花を喰う蟲
(はなをくうむし)
現代の社会とモラルに挑戦し、すさまじい人間の執念とセックスを斬新なキャメラ・アイで描いた黒岩重吾原作の映画化異色篇。
監督
西村昭五郎
キャスト
香本雅樹=二谷英明 青木奈美=太地喜和子 白井=小高雄二 五井裕一=花ノ本寿 斉村妙子=太田雅子 高富絹子=月丘千秋 花守=深江章喜 沖本=飯沼慧 審査員=上田吉二郎 陸宗夫=郷鍈治 デザイナー=新井麗子 葵三津子 モデルA=山田実子 モデルB=西原泰江 渡辺節子 椿麻里 ユキ=吉田志津子 佐々木景子 村田寿男 澄田浩介 石川恵一 押見史郎 宣伝部員=田中滋 亀公=中村上治 司会者=広瀬優 エレクトーン演奏=竹内葉子 協力=山野路子 斉村唯夫=富田仲次郎 佐伯=浜村純 五井惣一=清水将夫
脚本
中島丈博
音楽
音楽/山本直純 
その他スタッフ
原作/黒岩重吾(新潮社版) 撮影/安藤庄平 照明/吉田協佐 録音/片桐登司美 美術/千葉和彦 編集/辻井正則 助監督/武田靖 製作主任/杉山暢孝 スチール/寺本正一 監督助手/馬越安彦 桑山朝夫    
不良女工の奈美は、仲間の陸たちと横浜で狂ったように遊び呆けていた。生活のすべてに退屈し、刺激を求めて黒人に喧嘩を売った彼女らは警官に追われたが、都会的な中年紳士・香本に助けられた。あどけない美貌のなかに時折ちらつく小悪魔的な影、しなやかな肢体-奈美に興味を持った香本はナイトクラブに案内し、ついにはホテルにまで連れ込んだが、彼女の身体には指も触れずに去った。しかし香本はこの時「より美しく、そしてえらくなりたいなら俺のところへ来い」と囁いていた。その一言に魅せられた奈美は数か月後、見違えるように美しくなり、香本の狙い通り数々のミス・コンテストで栄冠を勝ちとっていくが-。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1967
公開年月日:1967/6/15
上映時間ほか:モノクロ/91分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2730m
© 日活

ロケ地

【山梨県】山中湖

ピックアップサイト Pickup site