昭和やくざ系図 長崎の顔
(しょうわやくざけいずながさきのかお)
渡哲也と安藤昇の異色の初顔合わせが話題を呼んだやくざアクション。一家再興のために三代目を襲名する道を選んだ青年が、宿敵の新興やくざと対決する。
監督
野村孝
キャスト
高間慶二=渡哲也/郷鍈治 斎藤加代子=益田ひろ子 葉山良二/松井邦光=青木義朗 松田政夫=高城淳一 淵野義一=杉江廣太郎 清水元/斎藤千代=新井麗子 平田トヨ=原恵子 流しの五郎=長浜鉄平 高間組員=伊豆見雄 松井興行幹部=大浜詩郎 高間組員=荒井岩衛 観光ホテル青雲閣支配人=柳瀬志郎/的場三郎=佐藤了一 刺客=高橋明 小林亘 松井興行幹部=高本一夫 青木敏夫 高間組員=熱海弘到 中平哲仟 松井興行乾分=瀬山孝司/高間組員=榊功 荒木敏夫 佐々木時義 吉沢敏夫 所作指導=笛田直一 技斗=高瀬将敏、渡井嘉久雄 歌手=内山田洋とクールファイブ(RCA・ビクター) 歌手=土門剛 歌手=ディック・ミネ(テイチク)/平田新吉=嵐寛寿郎 斎藤重作=水島道太郎/小岩竜吉=安藤昇 (以下クレジットなしプレス記載)小宮鉄男=藤竜也 鴨井健児=晴海勇三  
脚本
池上金男
音楽
松浦三郎 
その他スタッフ
原作/中村幸也(長崎新聞連載「長崎の顔」) 撮影/峰重義 照明/三尾三郎 録音/秋野能伸 美術/松井敏行 編集/鈴木晄 助監督/三浦朗 製作主任/岡田康房 
高間組の跡継ぎ、高間慶二が刑期を終えて長崎に帰ってきた。長崎の街は想像以上に変わり果て、高間組が持っていた興行権も今や新興やくざの松井組に奪われていた。慶二には刑務所に入る前から恋人・加代子がいて、慶二が堅気の世界に戻るよう願っていた。だが慶二は加代子の反対を押し切って、組を立て直すために三代目を襲名することを決心する。そして三代目襲名披露にあたって興行を打つことになり、東京から九州一円の親分衆が協力を約束してくれた。だがそれを知った松井は内心面白くなく、ことごとく邪魔立てをするのだった。しかし慶二は、松井組にどのような邪魔をされても間違いを起こしてはいけない、と子分たちに固く言い聞かせた。そんな時、松井組に関東を所払いになった小岩竜吉がわらじを脱いだ。松井組の高間組に対する妨害は日に日に強くなり、怪我人が出るまでにエスカレートした。だが慶二は歯を食いしばって我慢した。そんな慶二の根気強さに業を煮やした松井は、小岩を使って慶二を殺そうと企てる。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1969
公開年月日:1969/10/18
上映時間ほか:カラー/94分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2605m
© 日活

ロケ地

【長崎県】長崎市(長崎駅、長崎市民公会堂、浜市観光通り商店街、思案橋、観光ホテル青雲閣、長崎大学、オランダ坂、グラバー邸、平和公園、爆心地記念碑、料亭花月、眼鏡橋、鍛冶市商店街、大浦の異人館、浦上天主堂、長崎港、興元寺、稲佐山レストハウス、稲佐山ロープウェイ)/大村市(大村空港)
※長崎市街の雑踏場面で、渡哲也と一緒に三浦朗(助監督、のちプロデューサー)が歩いているのが確認できる。

ピックアップサイト Pickup site