menu
  イントロダクション

音楽が大好きなこと。
人が恋しいこと。
家族が大切なこと。
言葉が違っても、神様が違っても、
国が仲良くなくても、それはおなじ。
エジプトから来た警察音楽隊が、
イスラエルの寂しい町に届けたものは、
そんな当たり前のことが
大事に思える素敵な夜でした。

 
言葉も国境も越えて人と人をつなぐ、
あたたかい一夜がはじまる

主人公は文化交流のためにイスラエルに招かれてやってきたエジプトのアレキサンドリア警察音楽隊。なぜか空港に出迎えはなく、自力で目的地にたどりつこうとするうちに、彼らは一文字間違えてホテルすらない辺境の町に迷い込んでしまう。そこで食堂の美しい女主人に助けられ、地元民の家で一泊させてもらうことに。でも、相手は言葉も宗教も違い、しかも彼らアラブ人と長年対立してきたユダヤ民族。空気は気まずく、話はまったくかみあわない。しかし、一人が「サマー・タイム」を口ずさんだ時、その場の空気が変わってゆく。国を越えて愛されてきた音楽の数々、それが彼らの心を解きほぐし…愛や友情、家族について語り合う、忘れられない一夜がはじまる。
 
遠い国イスラエルから届いた
平和と希望のメッセージ

ユダヤの地にアラブ人が迷い込むという、政治的になりそうな展開から、心あたたまる物語を作り上げたのは、アキ・カウリスマキのようなユーモアとジム・ジャームッシュのような映像感覚を合わせもつイスラエルの新鋭監督エラン・コリリン。イスラエル映画界を代表する名優サッソン・ガーベイとフランスでも活躍するベテラン女優ロニ・エルカベッツを主演に迎え、人々が対話すること、お互いをわかりあうことの素晴らしさをユーモアと優しさをもって描き上げている。いまだ解決の兆しが見えない問題をかかえるイスラエル。その国から世界へ向けて平和への願いを掲げてやってきたのがこの物語なのだ。
 
カンヌ映画祭の審査員も一目惚れ!
世界が賞賛する傑作の誕生

2007年度カンヌ国際映画祭のある視点部門に出品された本作は、国際批評家連盟賞、ジュネス賞、そして映画祭が本作のために特別に設けた“一目惚れ”賞の3冠を勝ち取り、彗星のようなデビューを飾った。その後も世界中の映画祭でさまざまな賞を獲得。イスラエル・アカデミー賞では、作品賞、監督賞を初めとする主要8部門を制覇、米国アカデミー賞(R)にイスラエル代表として出品されることが決定した。
国や民族を超えて、人々がわかりあえる世界であってほしい…わだかまりと諍いに満ちたこの時代に、34歳の新鋭監督が投げかけたメッセージは、イスラエルを席巻し、カンヌを魅了して、今度は海を越え、アメリカへと羽ばたきはじめる。
映画祭受賞歴 第20回東京国際映画祭
 12月中旬シネカノン有楽町2丁目ほか全国順次ロードショー
メインへ戻るぞこのページのトップへ 最新情報 イントロダクション ものがたり 公開劇場 映画の背景 キャスト スタッフ 来日レポート レビュー トップへ戻る