レディ・ジョーカー
トップ 新着情報 ストーリー キャスト スタッフ イベントレポート リンク BBS
スタッフ
キャスト スタッフインタビュー
スタッフ
現代社会にうごめく人間と情念を描きつくす気鋭のスタッフ陣容
<監督>平山秀幸 1950年福岡県出身
日大芸術学部卒業後、様々な映画の助監督を務め、1990年『マリアの胃袋』で監督デビュー。1992年『ザ・中学教師』で日本映画監督協会新人賞を受賞。1995年から始まった『学校の怪談』シリーズは良質のエンタテイメントとして広く支持された。
1998年に発表した『愛を乞うひと』はモントリオール世界映画祭国際批評家連盟賞他国内外で高い評価を得た。近作に2001年『ターン』、2002年『笑う蛙』『OUT』、2003年『魔界転生』など。
<脚本>鄭義信 1957年兵庫県出身
1990年『ザ・寺山』にて岸田戯曲賞を受賞。劇団の戯曲や演出を手掛けるとともに、多くの映画脚本も執筆。崔洋一監督との共同脚本『月はどっちに出ている』では、日本アカデミー賞などあらゆる映画賞を総なめにした。主な脚本担当作品として1996年『岸和田少年愚連隊 Boys BE AMBITIOUS』、1999年『豚の報い』、2002年『刑務所の中』。平山監督とは、高い評価を得た1998年『愛を乞うひと』2002年『OUT』などに続く今作。
今後、『血と骨』『お父さんのバックドロップ』の公開が控えている。
<原作>高村薫 1953年大阪府出身
国際基督教大学を卒業後、大阪で貿易商社勤務。 1990年に『黄金を抱いて翔べ』で第3回日本推理サスペンス大賞を受賞してデビュー。1993年に『リヴィエラを撃て』で日本推理作家協会賞、同年『マークスの山』で第109回直木賞を受賞。その他の作品に1991年『神の火』、1992年『わが手に拳銃を』、1993年『地を這う虫』、1994年『照柿』、1999年『李欧』2000年『半眼訥訥』がある。近作は2002年刊行の『晴子情歌』。現在『新リア王』を日本経済新聞に連載中。

■受賞歴
◎「黄金を抱いて翔べ」
第3回日本推理サスペンス大賞(1990年)
◎「リヴィエラを撃て」
第11回日本冒険小説協会大賞(1993年)
第46回日本推理作家協会賞(1993年)
◎「マークスの山」
第109回直木賞(1993年)
第12回日本冒険小説協会大賞(1994年)
◎「レディ・ジョーカー」
第52回毎日出版文化賞(1997)
第10回咲くやこの花賞(1993年)
<製作>「レディ・ジョーカー」製作委員会 日活
東映
毎日新聞社
テレビ朝日
葵プロモーション
スポーツニッポン
日本出版販売

企画・製作/日活
特別協力/石原プロモーション
配給/東映

ボタン:このページのトップに戻る