全世界呆然!!衝撃の“袋とじ”映画 『ゾンビアス』 初日舞台挨拶が行われました!
2012年02月26日(日曜日)

  

井口昇監督最新作 『ゾンビアス』 が2/25(土)に公開初日を迎え、キャスト・監督による初日舞台挨拶が行われました。

120225_zombieass00.jpg

精力的に異色作を作り続ける超鬼才・井口昇監督の最新作は、今までみたこともない気味の悪いゾンビを描きたかったという、井口ワールド全開のゾンビ映画。初日舞台挨拶には、体当たりの演技をみせてくれた女優陣、中村有沙さん、菅野麻由さん、護あさなさん、監督からのラブコールに応え出演された人気ロック・バンド「ザ50回転ズ」のダニーさん、井口組の常連、島津健太郎さん、デモ田中さん、石川ゆうやさん、そして井口昇監督が登壇されました。

今回のMCは、MC初挑戦となる、これまた井口組の常連女優でもある亜紗美さん!ご本人曰く「緊張している」とのことでしたが、持ち前の度胸と姐さんキャラで、井口組のチームワークのよさをいい感じに引き出して下さいました。

― まずは、一言ずつご挨拶を頂きたいと思います~。

中村 こんなにたくさんの方に来て頂いて、すごく嬉しいです!ついにこの日が来ましたね。

井口監督 この日がやってきましたね!

菅野 初日舞台挨拶が無事に出来て、すっごく嬉しいです。お参り?みたいのに行った時に・・・

井口監督 お参りじゃなくて、お祓いですよね(笑)。

菅野 あっ(笑)。お祓いに行った時に、井口監督が名前を間違えられて・・・

井口監督 オレね、名前を井上昇って言われたんですよ。神主さんに 「い~の~う~え~の~ぼ~る~」 って、しかも2回も(笑)。

菅野 それで無事終わるのか?と話していたので、無事この日を迎えられて、すごく嬉しいです。ありがとうございます。

 私は初めての映画出演作ということで、初めてが井口昇監督に捧げられて幸せだなと思っています。

井口監督 しかも 『ゾンビアス』 で(笑)。

 皆さんにご覧頂いて、どのような反応がかえってくるのかすごく楽しみです。ぜひ楽しんで行って下さい。

ダニー どーもどーも、どぉーもぉー!井口昇作品のファンの皆さん、はじめまして~!ザ50回転ズ、ギターとボーカルのダニーです~。よろしくぅ~~!!(←超テンション高め)イエイ、イエイ、イエイ!というワケで、井口監督から一番初めに言われたお言葉、言っていいですか~?

井口監督 言って!

ダニー 「ダニーさん、もうちょっと芝居を抑えて下さい」 と、何度も言われました~(お客様爆笑)。そのへんはスクリーンでご確認下さ~い!直井役のダニーです。よろしくお願いしま~~~す!

島津 ちょっと真面目に言いますが、公開にあわせて雨も止んでくれたということで、テンションあげていきましょうか、皆さん?いきますよー!ゾンビー!(お客様:アース!)ゾンビー!(お客様:アース!)ゾンビー!!(お客様:アース!!)OK~!田中役の島津健太郎です!

120225_zombieass1.jpg

デモ メイキングとウン・デッドという役をやりました、福岡県からやって参りましたデモ田中と申します。公式には発表されていなかったのですが 「今日来たらヒーローになれるよ」 と井口さんに言われて、ノコノコついて来ました!飛び入りですが、よろしくお願いしまーす!

MC(亜紗美) あれ?さっき打ち合わせでいなかったよね?オマエ、だれだー?!

デモ オマエだれだー?!!

石川 石川ゆうやでございます(笑)。たまたまデモ田中さんと1階のエレベーターで一緒になって 「オイ、一緒にいくぞ!」 ということになり、着いて参りました、はい。

MC(亜紗美) そういうの全然OKな感じです、今日。

井口監督 『ゾンビアス』 の監督の井口昇です。よろしくお願いします!

お客様 イエーィ!井口ー!いぐちー!いのうえー(笑)!

井口監督 井上でございます(笑)。約1年前に 「新しい、みたこともないゾンビ映画を作ってくれ」 と言われて、みたことのないゾンビってどんなのかな?と考えたんです。それで日本でしかありえないゾンビを考えたところ、日本は湿気がある。湿気=ボットン便所だろうと思って、そこからゾンビが出てきたら怖いだろうなぁと、たぶん日本人だったらみんな思っていると思って、日本人の魂をボットン便所のゾンビにかけてみた。そんな感じです。

この作品は、実は震災の3週間後くらいから撮影をしました。震災の日は、ちょうどこの作品の画コンテを描いている最中に揺れたんです。お尻のシーンばかり描いていたのですが、悲惨な状況をニュースで見ながら、「こんな運命に負けないぞ。こういう時こそこんな内容の映画も必要じゃないか?何とかこの映画を完成させるんだ!」 と思いながら画コンテを描きました。ロケハンもガソリンがなくて中々行けなかったり、撮影中も余震が起きて、ウン・デッドの格好をしたまま「あ、地震だ」というような状況の中で作ったので、無事この日を迎えられ、今涙が流れるちょっと寸前です(笑)。

MC(亜紗美) 泣いていいよ。

井口監督 皆さん、今日はご来場頂きまして、本当にありがとうございます。

MC(亜紗美) では、結構時間があるので、色々と皆さんに聞いていきたいと思います、はーい。

登壇者の男性陣 大丈夫かー、亜紗美?どういうキャラだよ(笑)?

MC(亜紗美) キンチョーしてるのよ(笑)。じゃ、(原稿)読むよ!

― 井口監督とは 「まだらの少女」 以来となる中村有沙ちゃん。大人になり、色々なシーンを体当たりで演じられましたが、出演に戸惑いはありませんでしたか?

中村 戸惑いは特になく、監督とは小学校6年生以来で・・・

120225_zombieass2.jpg

井口監督 そうなんですよ!12歳の時の有沙ちゃんをボク撮っているんです。だから今回ボクお父さんみたいな気持ちで・・・

中村 キャハッ!パパ(笑)。

井口監督 こんなことやらせていいのかな~?でも撮りたい~!という葛藤との戦いで撮っていました。

中村 お芝居や成長した自分を見てもらおうと思ってオーディションに行きましたので、まずは 「お久しぶりです」 と挨拶をしてから、アクションの型だったりとか、色々とみて頂きました。無事恵役に決まり、精一杯やらせて頂きましたので、今日は思う存分お楽しみ下さい。

― 恵の優しき先輩、亜矢を演じた菅野麻由ちゃん。頼もしく、とても素敵な先輩を演じられましたが、役柄との共通点はありますか?

菅野 共通点は・・・気持ちで動いているところですかね。助けたい!と思ったら助けるところとか、感情で動いているところは似ていますが、頼りになる先輩かと言われると・・・。普段はそんなに頼られなくて、年下の子とすぐに仲良くなって、同じ年の感じで “バカ麻由” とか言われちゃう感じなんですよぉ~。

120225_zombieass3.jpg

MC(亜紗美) この身内的なノリ(笑)。

井口監督 このガールズトークから、とても 『ゾンビアス』 とは思えない感じがいいですねぇ(笑)。

菅野 亜矢はすごく頼りになる先輩で、私にはないものを持っているので羨ましかったですね。

― 護さんもとても大胆な姿を披露されていますが、グラビア撮影と映画の現場の違いは?お芝居は初めてだったんんですよね?

 そうなんです。実は私はグラビアをやっていまして、演技とか映画のオーディションを一番最初に受けたのが井口監督の『ゾンビアス』で・・・

井口監督 そうだったんだ?

MC(亜紗美) いきなりハードル高いですね。

 しかも、亜矢の役を受けるつもりでオーディションに行ったのですが、入ったら 「真希のオーディション始めます」 と言われて 「え?全然読んでない!」 と思って・・・。

井口監督 そうだったんだぁ。。

 グラビアと違う点は、グラビアはひとりが中心で撮りますが、映画はみんなと一緒に作っていけるのがすごく楽しくて、撮影が終わった時には 「家族が解散しちゃう」 みたいな感覚になって、すごく寂しかったです。またこのメンバーでやれたらいいな、なんて思っています。

120225_zombieass4.jpg

登壇者 いいこと言うね!泣かせるんじゃないよっ!

井口監督 護さんは、ファーストカットがキスシーンだったんです。しかも、ディープキス。そこで相手役の岸建太朗って男が入魂しすぎて、護さんの口の中が3箇所切れて、血が出てきたんですよ!なんちゅーシャープな舌だと。そんなことあり得るのか?と。それが初演技のシーンだったそうなので、申し訳ないなと。

 井口監督が演技指導をして下さったのですが、「こういうふうにやって」 と言う感じで監督と岸さんが絡んでいるシーンがすごく目に毒で(笑)、「あ、私頑張らなきゃいけないな」 と思いました。

MC(亜紗美) 「私が今からこれをやらなきゃいけないんだ」 とね。頑張ってくれましたもんね!そのシーンも踏まえて観て頂けるといっそう楽しめると思います。

― 続きまして、ダニーさんは普段は人気ロック・バンド、ザ50回転ズのギター&ボーカルとして活躍されているわけですが、出演のキッカケは何だったのでしょう?

ダニー 実は、以前ザ50回転ズが作った作品のショートムービーを作って頂こうと思った時に、こちらからオファーさせて頂いたのが井口監督なんです。おこがましい限りなのですが、それで快諾して頂きまして。

井口監督 そうなんですよ。「ロックン・ロール・マジック」 という20分くらいのショートムービーを撮りまして、その時にダニーさんは役者としてもむいているんじゃないかと思っていまして。

ダニー その時ね、雑談的な感じで 「ダニーさん、イケるんじゃないですか?面白いじゃないですか!」 と言って下さったので、「よしよし、じゃぁ次は井口監督作品として、ロック・バンドの役でぜひ出させて下さい」 とお願いしていたんですよね?

井口監督 それが・・・車酔いしやすい、かぼそーい大学生の役でね。

ダニー バカヤローッ!!!って(笑)。井口監督から 「ダニーさん、よろしく~」 と連絡頂いたので、「こんなに近いスパンでオファー頂けるなんてボクは嬉しいです!ちなみに何の役ですか?」 とお聞きしたら、「寄生虫マニアの草食男子の役です」 って。おっとっとっとっと・・・・・とアタマの中が真っ白になりましたけど、「もちろんやります!」 と応えました。なぜなら!カワイイ女の子たちがいると!イエイッ!!

120225_zombieass5.jpg

井口監督 そこがポイントだったんですね(笑)。

ダニー そこが快諾のポイントでした。

MC(亜紗美) そんな草食男子のダニーさんも楽しみにしていて下さい。

― 『片腕マシンガール』『ロボゲイシャ』『戦闘少女』『電人ザボーガー』 と立て続けに井口組に参加。映画、テレビ、舞台と幅広く活躍される芸能界のバイプレイヤーの島津さんから見た井口組の魅力とは?

島津 井口さんって見た目がカワイイじゃないですか?コロンとしてて。でも、初めて会う時は、ちょっとコワイ人なのかな~と思っていたんです。初めてお会いしたのは 『片腕マシンガール』 で、それから何回も呼んで頂いて一緒にやらせて頂いていますが、井口さんって現場でお父さん的なんですよ。でも、お兄ちゃんっぽくもあり、母親っぽくもあり・・・

MC(亜紗美) おばあちゃんっぽくもあり!

井口監督 おばあちゃんっぽいって、よく言われますね(笑)。

島津 だから、現場のキャストだけでなくスタッフもみんな家族になっちゃうんですよね、井口組って。芝居のこととか、プライベートは男の人だけかも分かりませんが、相談するといつも的確な答えを頂けるので、魅力は 「家族になれること」 じゃないですかね。

120225_zombieass6.jpg

デモ いいこと言うね~。さすがっ!

― では、せっかくなのでデモさんにもネタばれにならない程度にお話頂きたいのですが。

デモ ボク、井口さんとは15年くらいの付き合いになるんですよね。インディーズの頃から、スタッフやりながら出演しながら色々やりました。で、今回は 「日本を代表するゾンビ映画を本気でやりたいんだ」 ということで、日本の新しいゾンビのスタイルをオファーされたんです。フィーリングでやりましたけど、多分そんな感じになってます!(お客様笑)

MC(亜紗美) なってるのよ、それが!

井口監督 3歳の幼児みたいな感じでね。

デモ そうそう!「3歳児のつもりでやってくれ」 と言われて。

井口監督 ゾンビというところに媚びた感じになるのがイヤだったので、「3歳児が歩いているような感じで歩いてくれ」 と言ったんです。

デモ そういう感じで、従来のゾンビの歩き方をやめたので、「ゾンビじゃねーじゃん!」 という意見もあるかもしれませんが、一生懸命やらせて頂きました!今回の映画は、井口昇の純度がメチャクチャ高い映画だと思うんですよ。ボクはオースティン(映画祭)にワールドプレミアを観に行ったんです。そしたらね、金髪の女性達に 「good job!good job!」 と言われていて、井口さんはスーパーヒーローでした!

120225_zombieass7.jpg

井口監督 生き証人がいて、嬉しい!

デモ 日本でもね、ぜひこういう映画をどんどん盛り上げていきたいですよね。

井口監督 テキサスは、女性ウケが良かったんですよ。日本ではどうなのかなーと思って。

MC(亜紗美) 今日女性の方・・・は?(客席を見渡して)

井口監督 いる?

デモ ダニー効果で?

ダニー ほぼ2、3人??

MC(亜紗美) そんなことない、そんなことない(笑)。

井口監督 ボクとしては、観てもらえると分かると思いますが、実は女性に観てもらいたいと思っています。

― 続いては、(飛び入りの)ゆうやさん何聞こうか?

石川 アドリブで話します。今回オープニングに出てくるゾンビで初ゾンビをやらせてもらいました。役者なんて仕事をやらせてもらっていると、一度はゾンビをやりたいという憧れがありまして、これが西村映造のヒゲメガネチームたちが本当にすごい腕をみせてくれました。2時間以上かけてゾンビに仕上げてくれましたので、ぜひこの西村映造の技術も堪能して頂ければと思います。

120225_zombieass8.jpg

MC(亜紗美) ゆうやさんは元々彫りが深いからただ塗るだけで大丈夫かなと思っていたら、結構色々やっていましたね。

井口監督 ゾンビメイクって、目鼻立ちがハッキリしないと様にならないんですよ。だから、ゾンビが冒頭にいきなり出てくるので、その時に「ゾンビ映画だ!」というインパクトをつけなきゃなと思った時に、オレの知っている一番彫りの深い人がアノ人だったんです(笑)。

― そんなゾンビがいっぱい出てくる本作には “全世界呆然!!” というキャッチコピーがついていますが、そんな作品を監督された経緯や初日を迎えた気持ちを改めてお聞きしたいのですが?

井口監督 本当に嬉しいですね。ボク自身ゾンビ映画を観て育った世代ですし、男だったら一度はゾンビ映画を作ってみたいと思うと思うので。ただ、やはり同じパターンでは飽きてしまうと思ったので、みたこともないゾンビをいつものメンバーやボクの出てほしい役者さんで作れたら幸せだなと思いました。この作品は10日間の合宿で撮影したのですが、朝方まで撮影していたのに、その後ダニーさんと島津さんが寝なくてね(笑)。

120225_zombieass9.jpg

島津 僕は比較的早く寝るようにしましたが、デモ田中とダニー、そして特殊メイクのゆうたが、ロック話で朝7時か8時まで飲んでたよね?で、翌日にデモ田中起きられない事件がありましたよね。

MC(亜紗美) 男子寮って、そんなむっさい感じだったんですか?

井口監督 むさい感じです(笑)。寝てるのに、朝方下から島津さんの 「ダハハハハッ」 という声と、ダニーさんの 「アッハッハッハッハッ」 という笑い声が、ものすごく聞こえてきました。

MC(亜紗美) 女子寮はゴハン作ったり、みんなでガールズトークしたりね~?

中村・菅野・護 ね~!!

男性陣 聞きたい!聞きたい!

中村 泊まるところがロッジみたいなところで、各々部屋があったのですが、下のリビング的なところにみんな集まってガールズトークしたり、私は途中で寝ちゃったりしたんですけど(笑)。それから・・・

120225_zombieass11.jpg 120225_zombieass10.jpg
◆初MCの亜紗美さん    ◆左から菅野さん、中村さん、護さん


MC(亜紗美) お話中ごめんね。こういうことはスムーズにやらなきゃいけないんだろうけど、私今日司会初めてだから言っちゃう。巻いてって!

井口監督 あ、そうなんだ(笑)?

― ということで、最後に一言ずつ頂きたいと思います!(←ものすごい早口)

中村 『ゾンビアス』 は、笑いもありますし、もちろん泣いて頂けたらすごく嬉しいですし、たくさんの魅力が詰まった映画ですので、今日は笑って泣いて、楽しんで観て頂けたら嬉しいです。

菅野 この映画は、そんなに気を張らず、お風呂につかっている感じくらいリラックスしている状態で観て頂いた方が楽しめると思います。みんなが温かく仲良く作った作品ですので、面白かったら笑い、泣きたかったら泣き、何か感じて観て頂けたらと思います。

 今回みんな身体を張って、それぞれに色々な葛藤がある中で体当たりで演じていた部分もあると思います。皆さんが普段誰にも言えなかったり、くすぶっていたり、「なんか頭に来るな」 というようなことを全部私達が一手に引き受けて、今回この映画でやりきっていますので、きっと 「僕たちの代わりにあんなことやこんなことをしてくれて、ありがとう」 という気持ちになって頂けるんじゃないかなと思います。ぜひ今日は、デトックスをして帰って頂きたいと思います。

ダニー どもどもッ!最後にボクが言えることはひとつ!気になる異性とは、この映画は絶対観ないように(笑)!発展することはありませんっ!そういう素晴らしい映画ですが、デートには使いづらい映画・・・ですよね、監督?

井口監督 でも、この映画に誘って来てくれる女性とは、一生付き合えます!

ダニー 生涯の友として付き合う覚悟で誘って下さい!ギャンブルするにはいいかもです~。どーぞ、お楽しみくださ~い!

島津 この映画は、女優陣が本当にすっごく身体を張っているんですよ。男性も身体張ってやっているところもありますが。そして、とても楽しく笑える部分がたくさんあると思います。観ている時にちょっと 「え?」 と思ったら、そこは笑ってごまかして下さい。笑い飛ばしたら、次に繋がった時に、「あ~、なんや。笑っといて良かったんや」 ということになると思うので。それから、さっき石川ゆうやくんのゾンビメイクの話が出ましたが、初めはすごいメイクっぽかったのに、時間が経つにつれ、メイクか本当の顔か分からへんくらいになってくるので、そこをぜひ観て欲しいなと!石川ゆうやくんのこの顔、覚えといて下さい!よろしくお願いします。

デモ 日本が(震災で)大変な時に 「元気な映画を作ろう」 ということで作った映画で、井口さんに 「オレの遺作のつもりでやるわ」 と言われたんです。本当に、美しい映画になっています。色んな汚いシーンがありますし、賛否分かれるようなところもあるかもしれませんが、井口昇的にはユートピア。登場人物が全員おなか痛くなるというね。そんな井口ワールドを、ユートピアを楽しんで頂ければと思います。

石川 私は観るのが初めてなんです。ですので、お客様と一緒に今日は楽しんで帰りたいと思います。

デモ ウォーッて声出して、ライブハウスっぽい感じで観るのがいいですね。

MC(亜紗美) そうですね!素直な感情でね、拍手するなら拍手して頂いて。それが正しい楽しみ方です!

井口監督 ハチャメチャなシーンが多いですが、ボク3歳の脳みそで作ったので、3歳の脳で観てくれるとすごく楽しめると思います。それから 「ボクは彼女達に足を向けて寝られない」 というくらい女優さん達がすごい頑張りをみせてくれていますので、この映画を観終わったら 「よく頑張ったね」 と心の中でこの女優さん達を称えてもらえると嬉しいなと思います。観終わったらスカッと出来るとボクは信じていますので、最後までゆっくり観ていって下さい。よろしくお願いします!

120225_zombieass12.jpg


全世界呆然!!
ゾンビの歴史が今変わる!!!

『ゾンビアス』

★2月25日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー!★

日本映画界初!衝撃!“袋とじ”映画が誕生!
観れるものなら観よ!劇場で体感せよ!

監督:井口昇
出演:中村有沙 菅野麻由 護あさな
   優希 ダニー(ザ50回転ズ) 岸建太朗 亜紗美 デモ田中 島津健太郎

zombieass_main.jpg
©2011 GAMBIT

★★『ゾンビアス』 2月28日(火)<女子会>イベント開催決定★★
2月28日(火) 21:25の回上映後に、中村有沙さん、菅野麻由さん、護あさなさん、MC亜紗美さんで、女子会トーク!(登壇者は予定)
詳しくは公式サイトのNEWSで確認してね!!

.
★現在公開中の日活ラインナップもご期待下さい★

★日活は2012年が100周年!
100thAnniv_OPEN1.jpg

★100周年でとっておきの100タイトルを続々DVDリリース!
100thDVD2.jpg