「若い人に土屋(監督)の勢いを観て欲しい!」喜劇王・萩本欽一さんに密着したドキュメンタリー映画『We Love Television?』が遂に公開!
2017年11月04日(土曜日)

  

日本を代表する喜劇王・萩本欽一さんの笑いに対する探究心を2011年から約4年間追った、最初で最後の密着ドキュメンタリー映画『We Love Television?』が11/3(金・祝)公開初日を迎え、知らないうちに主演になったという萩本さん、劇中で号泣した河本準一(次長課長)さん、そして仕掛け人である土屋敏男監督が東京のヒューマントラストシネマ渋谷で舞台挨拶を行いました。

171103_WLT00.JPG


お客様から拍手で迎えられた萩本さんは、本作が映画として公開されることを後々知ったと明かしながら「自分が映画に出ているという意識もなかったから"なんで舞台挨拶をしなければいけないの?"と、マネージャーに聞いたぐらい不思議だよ。この作品は観るのが怖くて観ていないので、中身については広げないようにしてくださいね」と、欽ちゃん節で爆笑をとりました。

河本さんが「僕も最初は欽ちゃんと一緒の舞台に出るという話だったのですが、途中から映画になると聞いたんです。そういう意味では、僕もいつの間にか映画に出ていたようなもの」と、「進め!電波少年」などで知られるバラエティの鬼才・土屋監督の大胆演出にハマった流れを明かすと、萩本さんは「何よりも今日は、河本が来てくれたことが嬉しい。だって彼は出演していないんですよ?それなのに来てくれるなんて、河本はいいヤツです」と発言。自身の出演作を一切観ないことで有名な萩本さんのコメントに、河本さんは「いやいや、僕は出ていますよ!しかも結構長時間出ています!早く本編を観て!!」と、"主演"に本編鑑賞を懇願していました。

欽ちゃん節に緊張の色を見せていた河本さんはさらに、劇中で号泣したことを土屋監督からいじられ「欽ちゃんとの舞台の内容が直前でガラッと変わったり、出るはずの人が出なかったり、役も変わったり、その全部がプレッシャーになってたんです。それがあったから収録後に"頑張ったな"って肩ポンされたら誰でも号泣しちゃいますよ!」と力説するも、萩本さんは「あんまり覚えてないな」と発言し、河本さんとお客様一同をズッコケさせました。

土屋監督がアポなしで萩本さんの自宅を訪れ「30%超えの番組を作りませんか?」と言ったことから本企画がスタートした舞台裏が明かされると、萩本さんは「嬉しいよね。だって"30%超えのテレビを作ろう!"だよ?そんなこと言われたら嬉しいもん。家に招き入れるよね。そこでカメラに向かって色々と喋ったんだけれど、それは自分の遺言だと思ってたのね。僕が亡くなったときに、何を考えていたのか伝えるために喋ったつもり」と突撃当時の心境を吐露。

土屋監督が「それを死ぬ前に見られるのが嫌だから、映画を観ていないんですね?」と水を向けられると、「だってその映像が表に出るとは思っていなかったもん。だからこの映画は凄く嫌だねぇ」と照れながらも土屋監督との絆を見せました。

最後に萩本さんは「観てないから映画の内容はわからないけど、無謀なことをする土屋って大好きなんだよね。若い人には、その土屋の勢いは観てほしいね」とアピールし、初日舞台挨拶は終了しました。


映画『We Love Television?』全国絶賛公開中!


人はいつからだってスタートできる―挑戦する勇気をくれるドキュメンタリー『We Love Television?』を、ぜひ劇場でご覧ください。

作品概要
ある日突然、土屋敏男がカメラを抱えて萩本欽一の自宅に訪れる。「視聴率30%超えの番組を作りましょう。」その一言から、萩本欽一と土屋敏男の番組作りが始まる。番組に出演する演者との顔合わせ、番組構成に関わる人達との打ち合わせなどを精力的にこなす萩本欽一は、76歳。新しいものへの探求心、笑いへの追求心...周囲の人達の熱量を最大限に引き出していく萩本欽一独自の手法とは?これまで誰も見たことのない萩本欽一の真の姿を追った、最初で最後のドキュメンタリー映画。

WLT_poster_0718.jpg
©2017日本テレビ放送網


『We Love Television?』その他のイベントレポート

京都国際映画祭舞台挨拶
したコメ舞台挨拶


★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg

『We Love Television?』

★2017/11/3(金・祝)公開★

誰も知らない、萩本欽一。 テレビが迷いの中にいる時代、狂気という名の熱が奇跡を起こす。

企画・構成・監督:土屋敏男

出演:萩本欽一/田中美佐子 河本準一

©2017日本テレビ放送網



WLT_main.jpg



★現在公開中の日活ラインナップもご期待下さい★