渡哲也 俳優生活55周年記念「日活・渡哲也DVDシリーズ」
逢いたくて逢いたくて (DVD)
(あいたくてあいたくて)
SELL

園まりの大ヒット曲の映画化で、中尾ミエ、伊東ゆかりのヒットソングも散りばめられた青春音楽映画。渡哲也、ザ・ドリフターズ他の豪華な出演陣を揃え、音楽は宮川泰、監督は江崎実生が務める。

発売日
2020年02月04日
価格
¥2,500(税抜)
品番
HPBN-179 発売元:日活 販売元:ハピネット
仕様
16:9LBスコープサイズ 片面1層 カラー 1枚組
音声
日本語 ドルビーデジタル モノラル
時間
約89分
監督
江崎実生
キャスト

園まり 渡哲也 松原智恵子 伊東ゆかり 中尾ミエ 太田雅子 和田浩治 小沢昭一 ザ・ドリフターズ

脚本
白坂依志夫
音楽
宮川泰
その他スタッフ
企画:横山弥太郎 原案:久保田圭司 撮影:横山実

【映像特典】
・劇場予告篇
・フォトギャラリー収録
【封入特典】
・解説書

白川道子(園まり)は親友のエリ子(太田雅子、後の梶芽衣子)と共にW大学に入学し、カンツォーネを演奏する「イタリア文化研究
所」に入った。しかし万年学生の小橋(小沢昭一)が授業料に窮して楽器を質入れしてしまって部の運営が行きづまっていた。そ
こで道子は“園まりそっくりショー”に出て賞金を稼ごうとする。道子は園まりにそっくりだったので、見事に入賞し賞金二万
円を手にする。だがそれも小橋の授業料のため半分は消えてしまった。そんなある日、道子の前におかしな五人組が現れ、園ま
りのマネージャー谷井(高橋昌也)のところに連れていった。谷井は、二十万円のお礼をするから園まりの代役をやってくれと道
子に願んだ。園まりは喉の病気で声が出なくなったのだ。道子は喜んで、一週間の約束で承知し、さっそく園まりとして活躍を
始めた。そして部の方には新しい楽器を贈ってあげた。だがカメラマン梶貫太郎(渡哲也)は園まりの挙動に不審を抱いていた。
いつもの園まりとどこか違っているのだ。梶は道子につきまとって真相をさぐるのだが…。

*原版フィルムに起因するお見苦しい部分、お聞き苦しい部分がありますことをご了承ください。
*表現において今日では不適切と思われる部分がございますが、製作者の意図を尊重し、当時上映された内容のままで収録して
おります。

© 1966 日活株式会社
お電話でのご注文はこちらへ:「日活ビデオお客様相談室」0120-970-932(フリーダイヤル)
受付時間 10:00~17:00 土/日/祝日/年末年始/当社規定休業日を除く(13:00~14:00は休憩時間とさせていただきます)
電話番号がフリーダイヤルになりました。「あの映画は商品化されてる?」「在庫は?」「どんな作品内容?」等、リリース作品につきましては全てこちらの窓口で情報をご案内。もちろん電話注文も承っております。通話料は「日活ビデオお客様相談室」が負担いたしますので、お気軽にご相談ください。

ピックアップサイト Pickup site

関連サイト Related link