大巨獣ガッパ
(だいきょじゅうがっぱ)
日活特撮陣が技術の粋を集め、自信をもって放つ特撮怪獣映画第1弾!大巨獣ガッパ親子の愛情と日本各地での暴れぶりを描く痛快娯楽巨篇。
監督
野口晴康
キャスト
黒崎浩=川地民夫 小柳糸子=山本陽子 殿岡大造=小高雄二 町田=和田浩治/ジョージ・井上=藤竜也 船津社長=雪丘恵介 かもめ丸船長=山田禅二 長老=加原武門 新聞記者1=杉江弘 細田=弘松三郎/陸司令=長尾敏之助 教授=神山勝 録音技師=桂小かん 長弘 大山=押見史郎 相原=大谷木洋子 対策本部長=河野弘/島民1=峰三平 新聞記者4=小柴隆 島民2=玉井謙介 新聞記者3=里実 島民3=松丘清司 新聞記者2=伊藤浩 三谷忠雄 島村謙二/漆沢政子 森みどり 橘田良江 ダンシングチーム=深町真喜子 平塚ひろみ サキ=町田政則 潜水艦乗務員=マイク・ダニーン ルイチ・フィダンサ ポール・シューマン/メス・ガッパ=三杉健 メス・ガッパ=戸波志朗 オス・ガッパ=熱海弘到 オス・ガッパ=小永井孝 小山政則 松丘英憲 花柳萬利助 振付=漆沢政子 
脚本
山崎巌 中西隆三
音楽
音楽/大森盛太郎 主題歌=クラウンレコード シート・クラウン ミュージックブック「大巨獣ガッパ」作詩 一条ひかり 作曲 米山正夫 歌 美樹克彦 「がんばれ仔ガッパ」作詩 中原良 作曲 大森盛太郎 歌 ダニー飯田とパラダイスキング
その他スタッフ
原作/原案/渡辺明 撮影/上田宗男 照明/土田守保 録音/高橋三郎 美術/小池一美  編集/辻井正則 助監督/小沼勝 製作主任/小石次彦 特殊撮影 撮影/柿田勇 金田啓治 中村義幸 照明/高橋勇 色彩計測/小川喜久夫 美術/山本陽一 色彩計測/永塚各一郎 現像/東洋現像所
雑誌記者の黒崎浩、カメラマンの小柳糸子、そして生物学の助教授・殿岡ら探検隊一行は、雑誌の発刊5周年に向けた夢の実現のため、船津社長の命を受けて珊瑚礁に囲まれた南海の孤島オベリスク島に上陸した。原住民たちは、日本人の到来によりガッパの怒りが鎮まると、歓声をあげて踊り出した。翌日、一行は片言の日本語を話すサキ少年の案内で、密林へ入った。巨大な石像が立つ絶壁の山肌に近づいた次の瞬間、激しい地響きとともに巨大像がくずれ落ち、洞窟ができた。その奥には美しい湖があり、岩棚には巨大な白い卵が転がっていた。巨卵が割れると、中から身長2メートル半、シャモに似た大きな頭でワニのような鱗のある太い胴体と四つ足、そして前足から尾にかけて長い羽根をもった爬虫類の幼虫のような怪獣-ガッパの子どもが出てきた。黒崎は珍しい獲物に大喜びし、ガッパの怒りを恐れる原住民の制止も聞かず、日本へ持ち帰ってしまった。一行がオベリスク島を離れて間もなく、身長70メートルの大巨獣、親ガッパが子ガッパを連れ去られた怒りで部落を踏みつぶし、島は一変してしまった。そのころ日本では子ガッパの脳波テストが行われ、遠い仲間に現在地を伝える能力をもっているという診断結果に、黒崎は不吉な予感を抱いた。その予感は的中し、オベリスク島を壊滅させた巨大な親ガッパ2匹は凄まじいスピートで海を走り、空を飛び、子ガッパのいる日本へ一路ばく進。ついに日本に姿を現すと、まずは熱海で大暴れを始めた…。
【動画配信】
>>GooglePlay
>>YouTube
>>hulu
>>ビデオマーケット
>>DMM
>>GyaO!ストア
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1967
公開年月日:1967/4/22
上映時間ほか:カラー/84分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2291m
© 日活

ピックアップサイト Pickup site