わが命の唄 艶歌
(わがいのちのうたえんか)
艶歌にとりつかれたディレクターが、苦難の道を歩み新星歌手を育てあげる!五木寛之原作の歌謡娯楽大作にクラウン・レコードのスターが顔を揃え、豪華歌謡オンパレード!
監督
舛田利雄
キャスト
津上卓也=渡哲也 森美矢子=松原智恵子 眉京子=水前寺清子(クラウン) 森亜矢子=牧紀子 ミリオンレコード社長・野川=清水将夫 ミリオンレコード専務・高根=山内明 作曲家・雨宮=青木義朗 露木隆一=藤竜也 青山浩二=団次郎(新人) 弘報社重役・西条=松下達夫 木浦佑三 流しの男A=杉山俊夫 流しの男B=野呂圭介 ミリオンレコード製作第一課長・安東=弘松三郎 雪丘恵介 伊藤寿章 新井麗子 鴨田喜由 紀原土耕 加原武門 ミリオンレコード営業部長・宮部=久遠利三 宮原徳平 神山勝 木島一郎 黒木佑 野村隆 小柴隆 糸賀靖雄 島村謙二 東郷秀美 吉田武史 露木護 里実 浜口竜哉 玉井謙介 大庭喜儀 水川国也 本目雅昭 矢頭昌宏 桂小かん 押見史郎 有村道宏 岩手征四郎 小林利三 佐々木みどり 清水千代子 横田楊子 一節太郎(クラウン) 笹みどり(クラウン) 美川憲一(クラウン) 青山ミチ(クラウン) 泉アキ(クラウン) 葵ひろ子(クラウン) 黒沢明とロス・プリモス(クラウン) 黒沢正信=佐藤慶 高円寺隆三=芦田伸介 
脚本
池上金男
音楽
音楽/伊部晴美 安藤実親 主題歌=クラウンレコード「艶歌」作詩 星野哲郎 作曲 安藤実親 唄 水前寺清子 「バラの恋」作詩 水島哲 作曲 島崎純 唄 団次郎 挿入歌=「男でよいしょ」「いっぽんどっこの唄」唄 水前寺清子 「浪曲子守唄」唄 一節太郎 「花はゆるがず」唄 笹みどり 「柳ヶ瀬ブルース」唄 美川憲一 「男ブルース」唄 青山ミチ 「夕焼けのあいつ」唄 泉アキ 民謡「花笠音頭」歌 葵ひろ子 「雨の銀座」唄 黒沢明とロス・プリモス 「海鳴りの宿」唄 研良太郎
その他スタッフ
原作/五木寛之(講談社版) 撮影/高村倉太郎 照明/熊谷秀夫 録音/福島信雅 美術/木村威夫 編集/井上親彌 助監督/村川透 製作主任/戸倉寿 スクリプター/熊野煕子 色彩計測/舟生幸 東洋現像所
コピーライターの津上卓也が森亜矢子と床を共にした日、彼女は死んだ。嘆き悲しむ津上を上司の黒沢は慰めるが、津上とともに苦労して作り上げたCMが出来上がった時、黒沢は退職し東洋テレビに転職した。やがて黒沢に呼ばれた津上は、東洋テレビでCM音楽のディレクターになった。三年経った頃、黒沢に誘われた津上はレコード会社のディレクターになる決心をし、レコード界の大先輩・艶歌の竜こと高円寺隆三のカメラ・ルポを見て、研究した。ミリオン・レコードに正式入社した津上は、そこで黒沢の秘書をしている美矢子が、亜矢子の妹だと知るが、美矢子は津上を憎いと言う。やがて高円寺の助手についた津上は、これまで批判的だった“艶歌”に、知らず知らずのうちに惹かれる自分に気づいた。そんな時、津上と高円寺は流しで唄う京子に会う。その唄のうまさに惹かれた高円寺は京子を育てると言う。一方、津上を一人前のディレクターにしたい黒沢は津上を高円寺から離し、新人歌手を育てるよう言いつける。高円寺の抱える“眉京子”と津上の抱える“青山浩二”の競争がはじまった―。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1968
公開年月日:1968/5/29
上映時間ほか:カラー/109分/シネマスコープ・サイズ/10巻/2983m
© 日活

ロケ地

【東京都】中央区(銀座)/▲競馬場

ピックアップサイト Pickup site