きみの鳥はうたえる (DVD)
(きみのとりはうたえる)
SELL

この夏が、いつまでも続くような気がした
きらめきに満ちた、かけがえのないときを描く、青春映画の傑作

発売日
2019年05月10日
価格
¥3,800(税抜)
品番
TCED-4474 発売元:日活 販売元:TCエンタテインメント
仕様
16:9LB スコープサイズ カラー 片面2層 1枚組
音声
1.ドルビーデジタル5.1ch 2.ドルビーデジタル2.0ch
時間
本編106分+特典映像
監督
三宅唱
キャスト

柄本佑 石橋静河 染谷将太
足立智充 山本亜依 柴田貴哉 水間ロン OMSB Hi'Spec 渡辺真起子 萩原聖人

脚本
三宅唱
音楽
Hi'Spec
その他スタッフ
原作:佐藤泰志(『きみの鳥はうたえる』河出書房新社/クレイン刊)

【映像特典】
・オーディオコメンタリー
・メイキング
・予告編

函館郊外の書店で働く「僕」(柄本佑)は、失業中の静雄(染谷将太)と小さなアパートで共同生活を送っていた。ある日、「僕」は同じ書店で働く佐知子(石橋静河)とふとしたきっかけで関係をもつ。彼女は店長の島田(萩原聖人)とも抜き差しならない関係にあるようだが、その日から、毎晩のようにアパートへ遊びに来るようになる。こうして、「僕」、佐知子、静雄の気ままな生活が始まった。夏の間、3人は、毎晩のように酒を飲み、クラブへ出かけ、ビリヤードをする。佐知子と恋人同士のようにふるまいながら、お互いを束縛せず、静雄とふたりで出かけることを勧める「僕」。そんなひと夏が終わろうとしている頃、みんなでキャンプに行くことを提案する静雄。しかし「僕」は、その誘いを断り、キャンプには静雄と佐知子のふたりで行くことになる。次第に気持ちが近づく静雄と佐知子。函館でじっと暑さに耐える「僕」。3人の幸福な日々も終わりの気配を見せていた......。

© HAKODATE CINEMA IRIS

ピックアップサイト Pickup site

関連サイト Related link