野獣を消せ
(やじゅうをけせ)
日活ニュー・アクションの旗手・長谷部安春監督によるハードボイルド・バイオレンス。セックスと暴力が渦巻く基地の街で復讐にたぎる男を描く。主演の渡哲也、チンピラ役の藤竜也、尾藤イサオのギラギラとした魅力が画面から迸る!
監督
長谷部安春
キャスト
浅井徹也=渡哲也 矢田=藤竜也 佐土=川地民夫/能呂=尾藤イサオ 丸木=杉山俊夫 山室恭子=藤本三重子(キング) マリ=集三枝子/ビル=山野俊也 婚約者=山根久幸 吉岡ゆり 太郎=城アキラ/刑事部長=雪丘恵介 青木富夫 クラブの支配人=長弘 中年の客=玉村駿太郎 税関員=神山勝 鴨田喜由/平塚仁郎 牧まさみ マイク・ジョンソン ライナー・ゲスマン 振付=漆沢政子 ドラマー=荒川一郎 技斗=高瀬将敏/小野田信造=鶴丸睦彦 山室剛平=清水将夫  
脚本
永原秀一 中西隆三
音楽
音楽/坂田晃一 主題歌=「ワイルドクライ」唄 尾藤イサオ
その他スタッフ
撮影/姫田真佐久 照明/松下文雄 録音/橋本文雄 美術/木村威夫 編集/鈴木晄 助監督/藏原惟二 製作主任/長谷川朝次郎 色彩計測/佐藤重明 東洋現像所
プロ・ハンターの浅井徹也がアラスカから2年ぶりに帰国してみると、妹・里子が何者かによって殺されていた。徹也が悲しみを吹き飛ばすようにオートバイを走らせていると、不良グループに絡まれている山室恭子と出会い助ける。不良グループのメンバー・矢田、能呂、佐土、ビル、マリはヤミ酒をバーに卸し、売りつけるあくどい商売をし、人を脅しては金銭を巻き上げていた。その悪行はエスカレートし、恐ろしさに誰もが手を付けられない状況だった。そんな折、恭子が再びグループに捕まってしまう。それを知った徹也はライフルを構えて矢田の根城に乗り込むが、自らも捕まってしまう。その後、矢田は恭子の父親に身代金二千万円を要求。だが受け取った二千万は札束に似せた白紙のものだった。怒った矢田は恭子に暴行を加え、恭子の叫び声を隣室で聞いた徹也は何の手出しも出来ずうめくだけであった。だがその時、ビルがしているペンダントが妹・里子のものであることに気付く。里子は矢田に犯され、殺されたのだ。その事実を知った徹也は怒りに狂い、復讐の機会を探るのだった。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1969
公開年月日:1969/2/22
上映時間ほか:カラー/84分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2292m
© 日活

ロケ地

【東京都】大田区(羽田空港)

ピックアップサイト Pickup site