映画 『八日目の蝉』 ロケ地・小豆島の夏を楽しもう! ニュースアーカイヴ

[映画]
映画 『八日目の蝉』 ロケ地・小豆島の夏を楽しもう!
2011年07月15日(金曜日)

全国観客動員数100万人を突破した映画 『八日目の蝉』 のロケ地・小豆島をご存知ですか?

小豆島は、香川県の北東部、瀬戸内海のほぼ中央に位置する、備讃瀬戸地域を代表する観光の島で、オリーブ、醤油、素麺などの名産品や、『二十四の瞳』 の舞台としても有名ですが、本年4月に公開された映画 『八日目の蝉』 をキッカケに、今再び注目されているホットな観光地です。

『八日目の蝉』 のシーンにもありますが、「灯せ、灯せ」 と声をかけながら、火手(ほて)を持って棚田のあぜ道を歩く小豆島の伝統行事 「虫送り」 は、実は映画のロケを機に7年ぶりに復活したのです。

新旧の映画のロケ地があり、名産品があり、伝統行事もあり、そして地中海的な明るい雰囲気もある素敵な小豆島で、今年の夏を過ごしてみてはいかがでしょうか?

■ゴスペルナイト ~夏の夜の交歓会~
(瀬戸内国際こども映画祭オープニング)
【日時】 2011年8月21日(日) 19:30~21:00
【場所】 二十四の瞳映画村
【料金】 無料(18:45~入場無料)
詳細はコチラ ↓
candlenight.jpg

■リラックスタイム 瀬戸内・小豆島限定空間「島Yoga 2泊3日の旅」
【日程】 2011年8月20(土)~8月22日(月)
【旅行代金】 おとな1名様67,800円
【ツアー概要】 瀬戸内高級リゾートで過ごすYogaと至福の癒し
【お問合わせ・申し込み先】
Class S・藤本 奈々恵
TEL:090-7784-5709 FAX:0879-62-1657

8semi_mushiokuri.jpg
(C)2011映画「八日目の蝉」製作委員会

『八日目の蝉』

優しかったお母さんは
私を誘拐した人でした