紅の流れ星
(くれないのながれぼし)
口笛を吹きながら人を殺し、女にモテ、無法の街をゆくカッコいい男―ヤクザの宿命を背負った男の半生を描く渡哲也の痛快アクション巨篇。
監督
舛田利雄
キャスト
杉浦五郎=渡哲也 白川啓子=浅丘ルリ子 竹越喜一=杉良太郎 駒子=奥村チヨ(東芝) ユカリ=松尾嘉代 黒田=谷村昌彦 小島=山田真二 宇須刑事=藤竜也 大沼=深江章喜 ママさん=富永美沙子 石井富子 カビ=ケン・サンダース 親分・関=山田禅二 田辺=杉江弘 ヤクザ=榎木兵衛 三宮警察主任=木島一郎 加島=久遠利三 チョン=市村博 ピー助=亀山靖博 兜木美鈴 長浜哲平 里実 荒井岩衛 高橋明 山之辺潤一 村上和也 六甲山ホテルのボーイ=東郷秀美 吉田武史 バイラー=有村道弘 根本義幸 六甲山ホテルのボーイ=浜口竜也 前田武彦 方言指導=石堂洋子 技斗=渡井嘉久雄 沢井=宍戸錠
脚本
池上金男 舛田利雄
音楽
音楽/鏑木創 挿入歌=東芝レコード「北国の青い空」東芝音楽出版株式会社提供 唄 奥村チヨ
その他スタッフ
撮影/高村倉太郎 照明/熊谷秀夫 録音/福島信雅 美術/木村威夫 編集/井上親彌 助監督/小沢啓一 製作主任/岡田康房 スクリプター/熊野煕子 特殊撮影/日活特殊撮影部 色彩計測/舟生幸 東洋現像所
加島組の親分を射殺し東京からを逃げてきた五郎(渡哲也)は、神戸の関興業の用心棒に納まっていた。酒に女に不自由のない気ままな生活だが、刑事や加島の仇と五郎を狙う奴らの目を警戒せねばならなかった。ある日、関と取引きしていた宝石商の小島が行方不明になり、婚約者と名乗る啓子が五郎を訪ねてきた。啓子に興味を覚えた五郎は共に小島探しに駆け回ることになったのだが、いつしか彼女を徐々に愛するようになってしまった。そんな中、六甲山麓で発見された死体が小島であること、犯人が関と、幹部の田辺であることが発覚するのだが…。
【動画配信】
>>GooglePlay
>>YouTube
>>Amazon
>>ビデオマーケット
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1967
公開年月日:1967/10/10
上映時間ほか:カラー/97分/シネマスコープ・サイズ/9巻/2667m
© 日活

ロケ地

【東京都】大田区(羽田空港) 
【兵庫県】神戸市(元町、神戸港・麻耶埠頭・桟橋、諏訪山、三ノ宮駅、三ノ宮ガード下、南京街、福原、六甲山ホテル)

ピックアップサイト Pickup site