黒い下着の女
(くろいしたぎのおんな)
猫のようにじゃれついて
犬のように淫らに吠えて
蛇のように絡み付く
 男と女の暴走白書
監督
斉藤信幸
キャスト
倉吉朝子 山口千枝 吉川遊士 小川亜佐美       
脚本
いどあきお
音楽
甲斐八郎
その他スタッフ
撮影/山崎善弘 照明/田島武志 録音/伊藤晴康 美術/渡辺平八郎 編集/井上治 助監督/児玉高志 
【解説】(公開当時のプレス資料より)
 多額の借金を横領して逃走した男と女が、男の友人宅にころがり込む。女は、生活のためにスナック勤めを始めたが、行きずりの客と一夜の情事に身を焦す多情さ………。しかも、男とのただれた関係も続けている。ところが、ある日、二人の素性が発覚してから、二人は袋小路へ追い込まれていく………。
 ファッションの流行も黒が基調となっている昨今、”黒の時代”を反映した「黒い下着の女」は、インテリ悪女の「白いドレスの女」に対抗して、妖しく挑発的に肢体をくねらせて男に絡みつく多情な女を描いたもの。
 主演は、「スケバンマフィア」シリーズでアクションにも定評ある倉吉朝子。他に、清純な顔だちの中にも、しっかりした存在感の裏付けをもつ演技で評判のフレッシュ・ギャルの山口千枝、現役ロマンポルノ女優陣の中ではキャリア一番となったベテラン・小川亜佐美らの競艶。
 監督は、鋭利な切り口で描く官能ハード派の斉藤信幸。
製作国:日本
配給:にっかつ
製作年:1982
公開年月日:1982/5/14
上映時間ほか:カラー/68分/ビスタ・サイズ

ピックアップサイト Pickup site