骨まで愛して
(ほねまであいして)
函館を舞台に、ヤクザから足を洗おうとする青年と激しい恋心を燃やす女の切なさをムードいっぱいに描くロマンチック・アクション超大作。城卓矢の同名大ヒット曲の映画化。
監督
斎藤武市
キャスト
加納誠=渡哲也 小川ちよ=松原智恵子 神林あや子=浅丘ルリ子/圭子=浜川智子 哲=郷鍈治 藤崎=近藤宏 相川=深江章喜 中国人=弘松三郎 浩一=杉江弘 小川=北竜二/石岡=河上喜史朗 サブ=市村博 刑事=宮原徳平 運び屋=青木富夫 小料理屋女将=福田トヨ 黒田=柴田新三 吉田=木島一郎/青木組子分A=島村謙二 五郎=吉田毅 藤崎組子分A=沢美鶴 藤崎組子分B=田畑善彦 牧夫A=桂小かん 船員風の男=水川国也 竜=山口吉弘 青木組子分B=本目雅昭/伊藤浩 秋山耕志 浜口竜哉 大庭喜儀 澄田浩介 支配人=三谷竜男 牧夫B=田中滋 立川博/加藤ヒロ実 大谷木洋子 内海錠二 ボーイ=園田健夫 山本=廣瀬義彦 振付=天宮輝 技斗=高瀬将敏/城卓矢=城卓矢(東芝) 青木=金子信雄 ダイスの政=宍戸錠  
脚本
川内 康範
音楽
小杉太一郎 
その他スタッフ
原作/川内康範 撮影/萩原憲治 照明/大西美津男 録音/秋野能伸 美術/坂口武玄 編集/近藤光雄 助監督/丹野雄二 製作主任/牛山正夫 スクリプター/白鳥あかね
夜務に包まれた港・横浜。ここに根をはる麻薬密輸グループ青木組は、中国人との重大な取引きを控えていた。地下の賭博場で鮮やかなダイス捌きを見せていた青木の一番乾分・加納誠はブツ到着の知らせを受け、いつになく浮かぬ表情で腰を上げた。この仕事を最後に足を洗い、親分の情婦になっている神林あや子と香港へ逃亡する約束を交わしていたのだ。ところが取引はダイスの政という流れ者によって邪魔され、大混乱。凄まじい拳銃戦で肩に銃弾を受けた加納は失神し、生きのびたボス青木が無理矢理あや子を連れ、香港へ発ってしまった。一年の月日が流れ、堅気になった加納は函館郊外の牧場で働いていた。一年前に助けてくれた牧場経営者・小川老人と天真爛漫な姪・千代と暮らしていると、過去の出来事がすべて夢のように思えてならなかった。千代の兄・浩一は道楽者で、ある日、藤崎組のイカサマ賭博で大きな借金を作ってしまった。小川老人の苦しみを察し、たまりかねて藤崎組へ乗り込んだ加納は、そこでダイスの政の姿を発見すると怒りがこみあげた。政との一回勝負に勝利し、浩一は無事小川牧場へ帰ってきた。二度とダイスは振るまいと誓っていた加納が、自分の醜い過去を千代に見せたくやしさで一人もの想いにふけっていたころ、青木組再建を企てる青木があや子を連れて香港から帰国し、藤崎組との麻薬取引のため函館空港へおりたった。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1966
公開年月日:1966/7/9
上映時間ほか:カラー/91分/シネマスコープ・サイズ/9巻/2486m
© 日活

ロケ地

【北海道】当別町/函館市(函館、函館空港、函館港、函館山)
【神奈川県】横浜市(港の見える丘公園)

ピックアップサイト Pickup site