渡哲也 俳優生活55周年記念「日活・渡哲也DVDシリーズ」
紅の流れ星 (DVD)
(くれないのながれぼし)
SELL

「非情に生きようぜ、長くはないんだぜ!」無法の地をゆく恰好いいやくざ者!舛田利雄監督が石原裕次郎主演の「赤い波止場」を、サラブレッド・渡哲也でセルフ・リメイクした痛快アクション巨篇。

発売日
2020年01月08日
価格
¥2,500(税抜)
品番
HPBN-177 発売元:日活 販売元:ハピネット
仕様
16:9LBスコープサイズ 片面1層 カラー 1枚組
音声
日本語 ドルビーデジタル モノラル
時間
約97分
監督
舛田利雄
キャスト

渡哲也 浅丘ルリ子 杉良太郎 松尾嘉代 奥村チヨ 藤竜也 宍戸錠

脚本
池上金男 舛田利雄
音楽
鏑木創
その他スタッフ
撮影:高村倉太郎 美術:木村威夫 照明:熊谷秀夫

【映像特典】
・劇場予告篇
・フォトギャラリー
【封入特典】
・解説書

加島組の親分を射殺した杉浦五郎(渡哲也 )は、神戸に身を隠していた。そこではキー坊(杉良太郎)たちチンピラが、外国人船員を相手に有り金を巻き上げる中、五郎は派手な帽子で顔を隠し物憂げな表情で冷笑を浮かべながら殴り飛ばしてはチンピラたちに崇拝されていた。関興業の用心棒となって、抱きたい時に女を抱き、飲みたい時に酒を飲む、そんな気ままな毎日を送る五郎にも、小さな影が差していた…。ある日、関と取引きしていた宝石商の小島が行方不明になり、小島の婚約者と名乗る啓子(浅丘ルリ子)が五郎を訪ねてきた。一風変ったところのある啓子に五郎は興味を持ち、惹かれるようになる…。

*原版フィルムに起因するお見苦しい部分、お聞き苦しい部分がありますことをご了承ください。
*表現において今日では不適切と思われる部分がございますが、製作者の意図を尊重し、当時上映された内容のままで収録しております。

© 1967 日活株式会社
お電話でのご注文はこちらへ:「日活ビデオお客様相談室」0120-970-932(フリーダイヤル)
受付時間 10:00~17:00 土/日/祝日/年末年始/当社規定休業日を除く(13:00~14:00は休憩時間とさせていただきます)
電話番号がフリーダイヤルになりました。「あの映画は商品化されてる?」「在庫は?」「どんな作品内容?」等、リリース作品につきましては全てこちらの窓口で情報をご案内。もちろん電話注文も承っております。通話料は「日活ビデオお客様相談室」が負担いたしますので、お気軽にご相談ください。

ピックアップサイト Pickup site

関連サイト Related link