無鉄砲大将
(むてっぽうたいしょう)
和田浩治扮する正義に燃える学生が、霧笛のの空手で街の愚連隊をなぎ倒す娯楽アクション巨篇。
監督
鈴木清順
キャスト
海津英次=和田浩治 堀本京子=清水まゆみ 津山=菅井一郎 森野=佐川ミツオ(ビクター) 平助=小沢昭一 新界=富田仲次郎 秋江=山岡久乃 堀本=松下達夫 絹子=初井言栄 スケート場の親爺=高品格 ゲン=野呂圭介 坂崎=江幡高志 新界組の乾分1=萩志郎 警察署主任=長弘 山之辺潤一 バタ屋1=澄川透 雄作=木下雅弘 弘子=葵真木子 春男=糸賀靖雄 白井鋭 警察署刑事1=河瀬正敏 新界組の乾分4=里実 新界組の乾分2=山口吉弘 新界組の乾分3=高橋明 バタ屋2=榎木兵衛 久木登紀子 福田文子 トキ子=横田陽子 花柳礼奈 洋子=福原恵美子 愚連隊1=大須賀更生 新界組の乾分5=高緒弘志 愚連隊2=沢美鶴 空手部員3=谷田部靖 アベックの男=藤野宏 空手部員1=岩手征四郎 空手部員4=倉田栄三 空手部員5=藤井昭雄 空手部員2=南城郷 浜田義則 クリスタル・シスターズ(テイチク) 技斗=高瀬将敏 津山雪代=芦川いづみ 五郎=葉山良二 
脚本
松浦健郎 中西隆三(一條明作「東京白柄組」より)
音楽
音楽/鏑木創 主題歌/コロムビアレコード「純情愚連隊」改作詩 水島哲 作曲 浜口庫之助 唄 和田浩治 挿入歌/ビクターレコード「可愛いあの娘は拾と六」作詩 東島竜次 作曲 植田嘉明 「ゴンドラの唄」作詩 吉井勇 作曲 中山晋平 唄 佐川ミツオ
その他スタッフ
撮影/永塚一栄 照明/森年男 録音/古山恒夫 美術/松井敏行 編集/鈴木晄 助監督/武田一成 製作主任/山下昭 色彩計測/上田利男 現像/東洋現像所
緑丘高校の空手部員・海津英次は正義感に燃える好青年で、我が物顔で街をのし歩く愚連隊に対抗するため、友人の杉戸春男と彼の家で働く雄作を誘い“白柄組”というグルーブをつくってパトロールしていた。これを快く思わない新界興業は、乾分のトメやゲンに嫌がらせさせたが、才智にたけた英次に逆に痛めつけられていた。英次たちの溜り場、音楽喫茶ボンヌのウェイトレス雪代は、英次たちの憧れの的だった。とくに英次は、雪代のためならなんでもやるぞと心に誓っていた。そんな英次を雪代も可愛がり、面倒を見ていた。雪代には、新界興業の兄貴株である五郎という恋人がいた。五郎は、やくざの世界に嫌気がさし、雪代のためにも足を洗おうと努力しているのだが、五郎を孤児のときから引きとって育てあげた新界興業のポス新界が、それを許そうとしなかった。英次は、母の秋江が新界の世話で、バー「ベニ」を経営していることに納得がいかなかった。一方新界は、雪代が五郎の恋人であるのを知りながら、色あせた秋江の後釜にと雪代を狙っていた。そのころ、当の雪代は父の酔いどれに手を焼いていた。元は有名な外科医だったが、母を亡くしてからは酒だけを生き甲斐にしているような呑ん平ぶりだった。数日後、新界は秋江に別れを宣告すると、雪代を奪うため殺し屋の坂崎に「五郎を消してしまえ」と命令し、その足で雪代のいるボンヌに向かった…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1961
公開年月日:1961/4/16
上映時間ほか:カラー/82分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2231m
© 日活

ロケ地

【東京都】豊島区(池袋)/練馬区(豊島園ローラースケート場)
※作品のタイトルは「少年白柄組」「東京白柄組」「花の都の暴れん坊」の案を経て『無鉄砲大将』となった。

ピックアップサイト Pickup site