上を向いて歩こう
(うえをむいてあるこう)
若い世代の喜びと悲しみ、愛と希望を坂本九のヒット曲にのせて、豪華日活純愛スタア総出演で描く最高の青春超大作。
監督
舛田利雄
キャスト
河西九=坂本九 友田良二=浜田光夫 松本健=高橋英樹 永井紀子=吉永小百合/永井徳三=芦田伸介 永井光子=渡辺トモコ 若林=平田大三郎 ジェシー・牧=梅野泰靖 久米刑事=嵯峨善兵 正一郎=清水将夫/ダニー飯田とパラダイス・キング ダニー飯田 石田智 石本=石川進 増田多夢 上野保夫 国宗ヨシカズ 佐野修/バンドマン・新田=武藤章生 歌手=上野山功一 関口=滝恵一 河上信夫 杉江弘 長谷川哲夫 黒木恵子=高田敏江/木下雅弘 木島一郎 紀原土耕 伸一=亀山靖博 黒田剛 葵真木子 衣笠力矢 柳瀬志郎/榎木兵衛 矢頭健男 小柴隆 水木京二 八代康二 吉田=小嶋忠雄 久遠利三 花井=林茂朗/須田喜久代 清水千代子 小幡真樹子 茂手木かすみ 石丘伸吾 玉井謙介 時照明 本目雅昭 石崎克巳/井田武 立川博 藤井昭雄 川倉泰彦 大川隆 劇団ひまわり 劇団若草 技斗=峰三平
脚本
山田信夫 台詞協力=永六輔
音楽
音楽/中村八大 主題歌=東芝レコード「上を向いて歩こう」作詞 永六輔 作曲 中村八大 唄 坂本九 挿入歌=東芝レコード「あの娘の名前はなんてんかな」作詞 永六輔 作曲 中村八大 唄 坂本九
その他スタッフ
撮影/山崎善弘 照明/大西美津男 録音/沼倉範夫 美術/木村威夫 編集/辻井正則 助監督/河辺和夫 製作主任/松吉信幸 台詞協力/永六輔 色彩計測/畠中照夫 東洋現像所
少年鑑別所を脱走した河西九とドラムのスティックを持った友田良二は、手をとりあって必死に逃げていた。監視員に追われた二人は、走って来るオート三輪に飛び乗った。運転していた永井は、二人のことを知りながら黙って病院へ連れていった。翌朝、病院に少年係の刑事が来ることを知り、二人は永井の娘・紀子のとめるのも聞かず泡を喰って逃げた。しかし九は足を痛めて逃げられず、二人は泣く泣く別れた。良二は、ジャズ喫茶に現われた。昔、ここのドラマー牧に教わったことがある彼は、ドラマーになりたかった。しかし牧は、ヒロポン中毒になっていた。一文無しの良二が放り出されようとしたとき、三輪車にぶつかった傷で永井をゆすろうといい出した男がいた。この喫茶店の用心棒で、兄貴株の健だ。永井は、 鑑別所を出た少年たちを自分の家へ引き取って運送店をやらせ、立派に更生させていた。健もかつてここにいたのだ。その永井の家に九は引き取られ、更生の一歩を踏み出していた。彼は元気に働き、紀子の妹で小児マヒの光子とも仲良くなった。九の顔に明るい光があふれてきた。良二も、やっとバンドボーイになることができた。人が帰ったあとの舞台でドラムを叩く良二の顔に、生きる喜びが満ちていた。妾の子として生まれた兄貴株の健は、父に愛を受け入れられず家を飛び出したが、立派な人間になろうと密かに大学入試の勉強を続けていた。健、九、良二、愛に飢え孤独な彼らも、幸せを求めて必死に生きていたが…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1962
公開年月日:1962/3/4
上映時間ほか:カラー/92分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2503m
© 1962 日活株式会社

ロケ地

【東京都】中央区(勝鬨橋、晴海埠頭)/文京区(東京大学校庭)/台東区(上野駅)

ピックアップサイト Pickup site