映画『私をくいとめて』でお笑い芸人の岡野陽一と吉住が"味わい深い演技"で存在感を発揮!新カット&コメント到着! ニュースアーカイヴ

[映画]
映画『私をくいとめて』でお笑い芸人の岡野陽一と吉住が"味わい深い演技"で存在感を発揮!新カット&コメント到着!
2020年12月18日(金曜日)

第33回東京国際映画祭で<観客賞>を受賞し、ついに本日12/18(金)より全国公開した映画『私をくいとめて』に出演しているお笑い芸人・岡野陽一さんと吉住さんの<新カット&コメント>が到着しました!

WK_okano_yoshizumi.jpg
©2020「私をくいとめて」製作委員会


ロングランを記録した『勝手にふるえてろ』原作=綿矢りさ×監督・脚本=大九明子のゴールデンコンビで贈る本作は、脳内に相談役「A」を持ち、悠々自適におひとりさまライフを満喫していたみつ子が、年下営業マン・多田くんと出会い、久しぶりに訪れた恋に戸惑いながらも一歩踏み出していくさまが描かれます。

主人公みつ子は、劇場アニメ『この世界の片隅に』(16)で主人公・すずの声を担当し、活動の幅を広げる女優・創作あーちすと のんさん。みつ子がひそかに想いを寄せる腹ペコ年下男子・多田くん役は、現在放送中の「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・CX)ほか、映画でも多数公開待機作を控える林遣都さん。さらに、のんさんとは朝ドラ以来の待望の共演となる橋本愛さんはじめ、臼田あさ美さん、片桐はいりさんといった実力派役者陣も集結しています。

WK_main_pub_B.JPG
©2020「私をくいとめて」製作委員会


そんな本作で岡野さんが演じるのは、みつ子と多田くんの恋の行方を温かく見守る、コロッケ屋の店主。たまに会社で顔を合わせる程度の間柄だったみつ子と多田くんが、急接近するきっかけとなるシーンで登場します。

SNSでは「コロッケ屋のオヤジがいい味出してました」などの声も挙がり、注目を集めている岡野さん。昨年、「AbemaTV」と「ビデオパス」で配信された「時効警察はじめました」特別ドラマ『時効警察とくべつへん 刑事課・ 彩雲真空』以来の大九組への参加を振り返り、次回作への参加意欲も見せつつ次のようにコメントしています。

岡野陽一さんコメント

この度は僕みたいな肉塊を「私をくいとめて」に出して頂き、大九監督には感謝しかございません。映画の撮影現場と聞くとピリピリしてるイメージがありますが、大九監督の現場は、監督の人柄かピリピリとは無縁で凄く楽しかったです。

僕はひねくれてる故に、イケメンや可愛い人は全員性格が悪いと思っていたのですが、のんさん、林遣都さんが凄く気さくでいい人で僕みたいな者にも人間として話してくれて、今すぐにでも「私をくいとめて2」がやりたいです。本当にありがとうございました!

201218WK_okano.jpg
©2020「私をくいとめて」製作委員会


一方、「女芸人No.1決定戦 THE W 2020」で優勝を果たし、いま最も注目を集める吉住さんは、みつ子が旅先の温泉旅館でネタを披露する女芸人を熱演。劇中では本人役として登場し、独特の世界観が笑いを誘う"一人コント"を披露します。

吉住さんが出演するシーンは、みつ子の心が揺らぐ重要な場面ということもあり、クランクイン前に大九監督から本人へ「(吉住自身が)どういう気持ちになるか、失礼にあたらないか」など確認し、直接対話を重ねながら作り上げたといいます。

吉住さんは大九監督への感謝と、のんさんとの共演で肌で感じた"役者の凄み"について、次のようにコメントしています。

吉住さんコメント

大九監督も以前人力舎の養成所に通われていたということで私たち芸人がやりやすい空気を現場で作ってくださり、はじめての映画出演とは思えないほど新宿fu-(人力舎ライブを行う会場)と同じ感じでいつも通りコントをすることができました。

のんさんが事前に私のネタを見て知ってくださっていたと監督に伺い感激しました。私が出演するのがのんさんが特に大切にされているシーンのひとつということで本番まで集中されていましたが、撮影後はお写真を撮っていただいたり、とても自然体な方で、だからこそみつ子なんだなと思いました。

201218WK_yoshizumi.jpg
©2020「私をくいとめて」製作委員会


大九監督ならではの"シュールな笑い"が随所に散りばめられた本作。映画ファンはもちろん、お笑いファンも観れば観るほどクセになる"味わい深い"存在感を放つおふたりの活躍にも、ぜひご注目ください!


映画『私をくいとめて』大ヒット公開中!


WK_P.jpg
©2020「私をくいとめて」製作委員会

----------------------------------------
映画『私をくいとめて
監督・脚本:大九明子
原作:綿矢りさ「私をくいとめて」(朝日新聞出版)
出演:のん 林遣都 臼田あさ美 若林拓也 片桐はいり/橋本愛
製作幹事・配給:日活
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
企画協力:猿と蛇
©2020「私をくいとめて」製作委員会
公式twiter:@kuitometemovie


『私をくいとめて』関連ニュース

年末イベント続々決定
コラボ動画公開
トリプルコラボメニュー発売決定
公開直前上映会の模様
お悩み相談付き上映会の模様
TIFF<観客賞>受賞
完成披露試写舞台挨拶の模様
「Aのお悩み相談室」登場
橋本愛の出演が決定
TIFFに出品決定
公開日決定
実写映画化決定


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg