殺しの烙印
ころしのらくいん

アクションのエース・宍戸錠を主演に迎え、“失敗は死”という宿命を背負いながらNo.1の地位を目指す殺し屋たちの姿をスリリングかつスタイリッシュに描いたハード・ボイルドアクション!

プロの殺し屋NO.3にランクされている花田五郎は、昔の仲間・春日の頼みで報酬五百万の仕事の片棒を引き受けた。依頼主は藪原と言い、ある組織の幹部を護送するのが仕事だった。ハイウェイで、後を追うようについてくる車に花田は銃を握りしめ、春日は汗びっしょりでハンドルをにぎった。だがその車は、何事もなく追い抜いていった。後部座席の男は、顔色ひとつ変えず悠然と煙草をふかしている。花田と春日は男の正体を知らなかったが、この男こそNo.1の殺し屋・大類進だった。車が山道にさしかかったころ、花田たちは突然銃弾の嵐を浴びた。大類の命を狙うNo.2の佐倉とNo.4の高らの一味だった。春日は高の銃弾の前に倒れ、高も春日の捨身の一発に倒れた。佐倉と一対一の対決の末、花田は佐倉を射止めた。残った一味の連中は、大類の銃弾の前に屍の山を作った。その見事な腕前に花田は愕然とした。大類を無事目的地に送り家に戻った花田は、妻・真実との愛欲に狂った。ある日、ふたたび薮原から殺しの依頼がきた。四人殺ってほしいという注文に、花田は自分の持つ最高のテクニックで次々と消していった。あと一人で今度の仕事は完了だ。そんなとき花田の元へ美沙子という女が訪ねてきた。最後の一人の殺害に手間どっている花田に、藪原が使者として寄こした組織の殺し屋の一人だった。最後の一人の殺害チャンスがなかなかつかめず、美沙子が連れ出したときに狙うという非常手段に出た。だが結果は、失敗した。殺し屋に失敗はゆるされない。花田は組織から命を狙われるようになった…。

日本
製作:日活 配給:日活
1967
1967/6/15
モノクロ/91分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2514m
日活
【東京都】大田区(羽田空港)/台東区(御徒町駅・ホーム)/文京区(後楽園ジム)