ラブゲームは終わらない
(らぶげーむはおわらない)
愛はゲーム ナメラカにスベるようにエッチをしたい。
女優志願・フリーター……が濡れて、弾んで絶頂へびんびん!!
ロマンポルノ・ラストムービー
新鋭金澤克次第一回監督作品。
監督
金澤克次
キャスト
竹田ゆかり、奈良坂敦、滝川真子、ハント敬士、染井真理、阿部雅彦、影山英俊、瀬木一将、塩谷幸之、小池雄介、、【協力】との山連、高瀬将嗣、上田耕一、高橋明、
脚本
藤長野火子
音楽
(山川繁)
その他スタッフ
撮影/野田悌男 照明/田島武志 録音/宮本久幸 美術/石井巌 編集/奥原茂 助監督/及川善弘 
【解説】(公開当時のプレス資料より)
 ”昨日より今日がおもしろくなきゃ”とばかりに、既成の概念にとらわれる事なく、まるでゲームのように人生を楽しむ若者たち。
 本作品では、ファッショナブルな最先端スポットで営業する移動式スタンドバーを中心に、そこに集う様々な若者たちの性態を、流行の風俗を取り入れ、ハチャメチャにそしてエッチに描いた、ライト感覚溢れるドタバタ人間模様ポルノである。と同時に、17年間に及ぶロマンポルノ路線、最後の作品である。
 主演は新人の竹田ゆかり、ただいま20歳。大型のプリプリボディと美形の顔立ちが魅力。現代娘の明るさと、ちょっぴりナイーブな面を爽やかに演じている。
 共演は、明るさいっぱいのご存じ滝川真子に、妖艶さを増した久々の染井真理ら。
 監督は、昭和55年にっかつ撮影所に助監督として入社。以来、様々な現場でもまれ、その能力が見事に認められ、今回初めてメガホンを取る金澤克次。次代を担う、若き映像作家の誕生である。撮影所からの監督デビューは「芦屋令嬢・いけにえ」の池田賢一以来ほぼ2年ぶりである。

製作国:日本
配給:にっかつ
製作年:1988
公開年月日:1988/5/28
上映時間ほか:カラー/74分/ビスタ・サイズ/4巻/2023m

ピックアップサイト Pickup site