中田秀夫監督の最新作は、ホラー映画の集大成 『クロユリ団地』! ニュースアーカイヴ

[映画]
中田秀夫監督の最新作は、ホラー映画の集大成 『クロユリ団地』!
2012年10月25日(木曜日)

「リング」から15年、世界の中田監督が満を持して贈るホラー映画の集大成!
最新・最恐ホラー映画『クロユリ団地』!

貞子を生み出した大ヒット映画『リング』を発表し、日本中を恐怖に陥れたホラー界の巨匠、中田秀夫監督。2005年には『ザ・リング2』でハリウッド進出を果たし、『Chatroom/チャットルーム』ではカンヌ映画祭で「ある視点」に出品されるなど、日本を飛び出し世界中で活躍してきた中田監督が、満を持して再びホラー作品を日本に、そして世界に送り出します!

これまで数々の女優の新たな魅力を引き出してきた中田監督が新作のヒロインに選抜したのは、女優としての活躍が期待される前田敦子さん。そして「相棒」でもシリーズ史上初回最高視聴率を叩き出した実力派俳優・成宮寛貴さんをW主演の相手に指名し、豪華なキャストで最恐ホラー『クロユリ団地』を誕生させました。 
 
本作は、中田監督自らが「中田ホラーの集大成」と称し、脚本家とともに紡ぎ出したオリジナルストーリー。日本中にあるありふれた景色でありながら、同じ形の建物が並ぶ奇妙さ、隣に誰が住み、何をしているか分からないという不気味さを併せ持つ空間・団地。その団地を舞台に、現代社会で多くの人が抱える「孤独」が呼び寄せる恐怖の連鎖を描きます。

中田監督は、1985年に日活の助監督としてキャリアをスタート。日活100周年記念作品として製作された本作で、再び世界の舞台へと勝負を挑みます!

中田秀夫監督コメント
6年ぶりのホラー作となる『クロユリ団地』は、私のホラー映画作品群の“集大成”にすべく全力を注入しました。アメリカの少年から「あなたの「QUIET HORROR(静かなホラー)」が好きだ」とファンレターを貰ったことがあります。今回は「静かな」ばかりではありません。「じわじわ、ぞくぞく、どくどく、がんがん、どひゃーひゃー」と恐怖を加速させていってます。日本の観客の皆さんにその恐怖を味わって頂くのを主眼としていますが、海外の映画祭にて発表(受ける自信大いにありです)して、日本公開となるでしょう。「リング」からのスタッフの力を結集し、前田敦子さん、成宮寛貴さんの主役の二人の呼吸もぴったりで、今、話題の二人が「え、そこまでやってくれるの!?」とこちらもびっくりの体当たり演技を見せてくれてます。共演者の方々との「協奏」も、とてもうまくいったと自負しています。何しろ、ホラー映画を20年近く撮ってきて、監督の私自らが「何度見てもチビりそうになるくらい怖い」場面があるというのは初体験です!請う、大期待です!

hideo-nakata9.jpg


★2013年5月ロードショー★

作品概要
作品名:「クロユリ団地」
監 督:中田秀夫
脚 本:加藤淳也 三宅隆太
主 演:前田敦子 成宮寛貴
製 作:『クロユリ団地』製作委員会
配 給:松竹
企画・制作:日活(日活100周年記念作品)
  
ストーリー 
13年前から謎の死が続く老朽化した集合住宅・『クロユリ団地』。
その事実を知らずに越してきた明日香(前田敦子)は、引っ越した夜から隣の部屋から届く「ガリガリガリ……」という不気味な音に悩まされていた。
そしてある日、連日鳴り続ける目覚ましをきっかけに隣室で孤独死した老人を発見してしまう。その日を堺に明日香の周囲で恐ろしい出来事が次々と起こるように。
老人の死を防ぐことができなかったという罪悪感と度重なる恐怖で精神的に追い詰められた明日香は、隣室の遺品を整理するために来ていた特殊清掃員の笹原(成宮寛貴)の助けを借り、老人が伝えたがっていることを探ろうとするが・・・。


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★日活は2012年が100周年!
100thAnniv_OPEN1.jpg

★100周年でとっておきの100タイトルを続々DVDリリース!
100thDVD2.jpg