渡り鳥故郷へ帰る
(わたりどりこきょうへかえる)
高松に戻ってきた渡り鳥が新興ヤクザから組を守って去っていく。『渡り鳥』シリーズのテイストを踏襲しつつも、主人公の名前やヒロインが異なる番外編的作品。
監督
牛原陽一
キャスト
滝浩=小林旭/西田次郎=和田浩治 西田伸子=笹森礼子 松山栄一=小高雄二/マヤ=白木マリ 江崎=平田大三郎 宇多欣造=安部徹 西田源造=桂小金治/佐川=山田禅二 榎本=木浦佑三 不動丸=武藤章生 昌代=初井言栄 みどり=松尾嘉代 中島刑事=宮崎準 鉄=野呂圭介 石田=森塚敏/五味=藤岡重慶 河合健二 女給・朱実=星ナオミ 原恵子 山之辺潤一 政吉=宮原徳平 茂=亀山靖博 筧修太郎=松本染升/伊豆見雄 サブ=小林亘 戸波志朗 三宅=川村昌之 吉田=小野武雄 志方稔 久松成次郎 高山千草 三樹高雄/松吉=高緒弘志 伊藤浩 留夫=式田賢一 大和田=会田為久 アニタ・アルメダ ホセ・セヴィラ 水上早苗(コロムビア) 振付=山口滋 技斗=千代田弘/陣内一郎=葉山良二 松山美里=南田洋子 
脚本
下飯坂菊馬
音楽
音楽/大森盛太郎 主題歌=コロムビアレコード「俺もゆくから君もゆけ」元唄 宮嶋郁芳 改作 西沢爽 補作曲 狛林正一 唄 小林旭 挿入歌=「ギターを持った渡り鳥」「南の空の渡り鳥」唄 小林旭 「青いテラス」唄 水上早苗
その他スタッフ
撮影/伊佐山三郎 照明/森年男 録音/沼倉範夫 美術/木村威夫 編集/辻井正則 助監督/斎藤和三郎 製作主任/武藤良夫 スクリプター/宍倉徳子 スチール/井本俊康 色彩計測/滝田直之  東洋現像所
瀬戸内海をゆく遊覧船の甲板で羽衣港を見つめる男、滝浩。彼はこの羽衣市の筧組の幹部だったが、突然この港町から姿を消した…。それから3年。筧の娘・美里は浩への思慕を胸にこの町の青年実業家・松山と結婚した。だがこの結婚は新興ヤクザの宇多組を刺激した。落ち目の筧組に松山の財力が加わるとの理由だった。その結婚式の夜、筧の親分・修太郎を乗せた車が事故を起こし即死してしまう。筧の葬式では組の若い者は殺気立ち、とりわけチンピラの次郎は宇多組の仕業と怒った。そんな時、一通の弔電が舞い込み、浩が帰ってきた。羽衣港に着いた浩はまっすぐ筧の墓所へ向かった。そこには一人墓標にぬかづく美里の姿があった。それを宇多組の殺し屋・陣内がじっと見ていた。ガソリンスタンドを経営する源造の店で浩は次郎から筧組の跡目を継いでくれと頼まれるが、浩はヤクザは嫌だと断るのだった。一方、筧組の石田も結婚式と葬式で金を使い果たし松山家を訪ねるが、社長の松山もヤクザを認めなかった。その頃、浩は筧の死んだ事故現場を見て、事故ではない可能性に気付く。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1962
公開年月日:1962/8/12
上映時間ほか:カラー/84分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2277m
© 日活

ロケ地

【兵庫県】神戸市
【香川県】高松市(高松商工港まつり、朝日町(佐伯建設工事現場)、丸亀町、栗林公園(公園内の茶屋)、瀬戸内海上、宇高国道フェリーの船体、高松港、金刀比羅宮、屋島・展望台、玉藻城、造船所・ドック、高松警察署)

ピックアップサイト Pickup site