2008.2.12 UP

劇場情報を更新しました。


2007.12.29 UP

勇者たちの戦場、新聞・テレビの掲載情報。
お見逃しなく!


新聞
読売新聞 1/4
東京新聞 1/4
テレビ
ムービーポルテ BS11 23:00〜 12/30
めざましテレビ まるゼ
1/4
めざまし土曜日
1/5
SHOWBIZ COUNTDOWN
1/6
ムービープラス シネマタクシー
1/9

2007.12.26 UP

試写会を開催しました。


12月25日(火) 科学技術館 サイエンスホールにて、『勇者たちの戦場』の試写会が行われました。 ゲストには、旭川駐屯地に陸上自衛官として4年間勤務後、タレントになった福島 和可菜さんをお迎えしました。
当日は非常に寒く、また、クリスマスでもありましたが、400席の会場は満員御礼でした。



さて、ゲストの福島さんですが、自衛隊に所属していたということで、どんな方なのか、わくわくドキドキでしたが、登場した彼女は、細くてスタイル抜群のかわいらしい方で、とても自衛隊に所属していたとは思えませんでした。
陸上競技が得意で、大学で陸上を続けたかったにもかかわらず、さまざまな事情で進学の夢が叶わず、その時の恩師に自衛隊を薦められ、「精神的にも、肉体的にも、自分を向上させる事が出来る最適な場所なのではないか」と思い、入隊されたそうです。

入隊後は、射撃が得意だった事から、第二特科連体射撃指揮班に所属して、後方からの砲撃をするための風向きや、温度の計算などをされてたそうです。他にも、1ヶ月間、山の中で過ごす訓練があり、トイレも無く、草むらで用をたしたり、お風呂に1週間入れなかったり、虫に150箇所位刺されたりと、お年頃の女性には非常に厳しい体験もされたそうです。とてもほっそりしていらっしゃいましたが、退職後7sも体重が減ったそうで、自衛官だったころは、もっとゴツかったそうです。(笑)



そして、実際に、彼女が所属していた隊の先輩女性自衛官が、イラクに派遣されたそうで、そんな戦地を非常に身近に感じる隊にいた福島さんですが、『勇者たちの戦場』に出てくる女性自衛官役のジェシカ・ビールと年齢が同じ25歳。先輩女優のジェシカの演技を賞賛しつつ、「自分が実際に戦地に派遣されたら、どうだったろう。」と、ちょっと複雑な心境も語ってくれました。

アクション映画は良くご覧になるそうで、共演したい俳優は大ファンのジャッキー・チェンなんだそうです。そんなジャッキーのスタントチームに所属していたアンディ・チェン監督のもう一つのアメリカ残酷物語『エンド・ゲーム 大統領最期の日』も「ストーリー展開が早くて、次はどうなるんだろうと、観ていてドキドキしました。カンフーを交えたアクションが迫力で、私も是非あんな映画に出演してみたいです。」と、感想を語ってくれました。

戦争映画も良くご覧になるそうで、「『勇者たちの戦場』は冒頭の戦闘シーンが非常にリアルで迫力がありましたが、そんな戦争を体験した兵士達が、戦地から戻ってどのように普通の生活を送るのか、という人間ドラマ的な部分も非常にリアルで考えさせられる映画です。自分も、もしかしたらそういう体験をしたかもしれないと思うと、いろんな意味で考えさせられます。皆さんもこの映画をご覧になって、色々考えていただきたいと思います。」と、身近にいらしたゆえのリアルな感想をいただきました。

試写会に来ていただいたお客様、どのような感想を持たれましたか?イラク復興支援は、日本も関係しています。また、この支援で、アメリカの兵士は約3000人も戦死しているそうです。

福島 和可菜さん、試写会に来ていただいたお客様、ありがとうございました。



2007.12.20

公開劇場を更新しました!

2007.12.3 UP

『勇者たちの戦場』の主題歌にシェリル・クロウ!
『ヒッツ&レアティーズ』
(HITS AND RARITIES)発売中!


1994年のデビュー以来、9度のグラミーを受賞し既にミュージシャンとしては確固たる地位を手に入れたシェリル・クロウ。全てにおいてハイ・クオリティのサウンドを産み出す彼女のベスト・オブ・ベストCD遂に完成!!このCDに『勇者たちの戦場』の主題歌「トライ・ノット・トゥ・リメンバー」が収録されています。映画の最後に流れてくる雰囲気たっぷりの曲。必聴です。


2007.12.3 UP

特典付き前売り券絶賛発売中!


銀座シネパトス、天六ユウラク座の劇場窓口でお求めの方に
<衝撃から身を守れ!> 特製IDキーホルダーを先着でプレゼント。 数量限定ですのでお早めに!
前売り券は終了いたしました。


2007.12.3 UP

公式サイトがオープンしました!

閉じる