大暴れ風来坊
(おおあばれふうらいぼう)
四国・松山に流れてきた風来坊・野村浩次が坊主の殺し屋・十字架の政と対決する。小林旭の歌、宍戸錠との軽快な掛け合いなど見どころ満載の『流れ者』シリーズ第4弾。
監督
山崎徳次郎
キャスト
野村浩次=小林旭 十字架の政=宍戸錠 瀬川玲子=浅丘ルリ子/大田黒=藤村有弘 蘭子=南風洋子 ローズ奈美=白木マリ 榊原=高品格 瀬川芳造=北沢彪/由公=弘松三郎 忠夫=市村博 製油所所長=雪丘恵介 榊原の乾分1=玉村駿太郎 辰=河野弘 艶歌師=冬木京二/刑事2=花村典克 山本課長=久松晃 瀬川の使用人1=英原穣二 ロク=小林亘 瀬川の使用人2=緑川宏 長田=阪井幸一郎 刑事1=木島一郎/柳寿子 榊原の乾分4=高橋明 瀬川の使用人3=松丘清司 小柴隆 瀬川の使用人4=大路達三 榊原の乾分2=立川博 石丘伸吾 榊原の乾分3=荒井岩衛/木城ゆかり エミー・瀬尾 秋山のり代 絵島五十鈴 月笛てる恵 水上早苗(コロムビア) 振付=竹部玲子 技斗=高瀬将敏
脚本
構成=山崎巌 脚本=中久保信成 市川佐登志
音楽
音楽/大森盛太郎 主題歌=コロムビアレコード「アキラの炭坑節」「ズンドコ節」作詩 西沢爽 補作曲 遠藤実 編曲 狛林正一 唄 小林旭 「さすらいの歌」作詩 西沢爽 補作曲 狛林正一 唄 小林旭 「チェリーブランデー」作詩作曲 遠藤実 編曲 小林郁夫 唄 水上早苗 「ネェもう一杯」作詩 西銀八 作曲 村沢良介 唄 ふりそでシスターズ
その他スタッフ
原作/原健三郎 撮影/伊佐山三郎 照明/高橋勇 録音/沼倉範夫 美術/坂口武玄 編集/鈴木晄 助監督/鍛冶昇 製作主任/林本博佳 スチール/坂東正男 特殊技術/天羽四郎 色彩計測/滝田巌 東洋現像所
四国・松山の瀬川運送は県から払い下げられる土地の入札資金六千万円を調達するのに躍起になっていた。社長の瀬川は情婦・蘭子のキャバレー・銀馬車へ丸善石油の山本課長を招待し、三千万円の目途をつけた。残りの三千万は、大阪から松山に来た関西の実力者・大田黒に頼むため、娘・玲子を差し向けた。この大田黒と同じ汽船に乗って松山にやって来たのは、流れ者・野村浩次と、銀馬車の踊り子・奈美に惚れている十字架の政という坊主の殺し屋だ。瀬川が信用しきっている大田黒は、実は桜観光の社長・榊原を使って、瀬川の土地を乗っ取り東洋のモナコにしようと企んでいた。翌日、丸善石油の山本が瀬川に資金貸付中止を伝えてきた。榊原の嫌がらせによるものだった。さらには石油運送中の瀬川運送の運転手・忠夫も榊原に痛めつけられ、玲子も危うく襲われそうになる。だが榊原と大田黒の関係を知らぬ瀬川は、ますます大田黒を頼っていくのだった。一方、大田黒の裏面工作は鋭く、榊原への要求も厳しくなった。瀬川への嫌がらせを強化するため、榊原は十字架の政を用心棒に抱き込み、宇和島に石油を運ぶ瀬川運送のトラックを時限爆弾で爆破しようと計画を立てる。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/11/16
上映時間ほか:カラー/79分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2166m
© 日活

ロケ地

【愛媛県】松山市(太山寺、高浜港、経ヶ森、道後温泉、松山競輪場、松山ゴルフリンク、道後公園、松山城跡、丸善石油精油工場、三津浜のドック、興居島(こごしま)、宝荘ホテル、定刻人造絹糸・松山工場、松山駅)/久万高原町(面河渓(おもごけい))

ピックアップサイト Pickup site