奈緒子
なおこ
2008年2月16日全国ロードショー
走れ、つなげ、疾風になれ。あの伝説のコミック「奈緒子」待望の映画化!
一本のタスキが心を繋ぐ感動の青春ムービーが誕生!
さわやかな風に乗って、奈緒子と雄介の止まっていた“時間”が再び動き出す
長崎県波切島。12歳の奈緒子はその島に喘息の療養で訪れていた。彼女はそこで、走ることが大好きな10歳の少年・雄介と出会う。だが、その出会いは悲しい出来事に変わってしまう。両親と釣り舟で沖合いに出た奈緒子は過って海に落ちてしまい、幼い彼女を助けた雄介の父・健介が命を落としてしまったのだ。幼いが故に、怒りと悲しみを奈緒子にぶつける雄介。その日以来、奈緒子は罪の意識に苦しみ続ける。それから6年、奈緒子は東京で雄介と偶然再会する。雄介は“日本海の疾風”と呼ばれる天才ランナーとして高校陸上界の期待の星になっていた。そんな雄介に奈緒子は、自分が6年前の少女であることを告白するが「もう忘れた」と吐き捨て立ち去った雄介は、短距離から駅伝への転向を発表する。ふたりの複雑な事情を知った波切高校陸上部の西浦監督は、奈緒子をマネージャーとして陸上部の夏合宿に迎え入れる。こうして、奈緒子と雄介、高校駅伝長崎代表を目指す部員たちの夏が始まる……。
日本
製作:日活 小学館 アミューズソフトエンタテインメント IMJエンタテインメント 関西テレビ放送 文化放送
配給:日活
制作プロダクション:日活撮影所
2007
2008/2/16
120分
2008「奈緒子」製作委員会
【長崎県】壱岐市(壱岐島(辰ノ島(=奈緒子の溺れるシーン)、郷ノ浦大橋(=部員の練習場所)、大浜(=合宿でのランニング場所))/長崎市(丸尾地区漁港道路(=県大会のスタート・ゴール地点)、石橋電停、出島橋、眼鏡橋、女神大橋)