大草原の渡り鳥
(だいそうげんのわたりどり)
北海道に流れてきた渡り鳥・滝伸次が、観光地の利権を狙う悪玉からアイヌ部落を守る。小林旭の『渡り鳥』シリーズ第5弾でシリーズ中、最高傑作との呼び声高い作品。後にフォーリーブスのメンバーとして活躍する江木俊夫が子役で出演している。
監督
斎藤武市
キャスト
滝伸次=小林旭 清里順子=浅丘ルリ子 ハートの政=宍戸錠/セトナ=白木マリ 清里茂=木浦佑三 ラッコの鉄=垂水悟郎 信夫=江木俊夫 清里大造=佐々木孝丸/倉井=弘松三郎 ニセコ=木下雅弘 サブ=黒田剛 アイヌの老人=河上信夫 高堂の乾分2=青木富夫 矢頭健助 雪丘恵介 アイヌの老婆=相馬幸子/アイヌの若者=野呂圭介 清里の使用人2=島村謙二 高堂の乾分1=渡井嘉久雄 ヤス=瀬山孝司 高堂の乾分3=沢美鶴 川村昌之 清里の使用人=光沢でんすけ 清里の使用人3=紀原耕/アイヌの娘=千代侑子 道子=五十嵐久子 田村茂子 清水千代子 林浩子 高山千草 岡村佶 糸賀靖雄 伊藤久男(コロムビア) 松岡ユキ(コロムビア) 三保万里子 中村友武 江川明 技斗=高瀬将敏/和枝=南田洋子 高堂=金子信雄
脚本
山崎巌
音楽
音楽/小杉太一郎 主題歌=コロムビアレコード「ギターを持った渡り鳥」作詞=西沢爽 作曲=狛林正一 「アキラのソーラン節」作詞=西沢爽 作曲=遠藤実 編曲=山路進一 唄=小林旭 「イヨマンテの夜」作詞=菊田一夫 作曲=古関裕而 唄=伊藤久男 「メチナワチカの歌」作詞=遠藤実 作曲=遠藤実 編曲=高見弘 唄=松岡ユキ (クレジットなし「ピリカ・ピリカ」唄 小林旭)
その他スタッフ
原作/原健三郎 撮影/高村倉太郎 照明/大西美津男 録音/古山恒夫 美術/坂口武玄 編集/近藤光雄 助監督/神代辰巳 製作主任/松吉信幸 スクリプター/白鳥あかね スチール/石川久宜 色彩計測/幸田守雄 東洋現像所
前作『赤い夕陽の渡り鳥』で裏磐梯を後にした滝伸次と信夫少年は、信夫の母・和枝を訪ねに北海道・釧路にやって来た。和枝がマダムをしているキャバレー、ブラック・ベアに行くと、和枝はボス高堂と出張中のため留守で、アイヌのセトナが高堂の乾分ロクやサブの嫌がらせにあっていた。伸次が助けようとしたその時、網走帰りのハートの政と名乗る殺し屋風の男がセトナをかばった。翌日、この政を乗せた高堂のセスナ機が原生林の上を何度となく旋回した。高堂は東京から観光客を呼び寄せるためにアイヌ部落を潰して、この地に飛行場を作ろうと企んでいたのだった。高堂のアイヌ部落襲撃は日増しに烈しくなり、伸次も民芸研究家の順子とともに、アイヌ部落を守るために近づいていった。一方、伸次は和枝にも会った。しかし伸次の予想どおり、高堂の情婦として和枝の心はゆがめられていた。2、3日してアイヌ部落が世話になる清里硫黄精錬所に政がやって来た。高堂が清里に貸した二千万円の取り立てに来たのだった。そんな時、信夫が行方をくらました。見つけ出された信夫は「親切なおばさんがいた」と和枝を母とは知らぬひと時を過ごしてきたのだった。一方、清里の借金返済の目途は立たず、とうとう順子が店を売ると言い出した。ついに伸次は信夫の養育費として預かってきた二百万円を清里に差し出した。清里の息子・茂はこの金を持ってブラック・ベアに乗り込み、政の巧みな誘いに乗ってカード賭博に手を出してしまう。みるみるうちに茂の二百万は政の手元に集められていった。そこへ伸次がやってきて、政を相手に一回二百万の勝負に出る…。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/10/12
上映時間ほか:カラー/84分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2277m
© 日活

ロケ地

【北海道】川上郡(阿寒連峰、西別岳尾根道、摩周湖、硫黄山、美幌峠)/釧路市(釧路原野、釧路、阿寒湖、阿寒国立公園)/網走市(原生花園、女満別飛行場)/帯広市(帯広駅)/網走市または小清水町(濤沸湖)

ピックアップサイト Pickup site