南海の狼火
(なんかいののろし)
真珠養殖に絡む悪事を追って四国宇和島でマイトガイ・アキラが大活躍する、お馴染み流れ者シリーズ第三弾の活劇巨篇。
監督
山崎徳次郎
キャスト
野村浩次=小林旭 須賀清子=浅丘ルリ子/坊主の政=宍戸錠 ジェニイ・ハルミ=白木マリ 辻井=岡田真澄 黒田=金子信雄/須賀力蔵=菅井一郎 田代千津=堀恭子 秋枝=楠侑子 日下部=内田良平/立川=弘松三郎 須賀周一=中田博久 森山忠夫=木下雅弘 ミネ=河野弘 吉田=宮崎準/テツ=八代康二 須賀の雇人2=水木京二 久遠利三 黒田の乾分4=荒井岩衛 白井鋭 二木草之助/大森安行 黒田の乾分2=小林亘 黒田の乾分5=高橋明 大須賀更生 黒田の乾分=渡井嘉久雄 須賀の雇人1=里実/洋子=須田喜久代 トシ江=久木登紀子 イト=山崎育子 斉藤久美子 黒田の乾分3=立川博 大山=大治誠/大庭喜儀 三宅洋 須賀の雇人3=寺尾克彦 水上早苗(コロムビア) 振付=竹部薫 技斗=高瀬将敏
脚本
山崎巌
音楽
音楽/大森盛太郎 主題歌=コロムビア・レコード「さすらい」採譜 植内要 作詞 西沢爽 補作曲・編曲 狛林正一 唄 小林旭 挿入歌=「アキラのホイホイ節」作詞 西沢爽 補作曲 狛林正一 唄 小林旭 「アキラのツーレロ節」作詞 西沢爽 補作曲 遠藤実 編曲 狛林正一 唄 小林旭 「チェリーブランデー」作詞作曲 遠藤実 編曲 小林郁夫 唄 水上早苗 「宇和島音頭」作詞 国村三郎 作曲 杵屋勝世 唄 小林旭
その他スタッフ
原作/原健三郎 撮影/高村倉太郎 照明/大西美津男 録音/米津次男 美術/横尾嘉良 編集/鈴木晄 助監督/武田一成 製作主任/林本博佳 スチール/石川久宜 色彩計測/幸田守雄 東洋現像所
真珠の養殖で有名な四国・宇和島は、夏祭りの行事のひとつ闘牛試合の準備で賑わっていた。なかでも新興勢力である宇高真珠への借財がかさみ、乗っ取られる寸前の須賀真珠は、会社の運命を猛牛荒岩の優勝に賭けていた。そんな港町にギターひとつ抱えて流れついた野村浩次は、猛牛の荒岩を狙う宇高真珠の連中を殴り倒し、須賀真珠の忠夫を助けると、宇高真珠への借財の原因や、須賀真珠の後継り息子・周一がキャバレー“パラダイス”の踊り子ハルミに熱を入れすぎて不慮の死をとげたことなど宇高の連中の横暴さを聞いた。しかしこれは“パラダイス”の支配人・辻井の悪計だった。その後“パラダイス”のフロアでは、浩次と同じくこの港町についたばかりの政が、乱闘をおこしていた。そんなある日、周一が生きていることがわかり、周一の妹・清子が働く洋裁店は大変な騒ぎとなった。実は辻井のボス黒田は、清子を狙っていたのだ。これを知った浩次は、周の謎と黒田一味の横暴を探ろうと“パラダイス”に入りびたった-。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/9/3
上映時間ほか:カラー/81分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2210m
© 1960 日活株式会社

ロケ地

【愛媛県】宇和島市(和霊神社境内、鶴島城(=宇和島城)、天満・真珠養殖場、滑床(なめとこ)渓谷、闘牛場、ダム、浜)

ピックアップサイト Pickup site