無頼 人斬り五郎
(ぶらいひときりごろう)
会長を刺して入獄した五郎が、会の後継者たちの非道と闘う姿を描くアクション巨篇。好評、渡哲也の「無頼シリーズ」第四弾。
監督
小澤啓一
キャスト
藤川五郎=渡哲也 磯村由起=松原智恵子/林田しのぶ=小林千登勢 魚屋・与作=谷村昌彦 名振会幹部・黒松=深江章喜 石丸鉄男=岡崎二朗/林田昌彦=藤竜也 名振会幹部・大羽=高宮敬二 美津子=殿岡ハツエ 宇野=杉江広太郎/大滝秀治 伊藤寿章 西条苗子=秋とも子 野村=雪丘恵介 ボイラーマン=河上喜史朗/久遠利三 柴田=長浜鉄平 市村博 山岡=吉田武史 森みどり 堺美紀子/田畑善彦 辻=中平哲仟 式田賢一 根本義幸 岩手征四郎 塚口=高橋明/溝口拳 前田武彦 小島克巳 洋子=沢真理 刺青=河野光揚 技斗=渡井嘉久雄/白山周介=佐藤慶 海藤賢作=小池朝雄 牧野昇次=南原宏治
脚本
池上金男 小澤啓一
音楽
音楽/坂田晃一 主題歌=「無頼 人斬り五郎」作詩 滝田順 作曲 伊部晴美 唄 渡哲也
その他スタッフ
原作/藤田五郎(或る暴力団幹部のドキュメント「無頼」南北社刊) 撮影/高村倉太郎 照明/熊谷秀夫 録音/福島信雅 美術/川原資三 編集/井上治 助監督/澤田幸弘 製作主任/長谷川朝次郎 色彩計測/舟生幸 現像/東洋現像所
昭和30年頃。名振会との出入りがもとで刑務所に服役中の藤川五郎に、仮出獄の許可がおりた。一緒に服役していた弟分の林田は死んでしまったが、死の直前に姉しのぶのことを五郎に頼んだ。五郎は林田の故郷に行き、しのぶの勤務先の劇場を訪ねたが、3年前にストリップ小屋になっており 、しのぶはいなかった。しのぶの身を案じた五郎は、この土地に残ってホテル三河にボイラーマンとして住みこむことにした。そこで五郎は、この土地に向かう途中で知り合った由起という女性に逢った。彼女の父は、名振会のヤクザに殺されたのだという噂されていた。ホテルに五郎がいると聞いた名振会幹部・白山は「人斬り五郎だ」と言って会長の牧野を震えあがらせた。前会長は、五郎に息の根を止められたからだ。その話を聞いた子分・大羽は、ホテルに嫌がらせをした。由起にもとばっちりがいき、また素性が知れたため、五郎はホテルを去った。街を歩いていた五郎は、由起が今度は名振会の黒松から嫌がらせされているのに出くわし、乱斗になった。その乱斗を収めてくれた顔なじみ・白山から、しのぶが赤線にいるとを聞いた五郎は、彼女に出来る限りのことをしようと心に誓った。赤線の出口では、由起が五郎を待っていた。帰るところがない二人は、ストリップ小屋の主・海藤の世話になった。由起は日増しに五郎を好きになっていたが、五郎は冷たくあしらうのであった。一方、五郎が海藤のところにいると聞き色めき立った名振会では、由起を囮に五郎をおびき出そうと計画し…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1968
公開年月日:1968/11/2
上映時間ほか:カラー/88分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2388m
© 日活

ロケ地

【愛知県】三河地方(吉良吉田町愛知塩業組合の塩田)、伊良湖三崎、三ヶ根山/西尾市(吉良)/東浦町(三河石浜駅)

ピックアップサイト Pickup site