『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』で映画初監督を務めた坂田栄治監督が人生初舞台挨拶!本作に込めた熱い想いをマシンガントークで語る!
2020年10月31日(土曜日)

  

世界初となる"大相撲"のエンターテイメント・ドキュメンタリー映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』が、ついに公開されました。10/31(土)ドキュメンタリー映画の聖地であるポレポレ東中野で行われた初日舞台挨拶には坂田栄治監督が登壇。映画制作に至った経緯や本作に懸ける想いなどをアツくお話しいただきました。

201031sumoudo00.jpeg


本作は、2018年12月~2019年6月の約半年間、境川部屋と髙田川部屋の二つの稽古場に密着し、想像を絶する朝稽古、驚きの日常生活、親方・仲間たちとの固い絆、そして本場所での熱き闘いの姿を追いかける中で、相撲の魅力を歴史、文化、競技、様々な角度から紐解く、唯一無二のドキュメンタリーです。

大相撲十一月場所を1週間後に控え、力士たちの迫力ある取組や稽古の様子、普段は見ることの出来ない日常生活の姿などが収められた本作の上映を終えたばかりの会場は、国技館さながらの熱気に包まれていました。そんな興奮冷めやらぬ中、本作で映画初監督を務め、人生初の舞台挨拶に挑む坂田栄治監督が登壇。

坂田監督はまず「こんなに早く満席が出て感激です!みなさん『鬼滅の刃』ではなく『相撲道』を観ていただき、ありがとうございます!」と冗談を交じえながらも力強く挨拶。

そして早速、本作制作の経緯について聞かれると「僕はTBSの社員で、『マツコの知らない世界』や細木数子さんの『ズバリ言うわよ!』という番組で総合演出を担当していたんです。それで40歳を過ぎたときにTVの世界で培った技術を生かして、日本のために何かしたいなと考えていました。

その時に『マツコの知らない世界』の相撲メシの回でゲスト出演してくれた琴剣さんに、お相撲の朝稽古に連れて行っていただいて、あまりにもお相撲のことを知らないんだなと思いました。冒頭の稽古のシーンは、まさに僕が最初に見た景色でした。次々と強い力士が出てくるのが本当に衝撃的で、これを何とか作品として残したいなと思ったのがきっかけです」と話しました。

さらに「TVではなく映画として残したいと思ったのは、両国国技館に行ったことある方は分かるかもしれませんが、音の響きやお祭りの雰囲気、力士がぶつかり合う音をTVでは伝えきれないなと思って、大きなスクリーンと大きな音で再現したいなと思いました。」と制作に至った経緯を明かしました。

そして話題は本作で密着している境川部屋と髙田川部屋の話題に移り、数ある相撲部屋の中からなぜ2つの部屋を選んだのかという質問に「最初に境川部屋を選びました。今回コーディネートプロデューサーを務めてくれた琴剣さんに、相撲の文化を撮る上で一番昔ながらの稽古をしている部屋はどこですか?と聞いたら境川部屋を紹介されて、稽古を見に行ったんです。境川部屋は空気が張り詰めていて、技術チームが一度カメラを入れると、もう動けないような雰囲気で、これはなおさら記録として残す必要があるなと感じました。

sumodo_sub1234.jpg
©2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会

その後に、髙田川部屋を紹介されたんです。そしたら髙田川親方は稽古中ずっと名言を話しているし、竜電関とお会いした時はニコニコ笑っていて僕が思う力士のイメージと違ったんです。この作品をお相撲のイメージが覆えすような映画にしたかったので髙田川部屋に決めました。2部屋にしたのは境川部屋だけだと境川部屋のドキュメンタリー映画になってしまうので、色んな角度から相撲を捉えたかったんです。」と2つの部屋に決めた理由を明かしました。

そして坂田監督からの「面白かったですか?」という問いかけに、会場は大きな拍手で応えられていました。続けて「相撲ファンは観てくれるだろうなという自信はあったものの、ただやりたかったのはこの映画を世界へ発信したいと考えていて、日本人として相撲に興味がない方、相撲の文化を知らない方にみて欲しいなと思っています。

本編ではカットしているのですが、両国国技館で外国人の方にインタビューもしていて、そうするとだいたいの人が『太っている人でしょ?』というような返事が返ってきて、いや、そういうことじゃないんだよ!と思ったんです。この作品は相撲に知識がない方にも分かるように作ったので、もし機会があれば相撲をよく知らない方にこの映画を勧めてください」と強く勧める一幕も。

201031sumoudo1.jpeg


あっという間に時間は過ぎ、ここで最後に坂田監督が、会場の皆さんにどうしても伝えたいことを自作のフリップを持って披露。泣く泣くカットしたお気に入りのシーンがあると言い「オープニングで引退した力士もすごい力があるんだよと言うことを伝えたくて、浅香山親方がインタビューを終えて去っていったあとに、リンゴを潰すシーンがあったんです!」と裏話を明かすと、会場からは驚きの声が上がりました。

坂田監督人生初の舞台挨拶は、10分間ノンストップマシンガントークで大盛り上がりのまま幕を閉じました。


映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』絶賛巡業上映中!


ド迫力の映像と臨場感たっぷりの音で力士の生きざまを活写した本作を、ぜひ劇場でお楽しみください!


1500年以上もの歴史の中で日本人の暮らしに深く根付き、今や国技となった「相撲」。そこには知られざる世界があった―。
2018年12月~2019年6月の約半年間、境川部屋と髙田川部屋の二つの稽古場に密着。想像を絶する朝稽古、驚きの日常生活、親方・仲間たちとの固い絆、そして本場所での熱き闘いの姿を追いかける中で、相撲の魅力を歴史、文化、競技、様々な角度から紐解いていく。勝ち続けなければいけない、強くなくてはいけない。本作は、極限まで自分と向き合い、不屈の精神で「相撲」と闘い続けるサムライたちの生き様を描いた唯一無二のドキュメンタリー。

sumodo_P.jpg
©2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会


映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』関連ニュース

特別映像&応援イラスト
第40回ハワイ国際映画祭に正式出品
公開決定


★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg

『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』

★2020年10月30日(金)公開★

武器を持たぬ侍たちのエンターテイメント・ドキュメンタリー。

監督/製作総指揮:坂田栄治

制作:PRUNE

制作協力:日本相撲協会 Country Office

出演:境川部屋 髙田川部屋

©2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会



sumodo_main.jpg



★現在公開中の日活ラインナップもご期待下さい★