風と樹と空と
(かぜときとそらと)
東京の一家庭に住み込んで働く、吉永小百合演じるお手伝いさんが、あけっぴろげな性格と言動で様々な波紋を捲き起こしてゆく魅力いっぱいの青春超大作。
監督
松尾昭典
キャスト
沢田多喜子=吉永小百合 手塚新二郎=浜田光夫/安川三郎=川地民夫 手塚トミ子=田代みどり 浅井秀子=十朱幸代 斎藤千絵=山本陽子(新人) 高柳武雄=和田浩治/安川(三郎の父)=永井智雄 安川家のばあや=高橋とよ 安井弓子=加藤治子 沢田たま子=菅井きん 沢田敬一=中村是好/安井澄子=槇杏子 会田かね子=安田道代 小石信子=平山こはる 慎太=高島稔 桝谷一政 六さん=荒木一郎 老人=河上信夫/若い男=野呂圭介 西村運転手=紀原土耕 椎名伸枝 有田双美子 信子の叔母=高田栄子 高山千草 中年の女=福田トヨ/上野駅の駅員=近江大介 オート三輪の運転手=水木京二 A鉄工の男=久遠利三 レストランのボーイ=野村隆 伊豆見雄 山口吉弘 酔漢=二木草之助/藤沢健男 守屋徹 志方稔 ローカル線の駅員=桂小かん 若い女=茂手木かすみ ヴィナス美容院の女=北出桂子 方言指導=久遠利三
脚本
三木克巳
音楽
音楽/池田正義 主題歌=ビクターレコード「風と樹と空と」作詞 佐伯孝夫 作曲 吉田正 歌 吉永小百合
その他スタッフ
原作/石坂洋次郎(講談社版) 撮影/萩原泉 照明/大西美津男 録音/片桐登司美 美術/千葉和彦 編集/井上親彌 助監督/千野皓司 製作主任/栗橋正利 スクリプター/津田ノリ子 絵/谷内六郎 色彩計測/内田周作  現像/東洋現像所
沢田多喜子は集団就職の一員として、高校時代のクラスメイト手塚新二郎 高柳武雄、黒沢吉夫、小石信子、会田かね子らと上京した。鉄工場の工員、美容院の見習い、商店の店員…と、それぞれに違った未来が待ちうけるなか、多喜子は「食べることと寝ることには困らないんだから」と、安川家のお手伝いさんになった。多喜子を迎えてはじめての安川家の晩餐は、これまでになく和気あいあいとした明るい雰囲気だった。主人の儀一郎、妻の弓子、長男の三郎、長女の澄子、それにばあやといった安川家の人々は、率直でピチピチとした新入りのお手伝いさんの一言、一動に笑いどよめいた。多喜子のお手伝いさんとしての生活が始まると、近く辞めるばあやは想像以上にクルクル働く多喜子に感心。また、多喜子の出現は出入りの御用聞きたちをソワソワさせた。そんなある日、多喜子は一緒にに上京した仲間たちと日比谷公園で落ち合い、話に花を咲かせ、吉夫が借りた車でドライブを楽しんでいるとき、信子と武雄が将来を誓いあった仲であると知り、驚いた。多喜子は、武雄に好意をもっていたのだ…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1964
公開年月日:1964/7/12
上映時間ほか:カラー/86分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2347m
© 日活

ロケ地

【東京都】台東区(上野駅(18番線、中央改札口前待合広間)、上野公園、上野精養軒)/千代田区(有楽町、日比谷公園)/大田区(羽田空港)/中央区(松坂屋銀座店(店内、屋上))/新宿区(アサヒビアセンター西口店)/港区(浜離宮恩賜公園)/▲急行「北斗」 
【神奈川県】川崎市(工場街)

ピックアップサイト Pickup site