映画『子供はわかってあげない』公開記念舞台挨拶は"わかってあげない"トークで大盛り上がり!主演・上白石萌歌「大切な人と楽しんで」と。
2021年08月21日(土曜日)

  

映画『子供はわかってあげない』の全国公開を記念して8/21(土)テアトル新宿で行われた舞台挨拶に、主演・上白石萌歌さんはじめ、細田佳央太さん、千葉雄大さん、沖田修一監督が登壇。ここでしか聞けない撮影時の思い出や、長い道のりを経てようやく全国公開を迎えた喜び、本作の見どころなどを語っていただきました!

210821agenai00.jpg


本作は、数々の漫画賞で話題を呼んだ田島列島氏の大傑作コミックを映画化した沖田修一監督の最新作で、描かれるのは、水泳 × 書道 × ガールミーツボーイ × アニヲタ × 家族 × 迷!?探偵 × 本当の父探し × 元教祖 = まさかの超 "青春映画" ♡

主人公・美波に数々の話題作に出演する上白石萌歌さん、相手役のもじくんこと門司役に今大注目の若手俳優・細田佳央太さん。さらに、豊川悦司さん、千葉雄大さん、斉藤由貴さん、古舘寛治さんと実力派の名優陣演じる大人たちが、物語をカラフルに広げます。

田島列島氏の長編デビュー作である同名原作は、軽やかで味わい深く、おとなの気づきが多いと幅広い層から熱く支持。新作が待ち望まれる沖田修一監督にとって、本作は初となる漫画原作の映画化です。ユーモアあふれる温かい人間ドラマを描いてきた沖田監督が、10代の不器用に揺れる心をまっすぐ描き出し、美波の感情が高まるクライマックスは沖田監督にとって新境地となるシーンに。

夏を失ってしまった2020年。今だからこそ届けたい、ニッポンの夏休み!


昨年2020年に公開の予定だったものの、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、約1年の延期を経て公開にこぎつけた本作。

上白石さんは「私にとって大切な作品を、こうして公開することができて嬉しいです。本当にありがとうございます」と映画を鑑賞したばかりのお客様に向かって深々と一礼。「昨日は興奮して、原作の漫画と映画の台本をウルウルしながら読み返してしまいました。本当にこの映画の公開を心待ちにしてたんだなという気持ちと、この映画が私にとってこんなにも大切で、心の大きいところを占めてたんだなというのを感じました」と熱い思いを語りました。

210821agenai1kamishiraishi.jpg


すでにSNS上でも数々の称賛コメントが見られる本作ですが、中でも観客の心を鷲づかみにしそうなのが、終盤の屋上での美波(上白石)ともじくん(細田)の告白シーン。実は、この舞台挨拶の登壇直前に、上白石さんらは劇場の後ろから、こっそりとこのシーンを含む終盤をお客様と一緒に鑑賞していたとのこと。

上白石さんは、改めてクランクアップの日に行われたこのシーンの撮影を振り返り「初めて原作を読んだ時から震えるほど素晴らしいシーンで、自分が演じることが決まって台本でそのシーンを読んだ時は、胸がいっぱいになって、台本をスッと閉じて深呼吸をしてしまうくらいでした。恥ずかしくて大笑いした後に、泣いてしまうというお芝居を自分ができると思っていなくて、『無理なんじゃないか?』と思って現場に行ったけど、もじくんを見ていると泣けてくるような高揚感がありました」と語ります。

細田さんは、上白石さん、千葉さん、沖田監督と一緒にこのシーンを劇場で久々に見て「少しの恥ずかしさもありつつ、『温かいな』と一番に感じました。このシーンを見るだけで、撮影風景がよみがえってくるくらい、核になっているシーンだなと感じました」としみじみ。

210821agenai2hosoda.jpg


細田さんは、2年前の撮影時はリアル高校生でしたが、改めて本作における経験の大きさについて尋ねると「今よりも、まだまだ技術的にも精神的にも足りていない時にこの作品に出会って、沖田監督をはじめ、素敵なキャストのみなさんに出会い、特に美波ちゃんを演じた上白石さんの精神的な強さに一番影響を受けて感化されました。海に入ったり日に当たったり、毎日撮影があって疲れているはずだけど、そういう顔を見せずに現場でいつもキラキラしていて、自分もこうならなきゃと勉強になったし、自分の足りないところが見つかりました。精神的な面でこれからも自分の土台になるだろう作品になりました」と語りました。

そんな細田さんの言葉に、上白石さんは照れた表情で「私はずっともじくんを演じる佳央太くんに支えられていました。あの美波を引き出してくれたのは、もじくんの懐の深さだと思っています」と感謝を口にしました。

千葉さんは『モヒカン故郷に帰る』に続いての沖田監督との仕事となりましたが、実は同作のプロモーション活動で沖田監督との忘れられない思い出があり、それが本作への出演にも繋がっているそう。

「『モヒカン故郷に帰る』の宣伝キャンペーンが終わって、みんなでホテルの部屋で飲んだとき、みんな結構酔っぱらってたんですが、沖田さんが僕に『俺についてこい! 任せておけ』みたいなことを言ったんです(笑)。そうしたら、またこうして呼んでくださって、有言実行の男だなと思いました(笑)」と楽しそうに明かしました。

210821agenai3chiba.jpg


沖田監督はこの時のことを「酔っぱらって全く覚えていない(笑)」とのことで「次の日、周りの人たちにすごい目で見られました。『昨日、千葉くんにすごいこと言ってたよ』って...」と苦笑交じりに語りました。

そんな沖田監督にとって、本作は初の漫画原作の実写化。沖田監督は「田島先生の原作がそもそも面白くて、上下巻でちょうどいい長さなので、このままやったら単に"映像化"になってしまう。原作のユーモアや懐の深い優しいところを何とか映画に持ち込めないか? "映像化"ではなく"映画化"したい、田島先生の世界観を映画に持っていきたいなと思いを込めて作りました」と語りました。

210821agenai4okita.jpg


また、作品タイトルにちなんで「わかってはいるけど、わかってあげないこと、やめられないことは?」というお題に、上白石さんは「最近、すごくガチャガチャにハマってまして、地面にカバンを置いて、しゃがんで回し続けて、気づいたらすごいお金を使っています(苦笑)。『絶対にこれほしいから、あと5回!』という感じで大変なことに...」と告白!

千葉さんは「いま32歳ですが、年齢を重ねていくとぬいぐるみと距離ができてくるじゃないですか? いまの家に引っ越した時、ちょっと大人の部屋を目指して、そういうものとサヨナラをしたんですが、寂しくて...気づいたら今、ベッドがぬいぐるみだらけです。こういうことを言うと『千葉くん、かわい子ぶって』とか『あざとカワイイ』とか言われそうですけど、それだけは『わかってあげない!』と言いたいくらい(ぬいぐるみがあると)落ち着くんです」と熱く語りました。

さらに舞台挨拶には、原作者・田島列島先生からサプライズで、イラスト付きの手紙が到着!

「全国公開、おめでとうございます。撮影のとき、沖田かんとくが笑いながら撮っていたのがおもしろかったなーとなつかしく思い出します。演者のみなさんにお会いする時、いつも挙動不審ですみません。やさしく対応してくださり、ありがとうございます。一生の思い出です。」という内容に、キャスト一同も沖田監督も感激!

細田さんは「いまは全部メールで、手紙なんてなかなかもらわないので余計に嬉しいです」と笑顔を見せ、上白石さんも「この作品の生みの親である田島先生にこんな素敵なことを言っていただけて、素敵な絵まで...」と喜びをかみしめていました。

210821agenai5tajima.jpg
©︎田島列島/講談社


舞台挨拶の最後は、上白石さんが「みなさんにとっても、この映画が大切な作品になってくれれば嬉しいです。ほんのりと活気を与える作品になっていると思うので、大切な人と観てほしいです。『教え合う』というのもこの映画の大切なテーマなので、みなさんもこの映画のことを教え合って、いい循環が生まれたらいいなと思っています」と呼びかけました。

そして沖田監督は「夏休みみたいに、長いような、短いような...そんな映画だと思います。いろいろと思うようにいかない夏ですが、少しでもこの映画で夏気分を味わっていただけたらと思います。誰かの夏におススメしてください」と語り、温かい拍手のなか、舞台挨拶は幕を閉じました。


映画『子供はわかってあげない』全国絶賛公開中!


劇場で、夏をご体感ください!


ストーリー
高校2年、水泳部女子の美波(みなみ)はある日、書道部男子のもじくんとの運命の出会いをきっかけに、幼い頃に別れた父親の居所を探しあてる。何やら怪しげな父にとまどいながらも、海辺の町で夏休みをいっしょに過ごすが...。心地よい海風。鳴る風鈴。超能力!?そして、初めての恋に発狂しそう!お気楽だけど、けっこう怒濤の展開。誰にとっても、宝箱のような夏休み、はじまりはじまり~。


210401agenai_P.jpg
©2020「子供はわかってあげない」製作委員会 ©田島列島/講談社


映画『子供はわかってあげない』関連ニュース

本編映像一部解禁
先行公開舞台挨拶
推しコメント&15秒映像
上白石萌歌撮影<メイキング写真>公開
完成披露舞台挨拶
特別映像解禁
主演・上白石萌歌<場面写真>解禁
千葉雄大<場面写真>解禁
細田佳央太<場面写真>解禁
初日決定&SP動画解禁
公開延期のお知らせ
予告篇&新ビジュアル解禁
コラボイラスト解禁
ティザービジュアル&特報解禁
映画化決定


★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg

『子供はわかってあげない』

★2021年8月20日(金)公開★

数々の賞を受賞した傑作コミックを、沖田修一監督が映画化!

監督:沖田修一

原作:田島列島『子供はわかってあげない』(講談社モーニングKC刊)

脚本:ふじきみつ彦 沖田修一

出演:上白石萌歌 細田佳央太
千葉雄大 古舘寛治 / 斉藤由貴 / 豊川悦司

©2020「子供はわかってあげない」製作委員会 ©田島列島/講談社



200409agenai_sub1.jpg



★現在公開中の日活ラインナップもご期待下さい★