夕陽の丘
(ゆうひのおか)
兄貴分の服役中にその情婦と恋におちてしまったヤクザが、函館に身を隠して女を待つが…。ヒット曲にのせて綴られるムード・アクションの名作。浅丘ルリ子がひとりの男を愛してしまう姉と妹を好演している。
監督
松尾昭典
キャスト
篠原健次=石原裕次郎/長島聖子、長島易子(二役)=浅丘ルリ子/新二=和田浩治 串田=名古屋章 森川=中谷一郎 塩沢タネ=細川ちか子 吉良=井上昭文/佐野=深江章喜 黒田組の中盆=柳瀬志郎 私服の刑事=長弘 善公=野呂圭介 若原初子 洋酒喫茶のマダム=原恵子 黒田組長=天草四郎/易子の友達=槇杏子 黒田組の乾分C=沢美鶴 山口吉弘 黒田組の乾分E=倉田栄三 ボーイ=守屋徹 黒田組の乾分D=田畑善彦 黒田組の乾分B=岩手征四郎 柏木組長=久松洪介/中平哲仟 立川博 水川国也 黒田組の乾分A=永沢伸介 島本輝男 ジェン・ハワード 所作指導=笛田直一 技斗=峰三平
脚本
山崎巌 国弘威雄
音楽
音楽/池田正義 主題歌=テイチクレコード「夕陽の丘」作詩 萩原四朗 作曲 上原賢六 唄 石原裕次郎、浅丘ルリ子 挿入歌=「俺は待ってるぜ」作詩 石崎正美 作曲 上原賢六 唄 石原裕次郎
その他スタッフ
原作/菊村到(「男の歌」より) 撮影/萩原泉 照明/藤林甲 録音/片桐登司美 美術/木村威夫 編集/井上親彌 助監督/千野皓司 製作主任/松吉信幸 スクリプター/小林圭子 色彩計測/内田周作 現像/東洋現像所
函館行きの連絡船のデッキに立つ一人の男・篠原健次。彼は東京に居られなくなり、恋人・聖子の頼みで函館にやってきた。聖子は健次の兄貴分・森川の情婦だったが、いけないことと知りながら森川の服役中に二人は激しい恋に陥った。そしていよいよ森川が明日出所してくるという日、二人の情事が仲間の串田に見つかり、健次は彼を撃ってしまったのだ。必死に健次を逃がそうとした聖子は、自分も後から行くので函館の長島易子を訪ねるよう、健次に伝えた。函館に着いた健次はデパートで働く易子を見て、聖子そっくりなことに驚く。易子は聖子の妹だったのだ。易子は最初はやくざっぽい健次を嫌ったが、彼が姉にとって重要な人物であることを聖子からの電報で悟った。そして明日行くとの報せに健次は狂喜し、一日中待ち続けた。だがついに聖子は現れなかった。その頃東京では出所した森川がマンションの一室で聖子をいやらしく抱き続けていた。そのさまを電話で知った健次は、ヤケになって競馬場に足を向けるのだった。が、そこでも運に見放され、最後の一枚までスッてしまう。しかしそこに居合わせたバーテンの善公と流しの新二によってイカサマ競馬であることを知った健次は、二人を連れて黒田の賭博場に乗り込んでいく。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1964
公開年月日:1964/4/29
上映時間ほか:カラー/88分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2403m
© 日活

ロケ地

【北海道】函館市(津軽海峡、青函連絡船、函館駅、函館市内、函館港、函館空港、函館山、▲競馬場、▲夜行列車)

ピックアップサイト Pickup site