燃える雲
(もえるくも)
渡哲也が空のガードマンと呼ばれる航空検察官に扮して大暴れする痛快アクション。後に『野良猫ロック』シリーズなど日活ニューアクションの傑作を放つ長谷部安春が、藤井鷹史の名で脚本に参加している。
監督
野村孝
キャスト
朝日奈隆=渡哲也 貝塚文男=高橋英樹/黒田健=宍戸錠 宗方一郎=二谷英明 森山冴子=十朱幸代/立花=深江章喜 久保=黒木佑(新人) 八代マチ子=浜川智子 林泰三=大滝秀治 江見京子=斉藤チヤ子 増沢=郷鍈治/秋山=庄司永建 中国人の客=榎木兵衛 ××航空機関士=柳瀬志郎 ××航空副操縦士=長弘 極東航空幹部B=河野弘 工事現場主任=宮原徳平 極東航空幹部A=雪丘恵介/××航空乗客=鏑木はるな 羽田管制官=小柴隆 村井健二 極東航空機関士=平塚仁郎 熱海弘到 フェニックス・バーテン=吉田武史 電波管理局担当官=久遠利三/福田夫人=谷川玲子 大谷木洋子 島みどり=中庸子 ××航空スチュワーデス=西原泰江 萩道子 航空指導=中馬穣 技斗=高瀬将敏/張志景=内田良平 機長=葉山良二 福田=池部良
脚本
藤井鷹史 小川英 蘇武道夫
音楽
伊部晴美 
その他スタッフ
原作/福本和也(「航空検察官」(東方社刊)より) 撮影/峰重義 照明/土田守保 録音/古山恒夫 美術/松井敏行 編集/鈴木晄 助監督/須賀英輔 製作主任/松吉信幸 
事故で会社を追われた極東航空の副操縦士・朝比奈隆は工事現場で働きながらも、空への憧れを捨てきれないでいた。そんな時、航空検察官事務所の宗方課長から声をかけられ、航空検察官として働くことになる。航空検察官とは、密輸やあらゆる悪事で不法侵入してくる怪飛行機を取り締まる空のガードマンだ。朝比奈は勤務まもなく、バンコクから密航してきた正体不明の女が空港で射殺された事件を担当する。殺されたのは香港で失踪したショーダンサーで、背後に大がかりな密輸組織があるようだった。航空検察官の秋山と久保は殺されたダンサーと関係のあったエンジェルプロを調査し、朝比奈はあるクラブで踊るマチ子を調べた。しかしその様子はクラブの社長・林や黒田、エンジェルプロの社長・立花に筒抜けで、朝比奈は立花の用心棒・増沢に狙われてしまう。一方、香港に飛んだ航空検察官の貝塚から、事件の鍵を握るヤンミンが来日するとの連絡が入った。立花は踊り子を海外へ送り出し、ヤンミンがそれをさらって売り飛ばしていたのだ。ところが立花とヤンミンは黒田が雇った殺し屋・張志景に狙撃されてしまう。数日後、日本上空に怪飛行機が侵入。超低空で逃げ回る怪飛行機を朝比奈が目も覚めるような追跡飛行で着陸させるが、乗っていたのは黒田だった…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1967
公開年月日:1967/5/3
上映時間ほか:カラー/93分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2549m
© 日活

ロケ地

【東京都】大田区(羽田空港(管制塔、滑走路))/調布市(調布飛行場)
【富山県】富山市(富山空港・滑走路) 

ピックアップサイト Pickup site