今年最大の衝撃作 映画 『凶悪』 第一弾ポスター解禁! ニュースアーカイヴ

[映画]
今年最大の衝撃作 映画 『凶悪』 第一弾ポスター解禁!
2013年03月28日(木曜日)

日本中を震撼させた、史上最悪の凶悪事件を描いたベストセラーノンフィクションが映画化となり、山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキーの個性溢れるキャストの競演で9/21(土)より全国公開となる映画 『凶悪』 の第一弾ポスタービジュアルが、本日解禁となりました!

本作は、一人の雑誌ジャーナリストが、警察も知らない事件を死刑囚の告発を頼りに明るみに出し、首謀者逮捕に至らせたという実在の凶悪殺人事件を題材とした、今年最大の衝撃作です。

第一弾ポスタービジュアルの解禁とともに、本日3/29(金)より『凶悪』 公式サイトもリニューアルしておりますので、あわせてお楽しみください。

kyoaku_p0.jpg kyoaku_p00.jpg

日本社会に巣くう闇にメスを入れる!!!今年最大の衝撃作!!
ワイドショーで連日報道される凶悪犯罪の数々。その背景には日本が抱える社会問題が存在している。その状況下において引き起こされた、実在の凶悪殺人事件をベースにした衝撃作が誕生する――。その名は、『凶悪』。
本作の題材となる事件とは、ある死刑囚が獄中から告発した殺人事件の真相を、死刑囚の言葉を頼りにひとりの雑誌記者が暴き、ペンの力で警察をも動かし首謀者逮捕に至らせたというもので、まるで犯罪小説のようなセンセーショナルな内容に各メディアは大々的に報道し、日本中を震撼させた。この一連の物語をドキュメントとした原作 新潮45 編集部編『凶悪 -ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)は、2009 年に文庫化されベストセラーに!
メガホンを取るのは、反体制的視点から日本社会にメスを入れ続けた唯一無二の映画監督、若松孝二に師事した若松プロダクション出身の映画監督、白石和彌監督。実在の凶悪殺人事件の真相を描くとともに、内在する日本の社会問題をもあぶり出す。

個性豊かなキャストが、骨太でセンセーショナルな作品に挑む!
誰も観たことのない個性溢れるキャストのコラボレーションが、正義と狂気がせめぎ合うセンセーショナルな題材でどのような化学変化を起こすのか!?人間誰しもが持つ狂気をあぶり出す深いテーマは、日本国内に留まらず、世界中の映画祭で衝撃を与えることは必至。今年9月、強烈なキャラクター同士が極限のドラマを展開する壮絶なエンターテイメントが幕を開ける。

事件を追うジャーナリスト/山田孝之さん
主人公である、事件の真相を追うジャーナリスト・藤井役に、その表現豊かな演技に海外からも熱い視線が注がれている山田孝之さん。警察も知らない事件を暴くため奔走する様は、ジャーナリズムの真髄をつきながらも、徐々に明らかになっていく事件の真相と心の闇に囚われ、強い正義心と狂気がせめぎあう姿は、人が持つ危うさを見事に体現しその鬼気迫る演技が注目を浴びることは間違いない。

yamada.jpg

告発する死刑囚/ピエール滝さん
物語のすべての始まり―。獄中から衝撃の告白を展開し、藤井と未解決事件の接点を見出す死刑囚・須藤役には大人気テクノバンド・電気グルーヴのメンバーで、俳優やタレントとしても活動する、ピエール瀧さん。数々の殺人事件の実行犯であり、暴力の魔力に取り憑かれたかのような凶悪人物でありながら、時に垣間見せる人情味。その二面性ある繊細なキャラクターを演じる。

taki.jpg

狡猾な殺人犯/リリー・フランキーさん
須藤によって告発された殺人事件の首謀者と目される、先生(役名:木村)を演じるのは、イラストレーター、文筆業、俳優などさまざまなジャンルで活躍するリリー・フランキーさん。狡猾な知能と狂気を併せ持ち、金のためにいとも簡単に殺人を犯す、悪の権化ともいうべき絶対的"凶悪"を怪演する。人が持つ善悪の境界線を崩壊させていく姿は、映画史に傷跡を残したキャラクター、『ダークナイト』のジョーカーを彷彿とさせる。

Franky.jpg

原作「新潮45編集部編『凶悪-ある死刑囚の告発-』」とは
「記者にもたらされた告発。それは警察も知らない極悪殺人事件だった。」新潮45編集部記者が白日の元にさらした、凶悪事件の真相から首謀者逮捕までを描いた白熱の犯罪ドキュメント。2007年に単行本化。大反響を受け2009年に文庫化されると10万部を超えるベストセラーを記録。また、昨年12月「ビートたけしPresents 奇跡体験!アンビリーバボー」(CX)にて本作の特集が組まれ、大きな話題を呼ぶ。

『凶悪』映画紹介 
史上最悪の凶悪事件。その真相とは?
「明朝24」編集部に突如舞い込んだ、とある死刑囚からの一通の手紙。そこには驚愕の内容が記されていた。「自分が犯した事件の他に、数々の殺人事件が存在している。さらに、"先生"と呼ばれる事件の首謀者はまだ娑婆にいる―。」果たして、死刑囚の言葉は真実なのか?"先生"とは何者なのか?事件に取り憑かれたかのように真相を求める雑誌記者・藤井が辿りつく先に待つものとは?

★2013年9月21日(土) 新宿ピカデリーほか全国ロードショー★

凶悪
出演:山田孝之 ピエール瀧 池脇千鶴 リリー・フランキー
原作:新潮45編集部編『凶悪-ある死刑囚の告発-』(新潮文庫刊)
監督:白石和彌
脚本:高橋泉、白石和彌
企画協力:新潮社
配給・宣伝:日活
(C))2013「凶悪」製作委員会


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★日活は100周年を迎えました!
bb_nikkatsu_100.jpg

★100周年でとっておきの100タイトルを続々DVDリリース!
bb_nikkatsu_100dvd.jpg