「小林旭 デビュー65周年」記念シリーズ 廉価再発シリーズ
飢える魂 完全版 (DVD)
(うえるたましいかんぜんばん)
SELL

小林旭の本格的デビュー作。日経新聞連載からラジオドラマで人気となった原作を、名匠・川島雄三監督が映画化。老実業家の若い妻と彼女を慕うプレイボーイの青年実業家、子供を持つ未亡人と病気の妻を抱える出版社の部長。これら二組の男女が幸せを求めて彷徨いもがく姿を描いた文芸メロドラマ。

発売日
2021年04月02日
価格
¥3,500(税抜)
品番
HPBN-242 発売元:日活 販売元:ハピネット
仕様
4:3スタンダードサイズ 片面1層 モノクロ 1枚組
音声
日本語 ドルビーデジタル モノラル
時間
約176分(予定)
監督
川島雄三
キャスト

三橋達也 南田洋子 轟夕起子 大坂志郎 小林旭(新人) 金子信雄 小杉勇 高野由美 桑野みゆき 渡辺美佐子

脚本
柳沢類寿 川島雄三
音楽
真鍋理一郎
その他スタッフ
原作:丹羽文雄 製作:坂上静翁 撮影:高村倉太郎 美術:中村公彦 録音:橋本文雄 照明:大西美津男 編集:中村正

*本商品はかつてリリースされていたDVDの廉価再発商品です。(解説書はありません)
*原版フィルムに起因するお見苦しい部分、お聞き苦しい部分がありますことをご了承ください。
*表現において今日では不適切と思われる部分がございますが、製作者の意図を尊重し、当時上映された内容のままで収録しております。

<収録作品>(2枚組)
「飢える魂」(1956年/76分)
若き人妻と未亡人がそれぞれ、男と幸せを求めて彷徨いもがく姿を淡々と描く。小林旭のデビュー作としても名高い傑作。
「続・飢える魂」(1956年/97分)
二人のヒロインの苦悩と喜びの遍歴を描く完結編。小沢昭一、フランキー堺、岡田真澄らが特別出演し作品に彩りを添えている。

味岡道代は子宮筋腫の為、東京の病院に入院した。見舞いに来た芝令子と小河内まゆみの生活を羨望する。令子は建築界を牛耳る芝直吉の若妻で、生活に何不自由なく暮らしているが、自分を金のかからない秘書兼娼婦としか考えていない五十男の夫に不満だ。まゆみは夫亡きあと、二人の子供を抱えて建築ブローカーをやっているが、何かしら魂の飢えを感じている昨今だった。ある日、大阪の白仁邸でのお茶の会で、同席した青年紳士の立花烈に動悸が高まるのを覚えたが、立花に気持を打明けられても、あくまでも貞淑な妻として冷やかに応待するのだった。立花は財閥天童家の分家の跡取りでドン・ファンだが、愛人の女給・のり子を袖にする程に令子には真剣だった。勝浦の旅館にまで後を追って来る立花に、令子は長年の夫婦生活を乗り越えるような魂の目覚めを感じ出す。まゆみも病妻持ちの出版社部長・下妻と関係をもっていたが求愛はさけていた。だが子供の昭と伊勢子は二人の仲を誤解して不満をもっていた。昭は下宿したいと言い出し、借金してでも旅館業を始めて身を固めたいと考えているまゆみを苦しめる。東京に戻った令子は退院した道代を訪れ、悩みを打明けた。道代の夫、仏文学者の礼司は令子の仲人を務めたただけに、その悩みを咄嗟に感じ取った。やがて、まゆみは旅館の件で京都に所用のある下妻と連れ立ち伊勢松阪の兄を訪ねる。この頃、夫と志摩に赴いた令子は、ホテルで遂に立花の腕に抱かれた。

© 1956 日活株式会社
お電話でのご注文はこちらへ:「日活ビデオお客様相談室」0120-970-932(フリーダイヤル)
受付時間 10:00~17:00 土/日/祝日/年末年始/当社規定休業日を除く(13:00~14:00は休憩時間とさせていただきます)
電話番号がフリーダイヤルになりました。「あの映画は商品化されてる?」「在庫は?」「どんな作品内容?」等、リリース作品につきましては全てこちらの窓口で情報をご案内。もちろん電話注文も承っております。通話料は「日活ビデオお客様相談室」が負担いたしますので、お気軽にご相談ください。

ピックアップサイト Pickup site

関連サイト Related link