黒い海峡
(くろいかいきょう)
恩義からヤクザの道に入った男が、信じていたボスの裏切りに怒りを爆発させる。後に『夜霧よ今夜も有難う』などの名作を生み出すことになる、江崎実生監督と石原裕次郎の初コンビによるムードアクション。
監督
江崎実生
キャスト
槇明夫=石原裕次郎/則子=十朱幸代 香山知佐子=吉行和子 香山=藤竜也(新人) 尾崎=小高雄二/相田=深江章喜 佐東=杉江弘 宮井=中台祥浩 山下=木浦佑三 加原武門 桑野=木島一郎 時田=郷鍈治/若い娘B=進千賀子 敏子=磯部玉枝 片桐恒男 宮原徳平 伊丹慶治 アパートの管理人=峰三平 バーテン=柳瀬志郎/榎木兵衛 船場の配下=黒田剛 男性デザイナー=野村隆 ナイトクラブ支配人=島村謙二 瀬山孝司 高校の教師=小柴隆 神戸警察署係官=英原穣二/刑事B=久遠利三 大月の配下=志方稔 菊田一郎 船場の配下=本目雅昭 大月の配下=平塚仁郎 高緒弘志 刑事A=柴田新三/若い娘A=北出桂子 若い娘C=浜川智子 ハンス・ホルネス 雨宮ダンシングチーム 振付=漆沢政子 技斗=高瀬将敏/大貫哲次=中谷一郎 竜作=佐野浅夫 船場=山形勲 大月=垂水悟郎 藤野=大坂志郎 
脚本
甲斐久尊 山崎巌
音楽
音楽/伊部晴美 主題歌=テイチクレコード「黒い海峡」作詩 萩原四朗 作曲 野崎真一 歌 石原裕次郎 挿入歌=「仔猫のミミを捨てないで」作詩 滝田順 作曲 伊部晴美 「ワン・レイニー・ナイト・イン・トウキョウ」作詩・作曲 鈴木道明 歌 水島輝子
その他スタッフ
撮影/横山実 照明/藤林甲 録音/米津次男 美術/大鶴泰弘 編集/鈴木晄 助監督/曽我仁彦 製作主任/野村耕祐 スクリプター/堀北昌子 色彩計測/北泉成 東洋現像所
ハマの新興ボス・船場の命令を受けた槇は一発で相手の心臓を射抜き、自ら警察に電話した。それから3年後。刑期を終えた槇がハマへ戻ってきた。小さかった船場組も今では港湾荷役を一手に仕切る横浜一の組にのし上がっていた。出迎えた同僚の哲次は何故組へ帰ってきたのかと尋ねるが、槇にとっては大学時代の人身事故、父の自殺という相次ぐショックから救ってくれた船場の恩義を忘れることができなかったのだ。船場の娘・則子はその後、槇のことで父と喧嘩して家を飛び出し、デザイナーとして独立していた。槇がその気になればこの機会に足を洗って二人で幸せな生活を送れたはずだが、なぜだか則子に対して他人行儀だった。一本気な槇に反して、哲次は一年前に知り合った歌手の知佐子と平和な家庭を築くべく密かに計画を立てていた。そしてある日、船場の命令で幹部の山下とペイの取引に出た哲次は、身内の山下にも傷を負わせてペイを持ち逃げし、姿をくらませてしまう。ところが、女と一緒に大阪へ飛んだらしいという情報をもとに始末をつけに行った幹部の宮井が神戸で射殺されてしまった。「あいつには殺しはできない」心でそう叫びながら槇は神戸に行き、哲次と知佐子の足取りを追うが…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1964
公開年月日:1964/12/31
上映時間ほか:カラー/92分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2512m
© 日活

ロケ地

【東京都】府中市(府中刑務所) 
【神奈川県】横浜市(伊勢佐木町、中華街、赤灯台)
【兵庫県】神戸市(阪急三宮駅、神戸水上警察所、水上バス、新開地公園)

ピックアップサイト Pickup site