1912 大正元年 横田商会、吉沢商店、合資会社福宝堂、エム・パテー株式会社を統合し、映画の製作・配給・興行を目的に「日本活動写真株式会社(日活)」を創立
1913 大正 2年 「東京撮影所(通称:日活向島撮影所)」 落成
尾上松之助主演の映画がブームとなり、日活新派の牙城として全盛をきわめる
1918 大正 7年 「京都大将軍撮影所」 落成
1923 大正12年 関東大震災により「東京撮影所(日活向島撮影所)」 を閉鎖、製作陣は「京都大将軍撮影所」に合流
1928 昭和 3年 「関西撮影所」 落成、「京都大将軍撮影所」 より移転
1931 昭和 6年 東京都中央区京橋に本社を移転
1932 昭和 7年 「関西撮影所」 を 「日活太秦撮影所」 と改称
1934 昭和 9年 東京調布に 「日活多摩川撮影所」 を建設、「日活太秦撮影所」 の現代劇部が移転
1935 昭和10年 日本興行株式会社(映画興行界で最初に設立された株式会社)を吸収合併
1942 昭和17年 戦時企業統合により 「大日本映画製作株式会社」 が創立され、映画製作部門が吸収される
1945 昭和20年 大日本映画製作株式会社の劇場29館を継承して90館となる
社名を 「日活株式会社」 に変更
1952 昭和27年 本社を東京都千代田区有楽町へ移転
1954 昭和29年 東京調布に、東洋一を誇る 「日活撮影所」 完成、自社映画の製作を再開
1955 昭和30年 映画『警察日記』『ビルマの竪琴』など映画賞に輝く佳作を次々に発表
1956 昭和31年 映画『太陽の季節』『狂った果実』などが空前の大ヒットとなり、太陽族映画がブームとなる
1957 昭和32年 石原裕次郎主演映画 『嵐を呼ぶ男』 が大ヒット
1959 昭和34年 映画『南国土佐を後にして』の大ヒットにより渡り鳥シリーズがはじまる
1971 昭和46年 「日活ロマンポルノ」第1作封切
1975 昭和50年 「日活芸術学院」開校
1978 昭和53年 社名を「株式会社にっかつ」に変更
独立採算制による 「日活撮影所」 他を分社化
1979 昭和54年 本社を東京都港区赤坂へ移転
1988 昭和63年 ロマンポルノ路線に終止符をうち、「ロッポニカ」 のブランド名で一般映画に路線を転換。
1989 平成元年 日活撮影所内に通信衛星事業用地球局を開設し、通信事業に参入
「ロッポニカ」 製作終了
1990 平成 2年 東京都文京区本郷に本社を新築移転
「チャンネルNECO」、「レインボーチャンネル」 開局
1993 平成 5年 株式会社にっかつおよび子会社6社が、会社更生法適用を申請
1996 平成 8年 「チャンネルNECO」 委託放送業務認定証取得
更生計画認可決定、社名を「日活株式会社」に変更
1997 平成 9年 株式会社ナムコから資本受入れし、子会社となる
「レインボーチャンネル」 委託放送業務認定証取得
映画 『愛する』 公開
1998 平成10年 撮影所にデジタルスタジオ完成
1999 平成11年 劇場「シネ・リーブル博多駅1・2」オープン
2000 平成12年 劇場「シネ・リーブル池袋」「シネ・リーブル梅田」オープン
映画『どら平太』公開
2001 平成13年 東京地方裁判所において更生手続終結決定
劇場「シネ・リーブル神戸」オープン
2002 平成14年 映画 『海は見ていた』 『AIKI』 製作・公開
「CINEMA-R」 委託放送業務認定証取得および開局
2003 平成15年 映画『沙羅双樹』『精霊流し』製作・公開
2004 平成16年 映画『レディ・ジョーカー』製作・公開
2005 平成17年 シネコン1号店「シネリーブル千葉ニュータウン」オープン
株式会社インデックスの子会社となる
2006 平成18年 映画『デスノート』の制作プロダクション受託
日活シンボルマークを変更
2007 平成19年 株式会社メディア・スーツを吸収合併
株式会社ジャンゴフィルム設立
2009 平成21年 映画 『ヤッターマン』 製作・公開・大ヒット
株式の異動によりインデックスグループ傘下からはずれ、日本テレビ放送網株式会社が筆頭株主となる
日活シネリーブル系映画館全館の運営に関し、東京テアトル株式会社と業務提携
映像パッケージ商品の販売に関し、株式会社ハピネットと業務提携
株式会社日活スタジオサービス設立
2010 平成22年 学校法人城西大学と人材育成で協力
2011 平成23年 創立100周年事業期間スタート
100周年ロゴ決定、100周年サイトオープン
海外での日活100周年特集上映 ~世界巡回上映~ スタート
100周年企画として1957年製作映画 『幕末太陽傳』 をデジタル修復
2012 平成24年 映画『八日目の蝉』 第35回日本アカデミー賞≪最優秀作品賞≫受賞など10冠
映画『冷たい熱帯魚』 第35回日本アカデミー賞≪最優秀助演男優賞≫受賞
日活創立100周年(9月10日)を迎える
100周年記念 「手型モニュメント」 完成
2013 平成25年 「日活芸術学院」閉校
2014 平成26年 「城西/日活ポストプロダクションセンター」開業
制作プロダクション会社「株式会社カンタナ ジャパン」設立
2015 平成27年 「チャンネルNECO」「レインボーチャンネル」開局25周年
チャンネル名を「映画・チャンネルNECO」へ変更し、ロゴも変更