夢がいっぱい暴れん坊
(ゆめがいっぱいあばれんぼう)
人呼んで銀座の次郎長が、銀座の悪を倒し街の平和を取り戻すコメディ・アクション『暴れん坊』シリーズ第3弾。当時のツイスト・ブームを取り入れ、劇中で小林旭が軽快に踊り、『アキラでツイスト』などのヒット曲を歌う。
監督
松尾昭典
キャスト
清水次郎=小林旭 松田秀子=浅丘ルリ子/鉄夫=杉山俊夫 江戸川忠次=郷鍈治 一本槍鬼左衛門=小川虎之助 金作=桂小金治 飛田社長=内田良平 銭村=近藤宏 長五郎=中村是好/えり万米三=山田吾一 リラ子=小園蓉子 春子=久里千春 バンコ=井上昭文 助川=土方弘 難波田憲亮=高城淳一 江戸川万造=若宮忠三郎/チヨ=田中筆子 静江=星ナオミ 秘書道子=椎名伸枝 ヨシ=原恵子 千吉=青木富夫 大阪のヤクザA=榎木兵衛 若旦那4=野村隆 三樹高雄 野呂圭介/大阪のヤクザC=近江大介 ゼガ=矢頭健男 若旦那5=松丘清司 山口吉弘 大阪のヤクザD=伊豆見雄 若旦那2=石丘伸吾 今村弘 若旦那3=守屋徹 大阪のヤクザB=水木京二/突風クラブ乾分1=沢美鶴 突風クラブ乾分2=倉田栄三 若旦那1=中尾彬 突風クラブ乾分4=永沢伸介 突風クラブ乾分5=中平哲弥 アリ=エディー・住吉 牧村旬子(テイチク) 技斗=高瀬将敏 
脚本
松浦健郎
音楽
音楽/池田正義 主題歌=コロムビアレコード「アキラでツイスト」作詞 水島哲 作曲 狛林正一 唄 小林旭 「ペパーミント・ツイスト」訳詩 水島哲 作曲 ヘンリー・グロバー、ジョイ・ディー 編曲 池田正義 唄 小林旭 挿入歌=「ロンリー・イン・ラブ・ウィズ・ユー」作詞 滝田順 作曲 池田正義 唄 牧村旬子
その他スタッフ
原作/松浦健郎 撮影/萩原泉 照明/吉田協佐 録音/米津次男 美術/中村公彦 編集/井上親弥 助監督/千野皓司 製作主任/園山蕃里 スクリプター/服部佳子 スチール/目黒祐司 色彩計測/内田周作 東洋現像所
伊豆のとある温泉宿で銀座若旦那会の総会が急遽開かれた。「銀座の次郎長」こと清水次郎がオーナーを務めるレストランジロウのそばに高級レストランが突如出現したからだ。さらには、銀座やくざ・突風クラブの若旦那・忠次が若旦那会に入会したいと言ってきたのだ。次郎の機転でやくざの忠次の入会は却下となったが、銀座貴族の件は次郎に一任された。次郎はすぐさま、すし銀の鉄夫を連れて元総理大臣・一本槍鬼左衛門のお知恵拝借とばかりに大磯に向かう。大磯に着いた次郎は二人の若い女を暴漢から救った。春子、静江と名乗る二人は神戸のやくざのもとで働いていたが、足を洗おうと東京に脱走する途中だったのだ。これを聞いた一本槍老人は労働大臣に二人の職を頼みに国会にかけつけるが、春子と静江は恐れをなして国会から逃げ出してしまう。その後二人はやくざに目を付けられ、突風クラブの事務所に連れて行かれることに。一方、銀座貴族の支配人・難波田は次郎をコックに雇うと言い出す始末。次郎はこれに対抗するためにレストランジロウをカレーハウスに変える。するとこの計画が見事に当たり、カレーハウスは大盛況、一方の銀座貴族は閑古鳥が鳴く始末。怒った難波田は突風クラブの銭村を頼りに、ジロウとすし銀を潰す計画を練り始めるのだった。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日活
配給:日活
製作年:1962
公開年月日:1962/4/1
上映時間ほか:カラー/85分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2322m
© 日活

ロケ地

【東京都】中央区(銀座、数寄屋橋公園)
【神奈川県】大磯町(大磯駅、大磯海岸)
【静岡県】熱海市

ピックアップサイト Pickup site