「小林旭 デビュー65周年」記念シリーズ 初DVD化 特選10作品(HDリマスター)
無頼無法の徒 さぶ (DVD)
(ぶらいむほうのとさぶ)
SELL

小林旭が、山本周五郎の原作「さぶ」を得て久々に取り組む青春文芸アクション。監督は、「いつでも夢を」の野村孝、撮影は「成熟する季節」の高村倉太郎。

発売日
2021年05月07日
価格
¥3,200(税抜)
品番
HPBN-253 発売元:日活 販売元:ハピネット
仕様
16:9LBスコープサイズ 片面1層 モノクロ 1枚組
音声
日本語 ドルビーデジタル モノラル
時間
約102分(予定)
監督
野村孝
キャスト

小林旭 長門裕之 浅丘ルリ子 小林千登勢 深江章喜 玉村駿太郎 杉江弘 波多野憲

脚本
脚色:山田信夫
音楽
伊部晴美
その他スタッフ
原作:山本周五郎 企画:高木雅行 撮影:高村倉太郎 美術:松山崇 録音:米津次男 照明:大西美津男 編集:鈴木晄

【映像特典】(予定)
・オリジナル劇場予告篇(予告篇原版の無い作品は収録されません)
・フォトギャラリー
【特典仕様】
・ピクチャーディスク

*デザイン・特典および仕様はすべて予定です。発売時には予告無く変更になっていることがあります。また特典と仕様は各作品ごとに異なります。ご了承ください。
*原版フィルムに起因するお見苦しい部分、お聞き苦しい部分がありますことをご了承ください。
*表現において今日では不適切と思われる部分がございますが、製作者の意図を尊重し、当時上映された内容のままで収録しております。

栄二とさぶは、下町の経師屋「芳古堂」に奉公する性格の対照的な若者だ。敏捷で腕もたつ栄二と鈍重なさぶ、自然、人気は栄二に傾いた。さぶは「すみよし」の女中のぶに好意を寄せていたが、それさえも自分では言えなかった。ある日呉服屋「綿文」に行った二人は、十年前に知り合ったすえと再会した。彼女は栄二に好意を持ったが、栄二がどこでも女性の話題なのにすえは嫉妬に燃えた。その頃「綿文」の家宝が無くなった。誰の企みなのか、家宝は栄二の道具袋の中から出て来た。「盗っ人」と呼ばれ、芳古堂を解雇された栄二は、無実の罪に眠れない日が続いた。そんな栄二にさぶは、「自分を立派にみせるために、俺を利用したお前に復讐してやったんだ」と告白した。驚愕した栄二は石川島の人足寄場に送られ、狂人と思われる程暴れまわった。ある日面会に来たすえから、さぶが葛西の家に帰ったことを聞くや栄二の心に、むらむらと復讐心が湧きあがって来た。数日後、面会に来たさぶは、栄二と腹を割って話し合った。今は独立して自信を持ったさぶ。三カ月後、出所した栄二を待っていたのは、さぶが貯金してこの日の為に建てた二人の店だった。そして花嫁姿をしたすえの姿も。しかし、喜ぶ皆の前ですえは意外な話をした。「栄二を自分のものにしたいばかりに、栄二の道具袋の中に家宝を入れた」と言うのだ。新たな怒りにふるえる栄二を、さぶはなだめてすえとの幸福な生活へとすすめるのだった。

© 1964 日活株式会社
お電話でのご注文はこちらへ:「日活ビデオお客様相談室」0120-970-932(フリーダイヤル)
受付時間 10:00~17:00 土/日/祝日/年末年始/当社規定休業日を除く(13:00~14:00は休憩時間とさせていただきます)
電話番号がフリーダイヤルになりました。「あの映画は商品化されてる?」「在庫は?」「どんな作品内容?」等、リリース作品につきましては全てこちらの窓口で情報をご案内。もちろん電話注文も承っております。通話料は「日活ビデオお客様相談室」が負担いたしますので、お気軽にご相談ください。

ピックアップサイト Pickup site

関連サイト Related link