花と怒涛
(はなとどとう)
恋女房と故郷を駈け落ちして、浅草に流れてきた渡世人が悪を斬る大正期の遊侠篇。
監督
鈴木清順
キャスト
尾形菊治=小林旭 吉村健二=川地民夫 おしげ=松原智恵子 万竜=久保菜穂子 伊平=高品格 桜田巌=深江章喜 桑島辰次郎=嵯峨善兵 ボロ市=野呂圭介 ゴロ助=江角英明 谷岡幸三=玉川伊佐男 井沢丑之輔=宮部昭夫 ベロ武=柳瀬志郎 唐木三平=玉村駿太郎 八千代=三崎千恵子 浅井=河野弘 堀田金蔵=長弘 笹田親分=雪丘恵介 杉平=村田寿男 久松洪介 水木京二 近江大介 荒井岩衛 瀬山孝司 柴田新三 三杉健 緑川宏 人夫A=小林亘 人夫C=山口吉弘 沢美鶴 志方稔 小頭A=高橋明 倉田栄三 田畑善彦 加村裕之 岩手征四郎 人夫B=戸波志朗/鈴木俊子 横田陽子 清水千代子 芸者・小春=茂手木かすみ 芸者・芳子=山本陽子 工藤富子 中平哲弥 立川博 式田賢一 高緒弘志/藤井昭雄 永沢伸介 会田為久 根本義幸 振付=漆沢政子 刺青=大中豊 遊侠所作指導=笛田直一 技斗=高瀬将敏/重山音蔵=滝沢修 村田宇三郎=山内明 
脚本
舟橋和郎 阿部桂一 木村威夫
音楽
音楽/奥村一 主題歌=コロムビアレコード「花と怒涛」作詩 杉野まもる 作曲 古賀政男 歌 小林旭 「男一筋」作詩 滝田順 作曲 古賀政男 歌 小林旭
その他スタッフ
原作/青山光二 撮影/永塚一栄 照明/大西美津男 録音/中村敏夫 美術/木村威夫 編集/鈴木晄 助監督/葛生雅美 製作主任/松吉信幸 スチール/目黒祐司 色彩計測/上田宗男 東洋現像所
頃は大正半ばの浅草、殺し屋・吉村が狙っているのは、角刈りにいきな着流しの尾形菊治。しかし二人の対決は駆けつけた巡査に阻まれた。菊治は、東京湾埋立工事を請け負う村田組の飯場で行われてた小頭の桜井らによるあくどい搾取の非を正し、土工たちの人望を得ていた。ある夜菊治は、村田組の小頭桜田と乾分に襲われた。近くの料亭からこれを見ていた馬族芸者・万竜が六連発銃を菊治に投げ、一騎打ちを挑んできた桜田を菊治が泥の中に悶絶させると、桜田は菊治の度胸のよさに惚れこんでしまった。数日後、村田組とは大東電力の工事をめぐってライバルである玉井組の賭場へのりこんだ菊治は、かつて浅草で格闘寸前となった殺し屋・吉村と再会した。そんなある日、菊治は政財界の巨頭・重山音蔵に気に入られ、組の小頭にとりたてられた。一方玉井組の組長は無法者の井沢がたち、しかも万竜に思いをよせているとあって組の間は険悪になった。悪どい手段でことごとに挑戦する井沢を、菊治は面詰した。おりしも万竜に言い寄ってはねつけられ逆上した井沢は、菊治を半殺しにしようとしたが、菊治はまたも万竜の好意ですりぬけた。やがて大東電力の工事利権は、重山の助力もあって村田組の手に入ったが、鍬入れ式当日、玉井組の一党が殴り込んできて、広大な埋立地はたちまち修羅場と化した・・・。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1964
公開年月日:1964/2/8
上映時間ほか:カラー/92分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2521m
© 日活

ピックアップサイト Pickup site