赤い殺意
(あかいさつい)
強盗に犯された人妻が、男を憎みながらもその肉体に惹かれて関係を続けていくという「にっぽん昆虫記」に次ぐ今村昌平監督の最高話題傑作。
監督
今村昌平
キャスト
吏一の妻・貞子=春川ますみ 高橋吏一=西村晃 平岡=露口茂/増田義子=楠侑子 吏一の母・忠江=赤木蘭子 本家の使用人・きぬ=北林谷栄 吏一の長兄・清一郎=北村和夫 田丸和幸=小沢昭一/貞子の伯父・宮田源次=宮口精二 吏一の父・清三=加藤嘉 新田=近藤宏 狩原久子=北原文枝 ストリップ劇場楽士・ベレー=殿山泰司/質屋の旦那=加原武門 田村英二=糸賀靖雄 渡辺主任=山之辺潤一 高屋敷町役場戸籍係=久松洪介 ストリップ劇場楽士・ギター=井東柳晴 近所の人D=重盛輝江 女将=三船好重 山間の小駅案内係=榎木兵衛 近所の人A=青木富夫/通夜の客=鈴村益代 吏一の妹・波江=橘田良江 ストリップ劇場・小使ばあさん=漆沢政子 近所の人B=高山千草 近所の人E=澄田浩介 近所の人C=土田義雄 山川朔太郎 振付=漆沢政子 方言指導=小梨勝彬、結城良熙
脚本
長谷部慶次 今村昌平
音楽
黛敏郎 
その他スタッフ
原作/藤原審爾(女性自身連載、光文社版) 撮影/姫田真佐久 照明/岩木保夫 録音/神保小四郎 美術/中村公彦 編集/丹治睦夫 助監督/遠藤三郎 製作主任/山野井政則 スクリプター/大平篤子   
古い家族制度の中でいちばん下におかれ、いつもビクビクしながら生活している貞子(春川ますみ)は、大学職員の夫が留守の夜、強盗に犯されてしまう。ショックで死のうとするが死に切れないまま、その後も強盗と関係を持ち続けてしまう貞子だったが、いつしか強くしたたかに変貌を遂げていく…女性の心奥に隠れているバイタリティーさ、生命力の噴出を描いて、今村節が冴えわたる重喜劇。
【動画配信】
>>GooglePlay
>>YouTube
>>iTunes
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1964
公開年月日:1964/6/28
上映時間ほか:モノクロ/150分/シネマスコープ・サイズ/12巻/4104m
© 日活

ロケ地

【宮城県】仙台市(仙台駅、仙台駅前のバスストップ、仙台駅の大時計、広瀬橋停留所、東北大学、民家)/松島町(松島駅)/古川市(農家)
【福島県】栗子山(福島・山形県境)
▲東北本線、▲上り急行「八甲田」

ピックアップサイト Pickup site