でかんしょ風来坊
(でかんしょふうらいぼう)
銀座の土地を買い占めようとしている婆さんが、実は元総理大臣の初恋の人だった?!小林旭が銀座の名コックにして喧嘩にも強い、人呼んで「銀座の次郎長」に扮した『暴れん坊』シリーズ第2弾。
監督
斎藤武市
キャスト
清水次郎=小林旭 松田秀子=浅丘ルリ子/春子=中原早苗 リラ子=宮城千賀子 おタマ=北林谷栄 山形虎三=藤村有弘 金井編集長=金子信雄/一本槍鬼左衛門=殿山泰司 千吉=近藤宏 秘書・道子=小園蓉子 出羽亀三=土方弘 次郎の父・長五郎=森川信/白坂総長=松本染升 次郎の母・チヨ=田中筆子 夏子=千代侑子 吊るし上げられる若い男=待田京介 巡査・民尾守(大正時代)=加原武門 大銀座土地開発・調査員=弘松三郎 カフェライオン支配人(大正時代)=山田禅二/岩田金助=河上信夫 黒岩会長=小泉郁之助 秀子の母・ツル=原恵子 秋子=清水千代子 冬子=金井克予 青木富夫 警察署主任=河合健二 秋田鹿三=雪丘恵介/編集員A=花村典克 温泉町の医者=阪井幸一朗 一本槍の運転手=光沢でんすけ Aホテル・案内係=島村謙二 榎木兵衛 瀬山孝司 東京中央銀行係長=三笠謙 Aホテル・司厨長=衣笠力矢/横田陽子 オッパイ小僧=花柳礼奈 警察署看守係=大須賀更生 沢美鶴 オート三輪の運転手=大庭喜儀 倉田栄三 岡村佶 技斗=高瀬将敏
脚本
松浦健郎 今村文人
音楽
音楽/小杉太一郎 主題歌=コロムビアレコード「東京の暴れん坊」作詩=丹野雄二 作曲=小杉太一郎 唄=小林旭 「でかんしょ風来坊」(平凡募集当選歌)作詩=西沢爽 作曲=遠藤実 編曲=狛林正一 唄=小林旭 「チョンコ節」作詩=西沢爽 作曲=遠藤実 編曲=狛林正一 唄=小林旭
その他スタッフ
原作/松浦健郎 撮影/高村倉太郎 照明/大西美津男 録音/米津次男 美術/坂口武玄 編集/近藤光雄 助監督/神代辰巳 製作主任/林本博佳 スクリプター/白鳥あかね スチール/斎藤耕一 色彩計測/幸田守雄 現像/東洋現像所
銀座のど真ん中で、ズベ公のピンク・アパッチ団・春子、夏子、秋子、冬子たちはにやけた男を婦女誘拐で吊るし上げていた。だが婦女誘拐といっても、その婦人は黒猫を抱えた60才の老婆おタマだった。週刊誌に写真を売り込み中の松の湯の娘・秀子は、いいネタだとばかりにシャッターを切っていたが、そこに元総理大臣・一本槍鬼左衛門を乗せた高級車が突っ込んだからさあ大変。秀子はレストランを経営する銀座の次郎長こと清水次郎のところへご注進に上がった。その後、秀子は撮った写真を「週刊あなた自身」へ持って行くが、金井編集長は取り合ってくれず、代わりに銀座の一角を全て買い占めようとしている黒幕の話をするのだった。次郎と秀子は一緒に湘南の一本槍邸を訪ねた。秀子がおタマ婆さんの写真を見せると一本槍はうろたえ、この写真は俺との恋に破れて不幸になった初恋の人に違いないと告げ、次郎にこっそり探し出すように頼むのだった。それから数日後、ひょんなことから次郎と秀子はタマ子の素性を知る。実はタマ子は40年前一本槍青年と結婚寸前まで話が進みながら不良少女だったことがバレ、その時に今に金持ちになって銀座を買い占め、皆を見下してやろうと思い、ブラジルに渡って大金を作り、40年後の今、銀座を買い占めているというのだった…。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活 
配給:日活
製作年:1961
公開年月日:1961/3/19
上映時間ほか:カラー/88分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2247m
© 日活

ロケ地

【東京都】中央区(銀座のスカイライン、銀座中心街、銀座の川っぷち、橋のたもと、銀座のハイウェイ)/千代田区(千鳥ヶ渕公園、数寄屋橋公園)港区(赤坂のお風呂屋)/▲(妙案寺・本堂、妙案寺・墓地)

ピックアップサイト Pickup site