松坂桃李主演映画『あの頃。』に、各界著名人からの絶賛コメントが到着! ニュースアーカイヴ

[映画]
松坂桃李主演映画『あの頃。』に、各界著名人からの絶賛コメントが到着!
2021年02月19日(金曜日)

本日2/19(金)公開、松坂桃李さん主演映画『あの頃。』に、公開に先駆けて本作を鑑賞された各界著名人から<絶賛コメント>が到着しました!

映画『あの頃。』は、神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人によるハロー!プロジェクトへの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた自伝的青春コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)を実写映画化。ハロー!プロジェクトのアイドルにのめり込んでいく主人公・劔(つるぎ)を、『娼年』(18)、『新聞記者』(19)などの話題作で様々な役柄に果敢に挑み続ける松坂桃李さんが演じます。

"藤本美貴"の魅力を熱く語る、プライドが高くてひねくれ者のコズミン役は『今日から俺は!!劇場版』での今井役が記憶に新しい仲野太賀さん。"石川梨華"推しでリーダー格のロビ役を山中崇さん、痛車や自分でオタクグッズを制作する西野役に若葉竜也さん、CDショップの店員で、劔がオタク仲間と出会うきっかけを作るナカウチ役は芹澤興人さん。そして、ハロプロ全般を推すイトウ役に本作が映画初出演となるお笑いコンビ「ロッチ」のコカドケンタロウさんと、映画、ドラマ、舞台と幅広い分野で活躍する実力派俳優陣が集結。

メガホンをとるのは、『愛がなんだ』(19)や『mellow』(20)、『his』(20)など次々に話題作を発表している今泉力哉監督。脚本は、これまで『南瓜とマヨネーズ』(17)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18)などで監督・脚本を手掛けてきた、冨永昌敬氏。また、ネット音楽シーンから頭角を現した新進気鋭の音楽家・長谷川白紙氏が劇判を担当します。

anokoro_main.jpg
©2020『あの頃。』製作委員会


「超一線級の青春映画」「泣き笑いの祝祭」「何たる多幸感だろう。そこかしこに笑顔があふれている。」熱量の高い絶賛コメントが到着!

笑って泣ける青春映画としての側面はもちろんのことながら、ハロー!プロジェクトファンはもちろん、"推し"に日々活力をもらっていることを公言している各界著名人より、非常に熱量の高い絶賛コメントが到着しました。(コメントは、順不同、敬称略)


<青木源太/フリーアナウンサー>
"推し"がいるって幸せなこと。 自分以外の誰かの人生を大切に思えるのですから。


<はるな愛/タレント>
私も松浦亜弥さんことあややに人生を変えてもらった一人です。
アイドルは自分に持ってないキラキラを放つ存在でした。
熱く分かち会える仲間との出会いはとても刺激的でかけがいのないものだと思います。
人それぞれ人生があり、アイドルにも一人の人間としての人生があることをしみじみ思いました。
この映画を見てあの頃に夢中になったことを思いだして下さい!当時が蘇る素晴らしい再現に感激しました。
ハロプロと共に青春を送った方々にもぜひ観て頂きたい作品です。


<ヒャダイン/音楽クリエイター>
わかりみしか!在宅ハロオタだった自分には眩しすぎるオタ充青春!


<末吉9太郎(CUBERS)/アイドルオタクアイドル>
あぁ!のポスター、なっち卒業のハロコン、Wの"あぁ いいな!"、体中に缶バッチをまとったオタク達が集うコンサート会場。
全部が全部、学校で友達がいなかった僕を支えてくれた生き甲斐の全てがこの映画の中にあった。
あの時、コンサート終わりに子供だった僕に突然ベリーズの生写真をくれたななめ前の席にいたオタク、元気かなぁ。
ハロヲタはもちろん、アイドルオタク、そして何かに熱中した事がある人に観て欲しいです。そして"恋ING"は本当に名曲。


<朝井リョウ/小説家>
ライブ会場の一席一席には、今作で描かれたような時間が座している。見慣れた景色に愛しい奥行きが宿る一作です。


<しまおまほ/エッセイスト>
あの人たち、とんでもなくメンドくさかった。
考えるのはあのコのことばっかりで、よくわかんない喧嘩しょっちゅうして。
朝まで議論に付き合わされたあのファミレス、もうないんだよな。
ピンチラのジャージを普段着にしてたあの人、どうしてるだろう?本棚にある「Hamilton island」は、今も眩しい。
こんな気持ちで振り返るなんて、思っていなかった。「あの頃。」を、ありがとう。


<大谷ノブ彦(ダイノジ)/お笑い芸人>
超一線級の青春映画。
あなたも自分自身の"好き"の時代のあの頃に思い当たるであろう。
何かを好きでいる時、何かに夢中な時、人は無敵なのだ。
そうか、やっぱりだ。
好きこそ最強なのだ。


<市川紗椰/モデル>
人生に無駄はない!傍から見たらくだらないあの頃が今の自分の力になってるんだ、と気づきました。


<岩尾望(フットボールアワー)/お笑い芸人>
「あの頃。」と同じようなハロプロの話だけをするライブを数年前に始めた僕の「あの頃。」も少し遅めに始まって現在進行形です。


<大根仁/映像ディレクター>
金なし・夢なし・彼女なし。
正しい青春映画の鉄板の設定だが、同時に使い古されてもいる。
でもそれを新しい、誰も観たことのない青春映画として成立させた
この映画の全てのキャストとスタッフにザ☆ピース!!


<森直人/映画評論家>
懐これは珍事かつ奇跡!
今泉力哉(監督)×冨永昌敬(脚本)という二度とない気のする異能タッグ。
ゼロ年代クロニクルの泣き笑いの祝祭だ。


<SYO(映画ライター)>
何たる多幸感だろう。そこかしこに笑顔があふれている。
好きを120%共有できる"同志"に会えたら、人生ってこんなにまばゆく輝くんだ。
いいなぁ。桃李くん、太賀くん、皆さん...僕もお風呂ご一緒していいですか?



今やアイドルだけに留まらず、アーティストやスポーツ選手など、ジャンルを問わず広く一般に浸透している"推し"というワード。

ライフスタイルの変化を求められている今だからこそ、活力になる"推し"の存在が世代を問わず身近になっている現代で、「"推し"がいる人は共感度MAXの映画!」と試写会でも話題になっている本作を、ぜひ劇場でご体感ください!


映画『あの頃。』2021年2月19日 TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開!


松坂桃李×ハロヲタ!?【"推し"に出会って"仲間"ができた。】ハロプロの名曲が彩る、笑いと涙の青春エンターテインメント『あの頃。』本日より全国にて絶賛公開中です。


中学10年生の夏休みのような、そんな毎日が永遠に続くような気がしていた。
大学院受験に失敗し、彼女なし、お金なし、楽しいことなど何もなく、どん底の生活を送っていた劔(つるぎ)。ある日、松浦亜弥の「♡桃色片想い♡」のMVを見たことをきっかけに、劔は一気にハロー!プロジェクトのアイドルたちにドハマりし、オタ活にのめり込んでいく。藤本美貴の魅力を熱く語るプライドが高くてひねくれ者のコズミンをはじめ個性的なオタク仲間と共に、「恋愛研究会。」を結成した劔。トークイベントや学園祭でのアイドルの啓蒙活動、ライブを開催したりと、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する。しかし、時は流れ、仲間たちはアイドルよりも大切なものを見つけて、次第に離れ離れになり...。

anokoro_P.jpg
©2020『あの頃。』製作委員会

---------------
あの頃。
監督:今泉力哉
脚本:冨永昌敬
原作:劔樹人「あの頃。 男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)
出演:松坂桃李 仲野太賀 
山中崇 若葉竜也 芹澤興人 / コカドケンタロウ 大下ヒロト 木口健太 中田青渚 片山友希 / 山﨑夢羽(BEYOOOOONDS) / 西田尚美
製作幹事:日活 ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム
©2020『あの頃。』製作委員会
公式twitter:@eiga_anokoro


『あの頃。』関連ニュース

メイキング写真解禁
場面写真解禁
本編映像解禁
スペシャル座談会映像【前編】解禁
メイキング写真解禁
藤本美貴<イベント舞台裏動画>公開
オフィシャルグッズ販売決定
anan「愛しいきもち。」特集に登場
ハロプロOG絶賛コメント
公開直前イベントの模様
新場面写真解禁
特別映像解禁
タワーレコードとコラボ
完成報告会の模様
キャラクター紹介動画&画像解禁
新場面写真&全キャスト解禁
松坂桃李がファッション誌「GINGER」沼活特集に登場
ムビチケ発売決定
予告&ビジュアル解禁
松浦亜弥役決定
個性豊かなオタク仲間発表
映画化決定


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg