マカオの竜
(まかおのりゅう)
“東洋の秘宝”をめぐる、小林旭演じる“マカオの竜”と、宍戸錠演じる“東京湾の海賊”との死闘を描くダイナミックアクション大作。
監督
江崎実生
キャスト
マカオの竜=小林旭 香蘭=松原智恵子 リエ=弓恵子 奈美=十朱幸代 矢代=小高雄二 北川刑事=木浦佑三 ハツ=武智豊子 曾根部長刑事=長尾敏之助 畑=郷鍈治 清水=柳瀬志郎 順=玉村駿太郎 岸=瀬山孝司 秀=柴田新三 河辺=衣笠真寿男 依田刑事=長弘 タミ=中平哲仟 ケン=根本義幸 みどり=西原泰江 中国語指導=除南郷 振付=漆沢政子 技斗=高瀬将敏 塚田=佐野浅夫 張=谷村昌彦 会津=宍戸錠
脚本
山崎巌 江崎実生
音楽
音楽/伊部晴美 主題歌=クラウンレコード「赤い流れ星」作詩 星野哲郎 作曲 北原じゅん 歌 小林旭
その他スタッフ
原作/戸川幸夫(「ヨコハマ」より) 撮影/横山実 照明/三尾三郎 録音/古山恒夫 美術/中村公彦 編集/鈴木晄 助監督/遠藤三郎 製作主任/野村耕祐 スチール/荻野昇
暗黒の海に、さまざまな犯罪を秘めた国際港・横浜に、スーツケースを持った一人の男がおりたった。香港の宝石会社から依頼され、盗まれた数億円のダイヤの行方を追って日本へやってきた、通称“マカオの竜”だ。この頃、東京湾では会津を頭にする海賊が出没し、大混乱に陥っていた。竜が捜し求めているヒンズー教の名宝“ヒマラヤの星”は最初、密輸グループ塚田一派によって日本へ運びこまれたが、湾内で会津一味に襲撃され、今では会津の手中にあった。そんなこととは知らぬ竜は、クラブ「シーホーク」支配人の塚田と、ダイヤを六千万で買いとる約束を交わした。その帰り路、竜はチンピラに襲われそうになったバレエ教室の教師・奈美を救った。美しさの中に影を持つ不思議な彼女は、二年前に死んだ塚田船舶の船長の娘で、今は会津にだまされて女スパイを強いられていたのだ。 奈美に案内されたホテルの部屋には盗聴マイクが仕掛けられ、竜の会話は会津に筒抜けになった。が、竜はそんなことは百も承知。会津一味も、塚田一派も、竜の三十万ドル入りのスーツケースを狙っているに違いなかった。翌日、会津が山下公園で竜を襲うも失敗。一方、塚田は情婦リエを利用して竜を騙し、スーツケースを奪ったが、彼女は会津一味にそれを手渡した。リエは塚田一派に見せかけ、実は会津の妹でありスパイだったのだ…。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1965
公開年月日:1965/12/15
上映時間ほか:モノクロ/84分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2296m
© 日活

ピックアップサイト Pickup site