春路線 「グリーン・ライン」 がダイヤモンド・ラインに匹敵する人気を獲得

    • 日活創立50周年

  • 1971

    昭和46年

    • 「日活ロマンポルノ」 第1作封切

  • 1975

    昭和50年

    • 「日活芸術学院」 開校

  • 1978

    昭和53年

    • 社名を 「株式会社にっかつ」 に変更

  • 1988

    昭和63年

    • ロマンポルノ路線に終止符をうち、「ロッポニカ」 のブランド名で一般映画に路線を転換。

  • 1989

    平成元年

    • 日活撮影所内に通信衛星事業用地球局を開設し、通信事業に参入

    • 「ロッポニカ」 製作終了

  • 1990

    平成2年

    • 東京都文京区本郷に本社社屋完成

    • 「チャンネルNECO」 「レインボーチャンネル」 開局

  • 1993

    平成5年

    • 会社更生法適用を申請

  • 1996

    平成8年

    • 「チャンネルNECO」 委託放送業務認定証取得

    • 更生計画認可決定、社名を 「日活株式会社」 に変更

  • 1997

    平成9年

    • 株式会社ナムコから資本受入れし、子会社となる

    • 「レインボーチャンネル」 委託放送業務認定証取得

  • 1999

    平成11年

    • 劇場 「シネ・リーブル博多駅1・2」 オープン

  • 2000

    平成12年

    • 劇場 「シネ・リーブル池袋」 「シネ・リーブル梅田」 オープン

  • 2001

    平成13年

    • 東京地方裁判所において更生手続終結決定

    • 劇場 「シネ・リーブル神戸」 オープン

  • 2002

    平成14年

    • 「CINEMA-R」 委託放送業務認定証取得および開局

  • 2005

    平成17年

    • シネコン1号店「シネリーブル千葉ニュータウン」オープン

    • 株式会社インデックスの子会社となる

  • 2006

    平成18年

    • 制作プロダクション受託作品 『デスノート』 大ヒット

  • 2007

    平成19年

    • 「株式会社メディア・スーツ」 を吸収合併

    • 「株式会社ジャンゴフィルム」 設立

  • 2009

    平成21年

    • 映画 『ヤッターマン』 製作、大ヒット

    • 株式の異動により日本テレビ放送網株式会社が筆頭株主となる

    • 日活シネリーブル系映画館全館の運営に関し、東京テアトル株式会社と業務提携

    • 「株式会社日活スタジオサービス」 設立

  • 2010

    平成22年

    • 「CINEMA-R」 閉局

  • 2012

    平成24年

    • 第35回日本アカデミー賞にて映画 『八日目の蝉』 最優秀作品賞など10冠、『冷たい熱帯魚』 最優秀助演男優賞受賞

    • 日活創立100周年(9月10日)

    • 100周年記念 「手型モニュメント」 (日活OB総勢64名)完成

  • 2013

    平成25年

    • 「日活芸術学院」 閉校

  • 2014

    平成26年

    • 「株式会社カンタナ ジャパン」 設立

  • 2020

    令和2年

    • 「バーチャル・ライン・スタジオ株式会社」 設立

  • 2021

    令和3年

    • 映画興行事業終了

    • 「日活ロマンポルノ」 誕生50周年(11月20日)

  • 2022

    令和4年

    • 日活創立110周年(9月10日)