七人の野獣 血の宣言
(しちにんのやじゅうちのせんげん)
三億円の現ナマをめぐり、自家製戦車まで繰り出して、あの手この手の攻防戦をみせるスリルとユーモアの娯楽アクション。シリーズ第2弾。
監督
江崎実生
キャスト
木戸次郎=丹波哲郎 ジョウ=宍戸錠/辺見=岡田真澄 太田直次郎=小池朝雄 山本陽子/ユリ=弓恵子 芹沢=高品格 鉄=郷鍈治 小高雄二/片山=青木義朗 大黒=富田仲次郎 アキコ=浜川智子 伊達=深江章喜/署長=河上喜史朗 榎木兵衛 大黒の部下1=木島一郎 大黒の部下2=黒田剛 加原武門/小柴隆 桂小かん 柴田新三 矢頭昌宏 近江大介 森みどり/溝口拳 片岡正弘 林田博 フランツ・グルーベル 振付=漆沢政子 技斗=渡井嘉久雄 (以下クレジットなしプレス記載)青山主任=小林昭二 大黒の部下3=有村道宏 大黒の部下4=小川国也 大黒の部下5=大浜詩郎
脚本
江崎実生
音楽
音楽/山本直純 
その他スタッフ
撮影/安藤庄平 照明/藤林甲 録音/沼倉範夫 美術/千葉和彦 編集/鈴木晄 助監督/曽我仁彦 製作主任/松吉信幸    
かつて三億の現ナマをめぐって大騒動を起こした木戸をリーダーとする“七人の野獣”が、再び別の三億円強奪計画を立てた。それは、破産寸前の芸能プロモーター大黒が、競馬レースの利益金約三億金を奪おうとしているのを横どりしてしまおうという計画。一同は大黒やレースについて綿密に調べると、まずは外国人に化けた辺見が大黒邸に乗り込み、アイス・ショウ日本公演の委嘱を持ちかけて大黒たちを喜ばせた。金のあてがない大黒たちは、競馬場からニセ輸送車を走らせて護衛の白バイの目をごまかす計画を企てる。この計画を読み解いた木戸たちは、さらにそれを襲って三億円を奪おうという仕掛けだ。共同計画は立った。しかし、ムラ気の多い辺見と直次郎、兄弟分の芹沢と鉄はそれぞれ手を組み、三億円を猫ババしようとたくらんでいた-。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1967
公開年月日:1967/10/21
上映時間ほか:カラー/91分/シネマスコープ・サイズ/9巻/2497m
© 日活

ロケ地

【東京都】中央区(晴海ふ頭)/品川区(大井競馬場)/大田区(羽田空港)/▲競艇場、▲ヨットハーバー)

ピックアップサイト Pickup site