映画『おいしい家族』離島で深まった家族の絆!【ヒット祈願!特別試写会】で松本穂香さんが代読した母の手紙に、ふくだ監督大号泣!
2019年09月03日(火曜日)

  

9/20(金)公開映画『おいしい家族』の【ヒット祈願!特別上映会】がヒューマントラストシネマ渋谷にて8/31(土)に行われ、主演の松本穂香さんはじめ、板尾創路さん、浜野謙太さん、笠松将さんら家族キャストとふくだももこ監督が夏らしく浴衣姿で登壇し、ここでしか聞けないトークを展開しました!

190831oishiikazoku00.jpg


本作は、第40回すばる文学賞佳作受賞や映像産業振興機構(VIPO)による若手映画作家育成プロジェクト(ndjc)2015選出など、文学と映像両才能を発揮する新鋭作家ふくだももこ氏が、自身の短編映画『父の結婚』を原作に、人も気候も穏やかな島を舞台に新たな家族像を作り上げた長編初監督作品。

主人公・橙花を演じる松本穂香さんはじめ、亡き妻の服を着て暮らす父・青治を多方面で活躍する板尾創路さん、青治のパートナーでお調子者の居候・和生を浜野謙太さんが好演しています。

ヒット祈願!特別試写会に、色とりどりの浴衣姿で登場したキャスト陣。本作で主演を務めた松本穂香さんは「今日皆さんがこの作品を観ていただけたことが本当に嬉しいです」と、感謝の気持ちを込めて挨拶しました。

本作映画化の経緯については「短編映画『父の結婚』に同じ役で出演された板尾創路さんが同作舞台挨拶の際に発した"この映画、良い映画やから長編化にしたいんやけど、映画界のお偉いさん、お金出したってください"という言葉が長編化の後押しとなり、本企画が実現した」とふくだ監督が振り返りました。

板尾さんは「短編も非常に面白かったし、長尺で何を描くのか観てみたかった」と、発言に込めたふくだ監督への当時の期待感を語りました。

19090831oishii.jpg
©2019「おいしい家族」製作委員会


本作でふくだ組に初参加した松本さんは、ふくだ監督の印象について聞かれると「(現場で)監督が一番楽しんでいました。自信満々に"ええやん、ええやん"と先陣を切ってやってくれたので、私たちも安心して楽しくやれました」と監督への信頼感をのぞかせました。

また、本作のロケ地となった伊豆諸島の新島と式根島について「いい意味で周りから遮断されていた場所でした。余計なものがなかったため、私たちも純粋に役に入りこめました」と島での撮影を述懐。加えて、浜野さんとの共演シーンを振り返りながら「笑いをこらえるのに必死でした」と笑顔で撮影中の裏話も披露しました。

松本さんの弟役を演じた笠松将さんは、日経エンタテインメントで「20代男性俳優・映画&連ドラ出演数ランキング」1位を獲得した実力派若手俳優。個性派ぞろいの共演者との撮影については「特に何もしなくても、みんなといるだけで楽しくて」と撮影現場の雰囲気を語りました。また、ふくだ監督については「すごくストレートな人で。どんな立場の人でも、みんなに平等で愛のある人だと思いました」と印象を語りました。

本作は、キャストとスタッフが島に10日間泊まり込みで撮影を行い、そのため共演者との距離が近かったと言います。板尾さんは「生活を共にしていて、合宿しているような感じ」と撮影期間を振り返り、「その空気感が映画にも出ているんじゃないかな」と、現場の良い雰囲気が本編に滲み出ていることに触れました。

撮影以外のところでどのように過ごしていたかという話題になると、浜野さんが島に到着した初日、パートナー役となる板尾さんとデートしたというエピソードを披露。「"ハマケンいこう"と2人デートに誘ってもらって、自転車を借りて海までツーリングして、2人でセルフィー撮って、波打ち際で...すごく嬉しかったです」とはにかみ、監督や他のキャストだけでなく会場からも黄色い声が上がりました。

ここで、本作で長編映画デビューを果たしたふくだ監督に、監督のお母さんから手紙のサプライズが!生後4カ月で里親となった母親からの愛のこもったメッセージを松本さんが代読すると、ふくだ監督も思わず涙。

190831oishiikazoku1.jpg


そんな監督を横で見ていた浜野さんが、自身の浴衣の袖で涙を拭ってあげる一幕も。手紙を読み終えると、松本さんも監督のもとへ駆け寄り、抱擁。ふくだ監督がキャストから非常に愛されていることを垣間見ることの出来るシーンでした。

「生まれた時からずっと、いろんな人に優しくしてもらって。だから『おいしい家族』という映画を撮って。いろんなひとに(気持ちを)返していかなきゃ」と声を震わせながら、周囲の人間に対する想いと、本作に込めた想いを吐露したふくだ監督。さらに「観てくれた人に少しでも想いが伝わっていると嬉しい」と語ると、それに応えるかのように会場からは大きな拍手がおこりました。

最後に"劇中のお母さん"ということで板尾さんからも監督へメッセージが送られました。「短編から長編にかけて同じ役をやらせていだくことなんて、なかなかないので縁を感じているし、ふくだももこのパワーみたいなものも感じています」とし、また「10億くらい行くんじゃないですかね、言うのはタダですからね。次回作もね(笑)」と長編化が決まった経緯になぞって、新たな目標を口にして締めくくり、大盛況のうちにイベントは幕を閉じました。

190831oishiikazoku2.jpg


新しい"家族"の在り方をほがらかに描いた『おいしい家族』に、ご期待ください!


映画『おいしい家族』 2019/9/20(金)全国公開!


作品概要
主人公・橙花は、東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」と、お調子者の居候・和生を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は、父をはじめ様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れるとともに、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

oishiikazoku_P.jpg
©2019「おいしい家族」製作委員会


映画『おいしい家族』関連ニュース

トークイベント付き特別試写会の模様
予告解禁
特報&ポスター解禁
全州国際映画祭正式招待決定
第二弾キャスト解禁&公開日決定
公開決定


★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg

『おいしい家族』

★2019年9月20日(金)全国公開★

実家に帰ると、父が母になっていました。

監督・脚本:ふくだももこ

出演:松本穂香 板尾創路 浜野謙太 笠松将 モトーラ世理奈 三河悠冴 栁俊太郎

©2019「おいしい家族」製作委員会



190405oishiikazoku_1.jpg



★現在公開中の日活ラインナップもご期待下さい★