帰らざる日々
(かえらざるひび)
めくるめく夏の日の栄光はガラスのようにもろく砕けて-。ほろにがい想い出にうずく青春の傷あと。中岡京平の第三回城戸賞受賞作「夏の栄光」を映画化。
監督
藤田敏八
キャスト
江藤潤 永島敏行 浅野真弓 竹田かほり 根岸とし江 吉行和子 中尾彬 草薙幸二郎 加山麗子 丹波義隆 阿部敏郎 矢野宣 日夏たより 小松方正 成瀬正 若杉透 深見博 高品正広 木島一郎 大平忠行 大竹智子 川島めぐ 小見山玉樹 花田圭祐 青木久夫 槙文孝 朝丘雪路 中村敦夫
脚本
藤田敏八 中岡京平
音楽
石川鷹彦 選曲・音楽構成/アリス    
その他スタッフ
原作/中岡京平(第三回城戸賞入賞作「夏の栄光」より) 撮影/前田米造 照明/新川真 録音/橋本文雄 美術/渡辺平八郎 編集/井上治 助監督/上垣保朗 根岸吉太郎
早朝の新宿駅。飯田行き急行に乗りこむ野崎辰雄の姿があった。突然おとずれた父・文雄の死が六年振りの帰郷を促したのである。1972年の夏、辰雄の母・加代は、若い女のもとに走った夫・文雄と別居し、母一人子一人の生活を送っていた。当時高校三年の辰雄は、仲間たちとの溜まり場だった喫茶店の真紀子に密かに思いをよせていた。そんな辰雄の前に真紀子と親しげな同じ高校の隆三が現われ、辰雄はショックをうける。隆三に挑む機会をうかがっていた辰雄は、マラソン大会の日に隆三とデッドヒートを繰り広げるが、かわされてしまう。数日後、辰雄の気持を知った隆三はからかうが、隆三と真紀子がいとこ同士と知らずムキになる辰雄に、隆三は少しずつ好意を持ちはじめていた。高校卒業後は東京に出ようとしている辰雄、学校をやめて競輪学校に入る夢を持つ隆三、そして真紀子の三人は徐々に友情を深めていった。しかし、ある盆踊りの夜、1年も前からつきあっている妻のいる男の子を宿していることを真紀子から知らされ、辰雄と隆三は裏切られた思いで夜の闇へ消えていった・・・。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1978
公開年月日:1978/8/19
上映時間ほか:カラー/99分/ワイド・サイズ
© 日活

ピックアップサイト Pickup site