私が棄てた女
(わたしがすてたおんな)
すべてを与え、すべてを捧げて棄てられた女の一生-。偽りの現代を痛烈に断罪する告発ドラマ!
監督
浦山桐郎
キャスト
吉岡努=河原崎長一郎 三浦マリ子=浅丘ルリ子 森田ミツ=小林トシエ 大野義雄=小沢昭一 森田八郎=加藤武 森田キネ=岸輝子 清水修一=辰巳柳太郎 三浦ユリ子=加藤治子 深井しま子=夏海千佳子 医者A=佐野浅夫 刑事=露口茂 老人ホーム園長=早野寿郎 清水修造=大滝秀治 長島繁男=江守徹 浜村純 清水由起子=坂口美奈子 清水綱子=織賀邦江 清水友枝=北原文枝 清水修巳=中村孝雄 武隈=江角英明 太田=山根久幸 田中佐代子 看護婦A=黒田絢子 堀越節子 多田幸雄 亀山靖博 披岸喜美子 加納愛子 椎名伸枝 高山千草 原恵子/渡辺慧子 鈴村益代 高樹蓉子 清水千代子 清水一郎=島田博 佐々木義信 園田健夫
脚本
山内久
音楽
音楽/黛敏郎 
その他スタッフ
原作/遠藤周作(「わたしが棄てた女」講談社版) 撮影/安藤庄平 照明/岩木保夫 松下文雄 録音/紅谷愃一、神保小四郎 美術/横尾嘉良 深民浩 編集/丹治睦夫 助監督/斎藤光正 製作主任/長谷川朝次郎 スクリプター/中川初子   
自動車の部品会社に勤める吉岡努は、清水専務の姪マリ子との結婚に思い悩んでいた。それは田舎出で苦労してきた彼にとって将来の出世を約束される道であったが、かつては学生運動に青春の火をたぎらせた自分が、いまは刹那的な快楽と利益を追うホワイトカラー族の一人になっている・・・。ある夜、努は下宿仲間と飲み、クラブの女を抱いた。その女から彼はミツの噂を聞いて愕然とした。ミツは努が学生時代に遊び相手として見つけた田舎出の女工だった。愛情もなく、肉体だけのつながり、将来への希望は何もない。努はミツの身体を楽しむだけ楽しんだ上、海岸におきざりにして逃げ、下宿も変えてしまった。ミツがその後、努の子供を中絶したことなど知る由もなかった。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1969
公開年月日:1969/9/3
上映時間ほか:パールカラー/116分/シネマスコープ・サイズ/10巻/3174m
© 日活

ロケ地

【東京都】品川区(五反田)/世田谷区(成城学園)/台東区(上野動物園) 
【神奈川県】葉山町/逗子市 
【福島県】

ピックアップサイト Pickup site